2022年07月31日

追(お)われている 人(ひと)に 追(お)われる 日々(ひび)

六月(ろくがつ)に 引き続(ひき つづ)き、七月(しちがつ)も 締切(しめきり)ラッシュである。
新(あら)たな 学生(がくせい)も 受け入(うけ い)れたので、そのぶん 締切(しめきり)も 増(ふ)えるのである。
もちろん 学生(がくせい)の 締切(しめきり)を 優先(ゆうせん)するので、自分(じぶん)の 仕事(しごと)は 後回(あとまわ)しになる。

DSC_0530.JPG
包丁砥(ほうちょうとぎ)を、半年(はんとし)に 一回(いっかい)することにしている。
包丁(ほうちょう)の 切(き)れが 悪(わる)くなってくると、焦(あせ)るし イラついてくる。
六月(ろくがつ)に したかったが、今月(こんげつ)になってしまった。 

DSC_0370.JPG
これも五月(ごがつ)からの 持ち越(もちこ)し・・・
DSC_0371.JPG
何(なに)を ラミネートしたのかというと・・・
DSC_0372.JPG
屋久杉(やくすぎ)の 薄片(はくへん)である。
コースターとして 使用(しよう)していたのだが、ある日(ひ) 鍋底(なべぞこ)に 貼(は)りついているのに 気(き)づかずに 火(ひ)にかけてしまった。
しばらくして、素晴(すば)らしい 芳香(ほうこう)が 台所(だいどころ)に 立ち込(たちこ)めだした。
何(なに)かと 見(み)てみると、貼(は)りついた 屋久杉(やくすぎ)コースターが 焦(こ)げていたのである。
幸(さいわ)い、形(かたち)はとどめていたので どうにか 保存(ほぞん)したいと 思(おも)っていたのである。
そこで 思(おも)いついたのが ラミネートであった。
これで、コースターとしても 復活(ふっかつ)できそうだ。

外界(がいかい)は コロナ感染拡大(かんせんかくだい)と、命(いのち)にかかわる 猛暑(もうしょ)で 大変(たいへん)なようである。
必要最小限(ひつようさいしょうげん)しか 外出(がいしゅつ)しないのだが、たまに 出(で)たとき、このような 状況(じょうきょう)で 活動(かつどう)している人(ひと)を 見(み)ると 疑問(ぎもん)を 抱(いだ)いてしまう。
DSC_0576.JPG
ドラマの 撮影(さつえい)の ようであった。
水(みず)に 入(はい)っているスタッフは まだ ましかもしれないが、レフ板(ばん)や それに当(あ)てられる 演者(えんじゃ)は 大変(たいへん)だろう。
今(いま)、この時間(じかん)、この時期(じき)・・・じゃなくても できるはずなのに。
社会(しゃかい) 経済(けいざい)は、待(ま)ってくれないのだ。

DSC_0536.JPG
久(ひさ)しぶりの 疎水(そすい)の アオサギ。
3年前(さんねんまえ)までは、毎日(まいにち) 見(み)ていたのに・・・

DSC_0571.JPG
セミの 抜け殻(ぬけ がら)
今年(ことし)は 梅雨明(つゆあ)けが 早(はや)く、一気(いっき)に 猛暑日(もうしょび)に 突入(とつにゅう)した。
そのため、暑(あつさ)さに 反(はん)して セミの鳴き声(なき ごえ)が 聞(き)こえないという 期間(きかん)があった。
ラジオなどでは、セミが 遅(おそ)いなどと 言(い)われていたが、それは 猛暑(もうしょ)が 早(はや)まった だけである。
セミを 遅刻者(ちこくしゃ) 呼(よ)ばわりしてほしくない。
セミは 自分(じぶん)の ペースを 守(まも)って 羽化(うか)しただけである。

DSC_0572.JPG
庭(にわ)に キノコが 生(は)えた。
幼児(ようじ)が 並(なら)んで 歩(ある)いているようで、愛(あい)らしかった。
しかし、その日(ひ)の 午後(ごご)の 豪雨(ごうう)で キノコの精(せい)は 消(き)えてしまった。

DSC_0573.JPG
同居人(どうきょにん)の ニホンヤモリ。
太陽(たいよう)にあたっていたので 体(からだ)が 透(す)けて 見(み)えた。
かわいさ 倍増(ばいぞう)ハートたち(複数ハート)
ちっちゃくても 生(い)きている。
トキや コウノトリや ニホンカモシカや ヤマネコだけが 保護(ほご)されるべき 生物(せいぶつ)ではない。
彼(かれ)らが 絶滅(ぜつめつ)に 瀕(ひん)した 原因(げんいん)は、彼(かれ)らの 生活環境(せいかつかんきょう)の 破壊(はかい)に 求(もと)められるべきである。
そこには、現代人(げんだいじん)なら 目(め)をそむけたくなるような 生物(せいぶつ)もいる。
しかし、そのような 生物(せいぶつ)が 自然(しぜん)を 支(ささ)え、生命(せいめい)を 育(はぐく)んでいるともいえる。
小(ちい)さな 命(いのち)の 大(おお)きな 力(ちから)を 愛(いと)おしいと 思(おも)う。

DSC_0574.JPG
モロヘイヤを 買(か)ったら、袋(ふくろ)に こんな ことが 書(か)いてあった。
『軟弱蔬菜(なんじゃくそさい)』
イメージは わかるが、なんだか 悲(かな)しくなってしまった。
次項有雨(あめ)が 降(ふ)ったら お休(やす)みしちゃう。
次項有階段(かいだん)を 5段上(ごだん あ)がると、座り込(すわり こ)んじゃう。
次項有満員電車(まんいんでんしゃ)に 乗(の)ろうとしたけれど、中(なか)の 人(ひと)の 圧力(あつりょく)で 押し出(おし だ)されちゃう。
こんな『モロヘイヤキャラ』を 想像(そうぞう)してしまった。

DSC_0575.JPG
ある日(ひ)の レシート。
数字(すうじ)の 並(なら)びが カウントダウンに なっていた。
目あ˝ーーーむかっ(怒り)
レシートまで 締切(しめきり)に 向(む)かって 鞭(むち)をふるってくるのかちっ(怒った顔)
posted by よしえ虫 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2022年06月19日

ハレの場(ば)

ここのところ 準備(じゅんび)に 余念(よねん)がない。
ハレの場(ば)で スピーチすることになった。
人生(じんせい)で そう何度(なんど)も 経験(けいけん)するような ことではない。
だから、準備(じゅんび)も 万端(ばんたん)に 整(ととの)えている。
また、自身(じしん)のこと のみならず、ハレの場(ば)の 主役(しゅやく)のためにも 様々(さまざま)な 工夫(くふう)を 施(ほどこ)している。

Screenshot_20220607-160130.png
7日(なのか)に 7777歩(ほ)を 記録(きろく)exclamation×2
なんだか、幸先(さいさき)が 良(よ)いではないかハートたち(複数ハート)

普段(ふだん)は 身(み)に つけない物(もの)も 入手(にゅうしゅ)した。
DSC_0339.JPG
ポイントで GETしたんだけどね
どうせ、1回(いっかい)しか 使(つか)わないんだろうなダッシュ(走り出すさま)

虫(むし)ちゃんも お風呂(ふろ)に 入(はい)って きれいサッパリぴかぴか(新しい)
DSC_0369.JPG
なんだか 得体(えたい)の しれない生物(せいぶつ)に なってしまったあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0373.JPG
プラスチック粘土(ねんど)で・・・
何(なに)を 作(つく)っているのかexclamation&question
DSC_0377.JPG
オリジナル ご祝儀袋(しゅうぎぶくろ)の 完成(かんせい)手(チョキ)

DSC_0382.JPG
コサージュも 手作(てづく)り しちゃったしかわいい
左(ひだり)は 虫(むし)ちゃん用(よう)
右(みぎ)は よしえ虫用(むし よう)
よしえ虫(むし)は これを 帽子(ぼうし)につけて かぶっていく手(グー)

当日(とうじつ)までは 授業(じゅぎょう)の 隙(すき)をぬって、スピーチ練習(れんしゅう)カラオケ
DSC_0357.JPG
なんなら、授業中(じゅぎょうちゅう)にも 練習(れんしゅう)させてもらい、反応(はんのう)をチェック決定

6月19日(ろくがつ じゅうくにち)
いよいよ 当日(とうじつ)

会場(かいじょう)までは 歩(ある)いて 行(い)き、ささっと 身支度(みじたく)を 整(ととの)えて チャペルへ左斜め上

特別仕様車(とくべつしようしゃ)だーぴかぴか(新しい)
DSC_0421.JPG

じゃ、チャペルに 入(はい)りましょう次項有
DSC_0388.JPG
厳(おごそ)かに 式(しき)は 進行(しんこう)していくベル
でも、よしえ虫(むし)は 巨大(きょだい)な 牧師(ぼくし)さんに 興味津々(きょうみしんしん)
目どうせ アルバイト牧師(ぼくし)なんだろうが、いつもは 何(なに)してる 人(ひと)だろうexclamation&question
DSC_0399.JPG

式(しき)が 終(お)わり、空中庭園(くうちゅうていえん)で 記念撮影(きねんさつえい)。
InkedDSC_0423.jpg
京都(きょうと)を バックに 新郎新婦(しんろうしんぷ)を 囲(かこ)んで・・・
天気(てんき)が 心配(しんぱい)されたが、徐々(じょじょ)に 回復(かいふく)グッド(上向き矢印)
DSC_0424.JPG
いい 眺望(ちょうぼう)であるカメラ

皆(みな)さん、披露宴会場(ひろうえん かいじょう)へ 移動(いどう)次項有
よしえ虫(むし)は こっそり イメトレ演劇 イメトレ演劇
最後(さいご)に 受付(うけつけ)しようと 並(なら)んでいると、司会(しかい)の 方(かた)と 中継係(ちゅうけいがかり)の 方(かた)に 声(こえ)を かけられた。
簡単(かんたん)な 打ち合(うち あ)わせをして、これで バッチリ手(チョキ)

DSC_0428.JPG
主役(しゅやく)を 待(ま)つ 高砂(たかさご)
ウエディングケーキは チャイナドレスの イメージ

よしえ虫(むし)の 席(せき)
DSC_0429.JPG
りっぱな 食器(しょっき)に ナイフと フォークと スプーンが ずらっと 並(なら)んでいる。

披露宴(ひろうえん)が 始(はじ)まり、新郎新婦(しんろうしんぷ)の 入場(にゅうじょう)かわいいかわいい
ちょっと 緊張気味(きんちょうぎみ)の 新郎(しんろう)が あいさつした。
それにつづいて、よしえ虫(むし)の 「乾杯(かんぱい)の 発声(はっせい)」であるバー

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
InkedDSC_0438.jpg
乾杯(かんぱい)と 同時(どうじ)に カーテンが あいて、岡崎(おかざき)の 景色(けしき)が ひろがった。
なんだか、岡崎代表(おかざきだいひょう)みたいだ。

スピーチも なかなか うまくいったのではないかexclamation&question
DSC_0437.JPG
虫(むし)ちゃんも おつかれ〜いい気分(温泉)
大仕事(おおしごと)が 終(お)わったので、クイーッと 一気飲(いっきの)みバー
すると、司会(しかい)の 方(かた)が 近(ちか)づいてきた左斜め下
司会(しかい)「よしえ虫様(むし さま)、御発声(ごはっせい) 完璧(かんぺき)でした黒ハートありがとうございますわーい(嬉しい顔)
目えぇ、まぁ イメトレしていましたから〜るんるん
褒(ほ)められて、嫌(いや)な 気(き)はしないが、ちょっと 照(て)れくさい。

じゃ、食(た)べようレストラン
DSC_0441.JPG
フォークとナイフが 立派(りっぱ)すぎて、小(ちい)さい エビが 食(た)べにくいなぁ〜
あっexclamation写真撮(しゃしん と)る 前(まえ)に 食(た)べちゃったあせあせ(飛び散る汗)
よしえ虫(むし)は 外食(がいしょく)しないし、食(しょく)リポ的(てき)な 投稿(とうこう)もしないので、料理(りょうり)を写真(しゃしん)にとる 習慣(しゅうかん)がない。

よし、次(つぎ)はカメラ
DSC_0465.JPG
ハマグリの 茶(ちゃ)わん 蒸(む)しいい気分(温泉)
でも、メインの 焼魚(やきざかな)と 肉料理(にくりょうり)の 写真(しゃしん)は 撮(と)りそびれたたらーっ(汗)

DSC_0466.JPG
シャンパン、ビール、白(しろ)ワイン、赤(あか)ワイン、グラスに 囲(かこ)まれて、虫(むし)ちゃん ご満悦(まんえつ)ハートたち(複数ハート)

DSC_0479.JPG
小(ちい)さい ちらし寿司(ずし)と、お吸物(すいもの)が 出(で)てきた。
スダチばかりが 目(め)を 引(ひ)いてしまう・・・たらーっ(汗)

DSC_0485.JPG
ウエディングケーキの おすそ分(わ)けバースデー
よしえ虫(むし)も ケーキカットしましょーかわいい

今回(こんかい) 特別(とくべつ)な イベントは・・・
DSC_0481.JPG
ウエディング梅酒作(うめしゅ づく)りexclamation×2
InkedDSC_0489.jpg
飲み頃(のみ ごろ)は、3年後(さんねんご)かな〜soon

DSC_0486.JPG
よしえ虫(むし)は ビールでいいやビール

お母様(かあさま)のスピーチで、披露宴(ひろうえん)は 感動的(かんどうてき)に お開(ひら)きとなった。
しかし、気温(きおん)が 上(あ)がってきて、外(そと)は 32℃(さんじゅうに ど)となexclamation&question
よしえ虫(むし)は 歩(ある)いて 帰(かえ)るからいいが、隣(となり)にいた 方(かた)は、新幹線(しんかんせん)で 帰(かえ)らねばならない。
しかも、スーツ姿(すがた)で、引出物(ひきでもの)と ブーケを 持(も)って 帰(かえ)らねばならないのだどんっ(衝撃)

よしえ虫(むし)は、帰宅(きたく)して シャワーに 直行(ちょっこう)
それから、引出物(ひきでもの)を 広(ひろ)げて、ブーケを 飾(かざ)った。
InkedDSC_0499.jpg
暑(あつ)いけれど、よしえ虫家(むし け)で、花(はな)が 飾(かざ)れるのは ここだけなので・・・
DSC_0500.JPG
なんとも、高貴(こうき)な 香(かお)りが ただよってきた。
しばらくは、楽(たの)しませて いただきましょう。
所定(しょてい)の 位置(いち)に すべてが 収(おさ)まり、ほっとした。
ではここから、お一人様二次会(ひとりさま にじかい)と いたしましょうバーバー
posted by よしえ虫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2022年05月31日

直(なお)したり 作(つく)ったり

毎年(まいとし) おなじだが、連休(れんきゅう)などない。
天気(てんき)が よかろうと、どこへも 行(い)かない。
今年(ことし)は 梅雨入(つゆい)り 前(まえ)に どうしても やっておきたいことがあった。
それは・・・
DSC_0344.JPG
これexclamation×2
コーキングである。
アパートの ヒビが 気(き)になっていたので、雨(あめ)の 日(ひ)が 多(おお)くなる 前(まえ)に 施工(せこう)しておきたかった。
天気(てんき)の いい日(ひ)を 選(えら)んで、とりかかった。
DSC_0345.JPG
取説(とりせつ)を よく読(よ)むサーチ(調べる)
説明通(せつめい どお)りに 先端(せんたん)を カットend
DSC_0351.JPG
コーキングガンに 取り付(とり つ)けて、現場(げんば)へ GOsoon
先端(せんたん)を 一度外(いちど はず)して 膜(まく)を 破(やぶ)り、元通(もとどお)りに 先端(せんたん)を はめ込(こ)むon
外壁(がいへき)の ヒビに 沿(そ)って 注入(ちゅうにゅう)左斜め上
DSC_0329.png
一本(いっぽん) 使い切(つかい き)ってしまったあせあせ(飛び散る汗)
後日(ごじつ) もう一本(いっぽん) 買(か)ってきて、気(き)になっていた ヒビを 全(すべ)て カバーできた。
やってみると なかなか 楽(たの)しいるんるん
仕上(しあ)がりを 自施工自賛(じせこう じさん)してしまった。

12日(じゅうににち)
LYさんの 個展(こてん)の 帰(かえ)りに ツブリンに 会(あ)った。
DSC_0335.JPG
ツブリンは お散歩中(さんぽちゅう)

13日(じゅうさんにち)
金曜日(きんようび)

雨(あめ)が 降(ふ)っていそうで 降(ふ)ってなさそうで、傘(かさ)をさそうか さすまいか、判断(はんだん)に 迷(まよ)う 天気(てんき)だった。
それなのに 寺町(てらまち)も 錦市場(にしきいちば)も 多(おお)くの 人(ひと)が 歩(ある)いていた。
修学旅行生(しゅうがくりょこうせい)も 戻(もど)ってきていた。
着(き)なれない 和装(わそう)のグループが ダラダラ歩(ある)いていた。
InkedDSC_0341_LI.jpg
よしえ虫(むし)は 100円(ひゃく えん)ショップを あちこち 見(み)て、あるものを 探(さが)していた。
ありそうで、なかなかない のである。
それは・・・
DSC_0346.JPG
アクリル絵の具(えのぐ)アート
今(いま) 必要(ひつよう)なのは 赤(あか)と 黒(くろ)で、あとで 必要(ひつよう)になるはずなので 青(あお)も 購入(こうにゅう)した。
いろいろ 見(み)たが、各色(かくしょく) 揃(そろ)えている 店舗(てんぽ)は なかなか なかった。
これで、何(なに)をするのか というと・・・
DSC_0342.JPG
ハゲた長官(ちょうかん)を 補修(ほしゅう)するパンチ
以前(いぜん) 新(あたら)しいときに 写真(しゃしん)を 撮影(さつえい)しておいたので、それをもとに 復元(ふくげん)する。
DSC_0349.JPG
まずは 赤(あか)を 塗(ぬ)って、乾(かわ)くまで 置(お)いておく。
翌日(よくじつ)
DSC_0352.JPG
黒(くろ)を 重(かさ)ねたいのだが、筆(ふで)では 太(ふと)すぎるので、楊枝(ようじ)を 使(つか)って 塗(ぬ)った。
仕上(しあ)がりは・・・
DSC_0353.JPG
ちょっと 黒(くろ)が 多(おお)めだが、まずまず だろう。
ところで 問題(もんだい)は・・・
参謀(さんぼう)の ほうであるあせあせ(飛び散る汗)
DSC_0343.JPG
以前(いぜん)と 比(くら)べると、萎(しぼ)んで きているのであるどんっ(衝撃)
これを 膨張(ぼうちょう)させるには、相当(そうとう) 細(こま)かい 作業(さぎょう)が 要求(ようきゅう)される。
楊枝(ようじ)の 先(さき)でさえ 太(ふと)い のである。
只今(ただいま) どうするか 思案中(しあんちゅう)。

作(つく)る ほうは というと・・・
DSC_0330.JPG
材料(ざいりょう)と 道具(どうぐ)を 揃(そろ)えた。
来月(らいげつ)つかう コサージュを 作(つく)るのだ手(グー)
その前(まえ)に、試作(しさく)しておこうと 考(かんが)えた。
ただの 試作(しさく)じゃ つまらないexclamation×2
プレゼントに 堪(た)えうるような クオリティーに 仕上)しあ)げたいパンチ
今回初(こんかい はじ)めて 使(つか)うのは、フローラルテープと グルーガンである。

まず、一つ目(ひとつめ)1NEW
DSC_0331.JPG
コサージュというより ブーケになったたらーっ(汗)
目んー、茎(くき)が 長(なが)すぎたかバッド(下向き矢印)
しかし、フローラルテープを 巻(ま)く いい練習(れんしゅう)になったグッド(上向き矢印)

次(つぎ)に 花(はな)だけを 使(つか)って アレンジしてみた。
DSC_0332.JPG

グルーガン登場(とうじょう)ぴかぴか(新しい)
DSC_0350.JPG
手際(てぎわ)よく 接着(せっちゃく)させないと グルーが 固(かた)まってしまうあせあせ(飛び散る汗)
先(さき)に 接着部分(せっちゃくぶぶん)を 見極(みきわ)めて おかねば ならない。
もう少(すこ)し 練習(れんしゅう)が 必要(ひつよう)であるon

25日(にじゅうごにち)
朝(あさ)、資源(しげん)ごみを 出(だ)してきた。
アパートの 前(まえ)で、近所(きんじょ)の 小学1年生(しょうがくいちねんせい)と 会(あ)った。
彼女(かのじょ)は 元気(げんき)な 声(こえ)で
1年生(いちねんせい)「こんにちはぴかぴか(新しい)
と 言(い)った。
よしえ虫(むし)は、時間的(じかんてき)に 違和感(いわかん)が あったので、
目おはようございます晴れ
と 応(こた)えた。
小学1年生(しょうがくいちねんせい)は 一瞬(いっしゅん)とまって よしえ虫(むし)を じっと見(み)てから、
1年生(いちねんせい)「きれいですねハートたち(複数ハート)
と 言(い)った。
これには、よしえ虫(むし)も 意表(いひょう)を 突(つ)かれてしまい、
目なにが?たらーっ(汗)
としか 応(こた)えられなかった。
小学1年生(しょうがくいちねんせい)は 満足(まんぞく)したのか、小走(こばし)りに 去(さ)っていった。
振り返(ふり かえ)ってみるに、あれは もしや 夏目漱石(なつめそうせき)レベルの コミュニケーションだったのでは ないだろうか?
文豪(ぶんごう)は 『I love you』を 『月(つき)が きれいですね』と 翻訳(ほんやく)した。
そうであれば、あの 小学1年生(しょうがくいちねんせい)も よしえ虫(むし)に 『好(す)きです』と 伝(つた)えたかったのでは ないだろうか。
もし 次(つぎ)の 機会(きかい)があれば、よしえ虫(むし)は 二葉亭四迷(ふたばていしめい)になってやろう手(グー)
次項有『死(し)んでもいいわexclamation×2

27日(にじゅうななにち)
ヤモーンズが 窓(まど)に 張(は)りついていた。
今年(ことし)の 夏(なつ)も 捕虫(ほちゅう)を よろしくね揺れるハート
DSC_0364.JPG

世間(せけん)では ラッキードクダミと 呼(よ)ぶらしい。
5枚(ごまい)の 花弁(かべん)のように 見(み)える 花(はな)。
DSC_0367.JPG
いいことあるかなと 思(おも)ったら、川柳(せんりゅう)が 採用(さいよう)された手(チョキ)
GRさんを 詠(よ)んだ 句(く)なので、あとで 聞(き)かせてあげよう音楽
posted by よしえ虫 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary