2018年05月24日

よしえ虫(むし)の 仲間(なかま)

先日(せんじつ) タラの 切り身(きりみ)の パックを 開(あ)けたら、アニサキスが 死(し)んでいた。
タラは 冷凍(れいとう)されたものを 解凍(かいとう)した ものだった。
だから、アニサキスは 死(し)んでいた のだろう。
魚(さかな)の 体液(たいえき)に ピロンと 力(ちから)なく 浮(う)かんでいる 15oほどの 白(しろ)い 寄生虫(きせいちゅう)。
もし、知識(ちしき)が なければ 糸(いと)くずだと 思(おも)ってしまうだろう。
それでも、かつては 命(いのち)があった。
そして 生(い)きたまま 人体(じんたい)に 入(はい)れば、重篤(じゅうとく)な 症状(しょうじょう)を もたらす。
この 小(ちい)さな 糸(いと)くずのような 寄生虫(きせいちゅう)が、それほどの 脅威(きょうい)だとは 見た目(みため)では わからない。
最近(さいきん)は スーパー店頭(てんとう)でも、注意(ちゅうい)を 呼び掛(よび か)ける 掲示(けいじ)がある。

アニサキスの 影響(えいきょう)なのか わからないが、夕方(ゆうがた) 早い時間(はやい じかん)から 魚(さかな)が 割引(わりびき)してある ことが おおい。
おかげで 安(やす)く 大量(たいりょう)に お造(つく)りを 食べることが できる。
高級魚(こうきゅうぎょ)であっても、半額(はんがく)に なっていれば、手が届(てが とど)く。
よしえ虫(むし)は、切身(きりみ)の 盛り合(もり あ)わせは あまり 好(す)きではない。
ツマや プラスチックの バランも 入(はい)ってるし、割高感(わりだか かん)がある。
柵(さく)を 購入(こうにゅう)して 自分(じぶん)で 切(き)る のである。

これは ヒラマサの お造(つく)り。
DSC_0244.JPG
料理屋(りょうりや)で 食(た)べたら、何千円(なんぜんえん)になる だろうか?
しかし、これも 250円程度(えん ていど)だ。

豪勢(ごうせい)な 盛り合(もり あ)わせだ。
DSC_0248.JPG
しかし、これも500円足(えん た)らず であった。

これ以外(いがい)にも、ヒラメや タイなどの おなじみ高級魚(こうきゅうぎょ)も 同様(どうよう)である。
店頭(てんとう)では 珍(めずら)しい、イサキも 食(た)べた。
これは 魚好(さかな ず)きには うれしい ことだ。

そして、よしえ虫(むし)は なじみの ない魚(さかな)を 買(か)うと、食(た)べる前(まえ)に 図鑑(ずかん)で 調(しら)べるように している。
イサキを 調(いさき)べたら、
『スズキ科(か)、日本(にほん)の 近海(きんかい)に 分布(ぶんぷ)。おいしい。』
と、書(か)いてあった。
なるほど、確(たし)かに 白身(しろみ)で たんぱくながら、しっかりと うまみがあって 美味(びみ)であった。
また、イサキは 姿(すがた)も 美(うつく)しかった。
黒(くろ)ずんだ 鱗(うろこ)で おおわれ、背(せ)びれの 先(さき)が 鋭(するど)く とがっている。
絵(え)に かいたような、魚(さかな)らしい 魚(さかな)だ。
図鑑(ずかん)を みると、もっと 魚(さかな)が 好(す)きになる。
遺影(いえい)に 手を合(てを あ)わせているような 気分(きぶん)である。
命(いのち)を いただく前(まえ)に、感謝(かんしゃ)する。
そして 隣人(りんじん)の ごとき 愛情(あいじょう)が 湧(わ)く のである。

今日(きょう)は タラの 切り身(きり み)に 生(い)きた アニサキスが いた。
DSC_0250.JPG
主(あるじ)を 失(うしな)って、恥(は)ずかしげに 身(み)もだえている。
この子(こ)が 生(い)きている ということは、この タラは 冷凍(れいとう)されていない ということだ。
生(なま)の 魚(さかな)を 味(あじ)わえる というわけだ。
いちばん おいしく 食(しょく)すのは、命(いのち)を いただく者(もの)の 果(は)たすべき 役割(やくわり)のようにも 思(おも)う。 
posted by よしえ虫 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年04月02日

晩春(ばんしゅん)

今年(ことし)の 桜(さくら)は 気合(きあい)が 入(はい)っている。
朝起(あさ お)きたら、景色(けしき)が 変(か)わっていた。
IMG_6698.JPG
何(なん)の 準備(じゅんび)もない まま、晩春(ばんしゅん)に 移(うつ)ろって しまったようだ。

IMG_6706.JPG
多忙極(たぼう きわ)める 日々(ひび)に、一瞬(いっしゅん)の ハレの日(ひ)を もたらした。
うっとおしい ような、浮き立(うき た)つような、複雑(ふくざつ)な 気分(きぶん)だ。
早(はや)く 終(お)われと 思(おも)いつつ、色(いろ)あせてゆくのが 惜(お)しい 気(き)もする。

よしえ虫(むし)は ハレの日(ひ)が 嫌(きら)いだ。
日々淡々(ひび たんたん)と 過(す)ごすのが いい。
何事(なにごと)もなく 平穏(へいおん)に 一日(いちにち)を 終(お)えるのが いい。
宴席(えんせき)も 祭礼(さいれい)も 何(なに)も ないのが いい。
小(ちい)さな 季節(きせつ)の 楽(たの)しみさえ あれば いい。
DSC_0229.JPG
posted by よしえ虫 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年03月23日

春の味覚(はる の みかく)

よしえ虫(むし)に とって、春(はる)の 花(はな)は 桜(さくら)では ありません。

香(かお)り なら 沈丁花(じんちょうげ)
見(み)る なら 木瓜(ぼけ)
味(あじ)わう なら 菜の花(な の はな)
DSC_0222.JPG

菜の花(な の はな)が 出回(でまわ)ると「春(はる)が来(き)たなぁ〜」と 感(かん)じます。
食(た)べるのは、つぼみです。
春(はる)の 野草(やそう)は 香(かお)りが 強(つよ)く、苦(にが)みが あります。
よしえ虫(むし)は 虫(むし)ですから、この 野草(やそう)を 食(た)べると、元気(げんき)に なります。
冬(ふゆ)が 終(お)わって、体中(からだじゅう)に 力(ちから)が 満(み)ちてくる とき、菜の花(な の はな)を 食(た)べます。
すると、体(からだ)が 冬眠(とうみん)から 覚(さ)めます。

DSC_0227.JPG

一般的(いっぱんてき)な 菜の花(な の はな)料理(りょうり)は、
おひたし、てんぷら、吸い物(す い もの)、ちらしずし、胡麻和(ごまあ)え、パスタ、浅漬(あさづ)け
などでしょうか。

よしえ虫(むし)は 菜の花(な の はな)そのものの 味(あじ)が 好(す)きです。
だから、なるべく そのまま 食(た)べます。
茹(ゆ)でて しまうと、風味(ふうみ)が 落(お)ちるので、湯通(ゆどお)しに します。
つまり 下(した)ごしらえは、菜の花(な の はな)に 熱湯(ねっとう)を かける だけです。
すると、色(いろ)が 艶(つや)やかな 緑(みどり)に かわります。
ここで、菜の花(な の はな)は ざるに 上(あ)げて おきます。

ところで、菜の花(な の はな)を 通(とお)った 熱湯(ねっとう)を みてみましょう。
DSC_0224.JPG
なんとも 美(うつく)しいぴかぴか(新しい)
これを 捨(す)てて しまうのは、実(じつ)に 惜(お)しい ことです。
蕎麦(そば)を 茹(ゆ)でた 湯(ゆ)は、蕎麦湯(そばゆ)です。
じゃ、菜の花(な の はな)を 茹(ゆ)でた 湯(ゆ)は、菜の花湯(な の はな ゆ)でしょうexclamation&question
蕎麦湯(そばゆ)を 飲(の)むんだから、菜の花湯(な の はな ゆ)を 飲(の)んでも いいでしょうexclamation

というわけで、菜の花(な の はな)カクテルに してみました。
DSC_0221.JPG
これが なかなか おいしいんですバーるんるん
余(あま)すところなく 春(はる)の 味覚(みかく)を 満喫(まんきつ)できます。

湯(ゆ)きりが 終(お)わった 菜の花(な の はな)は、

かつおのたたきに ショウガと 一緒(いっしょ)に 散(ち)らしたり、
DSC_0219.JPG

ハマチの お造(つく)りの アクセントに したり、
DSC_0220.JPG

冷奴(ひややっこ)を 彩(いろど)ったり、
DSC_0223.JPG

簡単(かんたん)な 料理(りょうり)でも、春色(はるいろ)に 装(よそお)って くれまするんるん
posted by よしえ虫 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary