2019年05月03日

一遍聖展(いっぺんひじり てん)

14:00
京都国立博物館(きょうと こくりつ はくぶつかん)
駐輪場(ちゅうりんじょう)

目まにあった〜手(チョキ)
GR「早(はや)っexclamation×2
目よしえ虫(むし)と アルフレッド君(くん)は 長年(ながねん)コンビを 組(く)んでいますから手(チョキ)
GR「祇園(ぎおん)を 通(とお)ってきたのexclamation&question
目うん、もちろんるんるん
GR「私(わたし)は いつも 通(とお)れなくてあせあせ(飛び散る汗)

さて、今日(きょう)は 一遍聖(いっぺんひじり)の 展覧会(てんらんかい)に 来(き)ました。
とにかく、博物館(はくぶつかん)に 入(はい)りましょう次項有

DSC_0478.JPG

GR「わーハートたち(複数ハート)
目全体(ぜんたい)が はいるようにするの むずっどんっ(衝撃)

一遍聖(いっぺんひじり)は、鎌倉時代(かまくらじだい)の 僧侶(そうりょ)です。
踊(おど)ることで 浄土(じょうど)へ 行(い)けると 衆生(しゅじょう)を 導(みちび)いた人(ひと)です。
全国行脚(ぜんこくあんぎゃ)をして、日本中(にほんじゅう)を 踊念仏(おどりねんぶつ)ブームに 巻き込(まき こ)みました。
日本史(にほんし)の 教科書(きょうかしょ)にも 絵巻物(えまきもの)の 一部(いちぶ)が 掲載(けいさい)されています。
膝(ひざ)まで むき出(だ)しにした たくさんの僧侶(そうりょ)が、櫓(やぐら)の上(うえ)で 踊(おど)りまくっている ものです。
それを 人々(ひとびと)は 下(した)から、家(いえ)の中(なか)から、牛車(ぎっしゃ)の中(なか)から、扉(とびら)のかげから、扇子(せんす)の下(した)から、ひしめきあって 見(み)ているのです。
当時(とうじ)としては 大胆(だいたん)な 踊(おど)りでしたから、見物人(けんぶつにん)も 物見高(ものみだか)に 見(み)ている様子(ようす)が うかがえます。

さて、会場(かいじょう)の 新館(しんかん)へ 入(はい)りましょう次項有
DSC_0479.JPG

荷物(にもつ)を ロッカーに あずけて、身軽(みがる)になって 会場(かいじょう)に 入(はい)りました。
まずは エレベーターで 上(うえ)まで 行(い)きます。
序言(じょげん)を 読(よ)んでから、カマクラ・ダンス・ブームの 世界(せかい)を 旅(たび)しましょう船

GR「先生(せんせい)手(パー)『入水(じゅすい)』て 何(なに)exclamation&question
目水(みず)に 入(はい)って 自殺(じさつ)することバッド(下向き矢印)
GR「へっがく〜(落胆した顔)うっうん、わかったあせあせ(飛び散る汗)
絵巻物(えまきもの)の 最後(さいご)には 入水(じゅすい)する 僧侶(そうりょ)が 描(えが)かれていました。

絵巻物(えまきもの)は ストーリーを 記述(きじゅつ)した部分(ぶぶん)と ストーリーを 追(お)う絵(え)で 構成(こうせい)されています。
記述部分(きじゅつ ぶぶん)は、草書体(そうしょたい)の 筆文字(ふでもじ)で 書(か)かれているので、読(よ)みにくいです。
だから、参観者(さんかんしゃ)は 文字(もじ)を 飛(と)ばして、絵(え)だけを 見学(けんがく)しています。
でも、ありがたいことに、よしえ虫(むし)は この文字(もじ)が 少(すこ)し 読(よ)めます。
だから、案内板(あんないばん)には 書(か)かれていない 情報(じょうほう)も 文字(もじ)を 読(よ)むことで わかります。

法具(ほうぐ)や 上人像(しょうにん ぞう)の 展示(てんじ)もありました。
蓮華台(れんげだい)の すばらしい 下駄(げた)も ありました。
GR「えっexclamation&questionあれ どうやって 履(は)くの?」
目3(みっ)つの 穴(あな)に、鼻緒(はなお)という 紐(ひも)を 通(とお)して 履(は)くんだよ。こんなふうに足
GR「あっ、わかったひらめき
よしえ虫(むし)は 常日頃(つねひごろ)から 下駄(げた)を 愛用(あいよう)していますから、使用例(しようれい)を すぐに 見(み)せることが できました。

法具(ほうぐ)のなかに、聖(ひじり)が 念仏(ねんぶつ)を 唱(とな)えるときに 手(て)に 持(も)つという、蓮の蕾(はすの つぼみ)を 模(も)した マイクロフォンほどの 大(おお)きさの 棒(ぼう)が ありました。
2本(にほん) 展示(てんじ)されていましたが、微妙(びみょう)に 形(かたち)が 違(ちが)っていました。
どう 見(み)ても、マイクロフォンに 見(み)えます。
だから よしえ虫(むし)は、これを 持(も)って 踊(おど)ったら アイドルグループみたいに なるなぁ〜と 思(おも)いました。

絵巻物(えまきもの)を 続(つづ)けて 見(み)ていくと、よしえ虫(むし)は 気(き)になる 一節(いっせつ)を 発見(はっけん)しました。
『歓喜天(かんぎてん)』
文字(もじ)を 読(よ)んでいくと、インドでの 信仰(しんこう)に ついての 説明(せつめい)で、これも 極楽境地(ごくらくきょうち)であるという 説法(せっぽう)が 書(か)かれていました。
目なにぃexclamation&question
と、心(こころ)で 叫(さけ)びつつ、絵(え)を 追(お)っていきましたが、気(き)になる一節(いっせつ)の 部分(ぶぶん)は 展示(てんじ)されていませんでした。

仏像(ぶつぞう)や 上人木像(しょうにん もくぞう)の 展示室(てんじしつ)に 入(はい)りました。
上安祥寺(かみあんしょうじ)に 安置(あんち)されていたという 仏像(ぶつぞう)も 見(み)ることが できました。
上安祥寺(かみあんしょうじ)は 大文字山(だいもんじやま)の 中(なか)に あった 平安時代創建(へいあんじだいそうけん)の 寺(てら)ですが、今(いま)は 遺跡(いせき)のみが ひっそりと 残(のこ)っています。

よしえ虫(むし)は 上人木像(しょうにん もくぞう)の 手(て)に 持(も)たれている あの法具(ほうぐ)を 見(み)て、謎(なぞ)が 解(と)けました。
目あーっexclamation×2どんっ(衝撃)exclamation×2ひらめき
GR「なにexclamation&questionなにexclamation&question
目あとで、話(はな)すよたらーっ(汗)

そして、最後(さいご)には 頭(あたま)に 太陽(たいよう)を 載(の)せている、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の 肖像(しょうぞう)を 見(み)ることが できました。
目感動(かんどう)〜揺れるハート
GR「先生(せんせい) そんなに 好(す)きなん?」
目うんハートたち(複数ハート)

展示室(てんじしつ)を 出(で)て、ミュージアムショップに 入(はい)りました。
踊念仏(おどりねんぶつ)グッズが たくさん並(なら)んで いました。
どれも これも おもしろいし、かわいくて 幸(しあわ)せになれそうです。
高山(こうざん)を 梯子(はしご)で 登(のぼ)る 僧侶(そうりょ)の 法衣(ほうい)が だんだん ボロボロに なっていくのが、クリアファイルや バッグに デザインされていました。
でも、よしえ虫(むし)が 買(か)ったのは やっぱり 後醍醐天皇(ごだいごてんのう)でした。
DSC_0482.JPG
今回(こんかい)の 展示(てんじ)とは 関係(かんけい)ないけど、春信(はるのぶ)の 『八つ橋(やつはし)』も 買(か)っちゃいました。

建物(たてもの)を 出(で)て、庭(にわ)で 展覧会(てんらんかい)を 振り返(ふり かえ)ってみました。
GR「めっちゃ、楽(たの)しそうだったね〜かわいい
目うん、まぁ〜ねぇ〜たらーっ(汗)
DSC_0480.JPG
GR「そういえば、話(なは)しって 何(なに)?」
目あのさぁ、よしえ虫(むし)は あの 文字読(もじ よ)んでいたよなサーチ(調べる)
GR「うん、先生(せんせい)だけだったよぴかぴか(新しい)字(じ)の ところで止(と)まっている人(ひと)トイレ
目でさぁー、ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)って 書(か)いてあって 絵(え)を 見(み)たけれど なくてバッド(下向き矢印)
GR「そうなんexclamation&question
目それでさ、棒(ぼう)を 持(も)ってる 上人木像(しょうにん もくぞう)が あったでしょexclamation&question
GR「うん、あったなぁ〜グッド(上向き矢印)
目それで、わかったんだ〜ひらめき
【よしえ虫(むし)の 実演(じつえん)】
GR「先生(せんせい) やめてよーあせあせ(飛び散る汗)もーーーちっ(怒った顔)
目ほら、あの 脚広(あしひろ)げて めっちゃ 踊(おど)ってる 女子(じょし)の 絵(え)exclamation×2
GR「がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
目歓喜天(かんぎてん)の 極楽浄土(ごくらくじょうど)いい気分(温泉)
DSC_0481.JPG

GR「もー、そんなこと考(かんが)えて 展覧会見(てんらんかい み)ていたの、先生(せんせい)だけだよーたらーっ(汗)
目まーねー手(チョキ)

目でもさー、なんだか、今夜(こんや)は いい夢見(ゆめ み)られそうだねかわいい
GR「うん、ほんとだね〜かわいい
posted by よしえ虫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 Exhibition

2019年04月13日

トライアル&リハビリ

10:15
OS「おはようございます」
目おっ、早(はや)く 来(き)たなグッド(上向き矢印)
OS「なーにexclamation&question
目今日(きょう)は 本気靴(ほんきぐつ)を 持(も)ってきたから 行(い)こう左斜め上
OS「えっexclamation&questionアドベンチャーハートたち(複数ハート)
目そうるんるん

今日(きょう) よしえ虫(むし)は ブラウスに ロングスカートという 先生(せんせい)スタイルで kokokaに 来(き)ましたが、足元(あしもと)だけは トレッキングブーツを 履(は)いています。
実(じつ)は、こんど TYくんの 発案(はつあん)で 鉱物採集(こうぶつさいしゅう)を することになり、OSくんも 行(い)きたがっています。
しかし、OSくんは トレッキングの 経験(けいけん)が あまりないので、最後(さいご)まで 歩(ある)けるか ちょっと 心配(しんぱい)です。
だから、今日(きょう)は 授業時間(じゅぎょうじかん)を 使(つか)って 予行演習(よこうえんしゅう)することに しましたくつ

目大切(たいせつ)なもの だけ 持(も)って 行(い)ってねふくろ
OS「わかったわーい(嬉しい顔)

さぁ、出発(しゅっぱつ)exclamation×2

まずは、インクラインを 登(のぼ)っていきましょう右斜め上
桜(さくら)が 散(ち)ったので 観光客(かんこうきゃく)も、だいぶ 落ち着(おち つ)いています。
OS「もう 桜(さくら)ないねexclamation&question
目そうだねー
でも、遅咲(おそざ)きの 枝垂(しだ)れが まだ 咲(さ)いていました。
DSC_0439.JPG

先週(せんしゅう)は ここまで でしたが、今週(こんしゅう)は ここから 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)へ 行(い)きます左斜め上
OS「あっ、そこ 蹴上駅(けあげえき)exclamation&question
目うん、そうそうるんるん
参道(さんどう)は 下(お)りてくる人(ひと)も 登(のぼ)る人(ひと)も たくさん 歩(ある)いていました。
案内(あんない)ボランティアが 引率(いんそつ)するグループも 数組(すうくみ)いました。
参道(さんどう)の 突き当(つき あた)りの 祠(ほこら)の 前(まえ)の 桜(さくら)は、今(いま)が ちょうど 花盛(はなざか)りでした。
DSC_0440.JPG

境内(けいだい)には、写生(しゃせい)に 来(き)ている 絵画愛好家(かいがあいこうか)の グループも いました。
みなさん、思い思(おもい おも)いの 風景(ふうけい)に 取り組(とり く)んでいました。
グループの 代表(だいひょう)らしき 老紳士(ろうしんし)が、小柄(こがら)な 老婦人(ろうふじん)に 丁寧(ていねい)に アドバイスを していました。
老紳士(ろうしんし)「この山(やま)と この山(やま)を この線(せん)で 描(えが)いて、建物(たてもの)を ここに 配置(はいち)すると 落ち着(おち つ)きますよリゾートアート
目なるほど〜かわいい
OS「先生(せんせい)exclamation&questionなにが『なるほど』なの???」
目絵(え)の 描き方(えがき かた)アートさすが 先生(せんせい)だなぁ〜ってぴかぴか(新しい)
OS「ふーん、よくわかんないバッド(下向き矢印)どんっ(衝撃)

さて、先(さき)を 急(いそ)ぎましょう左斜め上
本殿(ほんでん)の 上(うえ)に 天岩戸(あまのいわと)と 呼(よ)ばれる 岩(いわ)を くりぬいた 祠(ほこら)が あります。
よしえ虫(むし)は ここを 勝手(かって)に『胎内回帰(たいないかいき)の 聖地(せいち)』と 考(かんが)えています。
それは、山伏(やまぶし)が 修験行(しゅげんぎょう)を 終(お)えるとき、生(う)まれ 変(か)わるという意味(いみ)で『おぎゃ〜〜〜』と 叫(さけ)びながら、岩(いわ)の 割(わ)れ目(め)を すり抜(ぬ)ける 儀礼(ぎれい)に ちなんでいます。

目はい、入(はい)って次項有次項有次項有
OS「えっあせあせ(飛び散る汗)やだexclamation×2やだexclamation×2こわいよーーー人影
目ほらー、早(はや)くーーーパンチ
OS「えっあせあせ(飛び散る汗)ここ 人(ひと)死(し)んだexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
目ううん、ここは お母(かあ)さんの お胎(なか)の中(なか)ぴかぴか(新しい)
OS「えっあせあせ(飛び散る汗)どういうことexclamation&question
目神(かみ)に なるために 生(う)まれ 変(か)わるからNEW
OS「ほんとexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question
目だから、出(で)るときは『おぎゃーーー』って、言(い)うんだよ演劇
せーのexclamation×2
OS「おぎゃーーー演劇

さぁ、これで 第一関門突破(だいいち かんもん とっぱ)です手(グー)
じゃ、次(つぎ)は 前(まえ)のグループを 追い越(おい こ)しましょう台風
OS「先生(せんせい) 待(ま)ってあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
目ひゃっほーーーるんるんるんるんるんるん

よしえ虫(むし)は ロングスカートを たくし上(あ)げて、山(やま)を 駆け上(かけのぼ)り はじめました。
目すみませーーーん台風
案内(あんない)ボランティア「はい、どうぞ〜」
みなさんが 道(みち)を 開(あ)けて、通(とお)してくれましたかわいい
目ありがとうございますかわいい
グループには OSくんと 同(おな)じくらいの 男児(だんじ)が 二人(二人)いましたトイレ
OS「先生(せんせい) 早(はや)いーーーあせあせ(飛び散る汗)
男児(だんじ)「あっ、子供(こども)が 登(のぼ)ってはるたらーっ(汗)
目OSくん、子供(こども)に 子供(こども)って 言(い)われてるけどたらーっ(汗)
まぁ、気(き)にせず すすみましょうるんるんるんるんるんるん
そして、谷(たに)の 巻道(まきみち)でー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)
よしえ虫(むし)は 茂(しげ)みに 隠(かく)れて、OSくんを 待ち伏(まち ぶ)せしました人影

OS「くつくつくつあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
目ふっふっふー(長音記号2)
OS「あっexclamation×2先生(せんせい) いたダッシュ(走り出すさま)
目あーぁ、見(み)つかっちゃったバッド(下向き矢印)
さぁ、七福思案処(しちふくしあんどころ)に 着(つ)きました位置情報
DSC_0441.JPG
ちょっと 休(やす)みましょういい気分(温泉)
やはり、いい 季節(きせつ)なので あちこちから 人(ひと)が 現(あらわ)れては それぞれの 方向(ほうこう)に 消(き)えていきます。
クリスマスホーホケキョ演劇
OS「あっ、先生(せんせい)の アラームexclamation&question
目いや、あれは 本物(ほんもの)の 鶯(うぐいす)るんるん

さて、よしえ虫(むし)は 今回(こんかい) リハビリのつもりで 登(のぼ)ることにしました。
2年(にねん)くらい前(まえ)から、左(ひだり)の 膝(ひざ)に 痛(いた)みが 出(で)てきました。
最初(さいしょ)は すぐ治(なお)るだろうと 思(おも)っていましたが、今(いま)も まだ 違和感(いわかん)が 残(のこ)っています。
また、ちょっと 長(なが)く 歩(ある)いたり、胡坐(あぐら)や 正座(せいざ)で 長時間座(ちょうじかん すわ)っていると、左(ひだり)の 腰(こし)から下全体(した ぜんたい)に 痛(いた)みが 走(はし)ります。
そのため、最近(さいきん)は 無理(むり)な 登山(とざん)は 止(や)め、時々(ときどき) 温泉(おんせん)へ 湯治(とうじ)に 出(で)かけています。
今回(こんかい)は TYくんの リクエストが あるので、少(すこ)し 歩(ある)きなれておく 必要(ひつよう)を 感(かん)じました。
だから、軽(かる)く 歩(ある)いてみたのです。
今(いま)のところ、大丈夫(だいじょうぶ)なようですダッシュ(走り出すさま)

目さ、そろそろ 行(い)こうか右斜め下
OS「どっちexclamation&question
目あっち右斜め下

ここから、南禅寺(なんぜんじ)に 一旦(いったん)おります。
途中(とちゅう)、大岩(おおいわ)から 水(みず)が しみだしている ところがあります。
DSC_0442.JPG
OS「あの水(みず) 飲(の)んでいい?」
目止(と)めないけど、おいしくないよバッド(下向き矢印)
OS「えっがく〜(落胆した顔)じゃあ やめるバッド(下向き矢印)
OSくんは 水筒(すいとう)を 持(も)ってこなかったので、のどが 渇(かわ)いているようです。

南禅寺(なんぜんじ)の 御滝場(おたきば)で、歩(ほ)を 止(と)めました。
目今何時(いま なんじ)?
OS「10:58時計
目じゃ、もう少(すこ)し 行(い)けるな左斜め上
よしえ虫(むし)は 若王子(にゃくおうじ)に 通(つう)じる道(みち)を 登(のぼ)りはじめました。
OS「この水(みず) きれい?」
目汚(きたな)くはないけど、なにが 入(はい)っているか わからないよ人影
OS「なに 入(はい)ってる?」
目シカの ウンコとか人影
OS「じゃ、やめとくもうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)

登(のぼ)りに さしかかり、少(すこ)し 暑(あつ)くなって きたようで、OSくんは 汗(あせ)を かきはじめました。
OS「ちょっと あつくなったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
目よしえ虫(むし)は なんともないけど〜台風

前方(ぜんぽう)には、欧米系(おうべいけい)の カップルが 歩(ある)いていました。
すると…
目あっexclamation×2
OS「なにexclamation&questionなにexclamation&question
目見(み)てexclamation×2
OS「ひゃーーーがく〜(落胆した顔)
前方(ぜんぽう)の カップルの 女性(じょせい)も、暑(あつ)くなったのか シャツを 脱(ぬ)いで タンクトップ姿(すがた)に なりつつ ありました。
目OSくんも 脱(ぬ)いだらるんるん
OS「はずかしいいいいい〜ちっ(怒った顔)
目誰(だれ)も 見(み)てないしいい気分(温泉)
OS「いやぁ〜〜〜ちっ(怒った顔)

尾根(おね)に 近(ちか)づくにつれ、倒木(とうぼく)が 増(ふ)えてきました。
去年(きょねん)の 台風(たいふう)の 被害(ひがい)が いかに 甚大(じんだい)であったか、思(おも)い 知(し)らされました。
倒(たお)れた 木(き)が 道(みち)を ふさいだのでしょう、人(ひと)が 通(とお)れるほどの 間隔(かんかく)をあけて、丸太(まるた)に ノコが 入(い)れられていました。
その切り口(きり くち)から、なんとも いい香(かお)りが 漂(ただよ)っていました。
目いい香(かお)り〜〜〜ハートたち(複数ハート)
OS「えっexclamation&question
よしえ虫(むし)は 丸(まる)い 切り口(きり くち)に 鼻(はな)を くっつけて、肺(はい)いっぱい 杉(すぎ)の 香(かお)りを 吸い込(すい こ)みました。
切り株(きり かぶ)に 座(すわ)っていた OSくんも、真似(まね)して 鼻(はな)を くっつけました。
OS「ほんとだexclamation×2いいにおいするハートたち(複数ハート)
目これは 線香(せんこう)に 使(つか)う 香(かお)りだよぴかぴか(新しい)
OS「『せんこう』って?」
目インセンスexclamation×2
OS「あっexclamationわかったひらめきひらめきひらめき
しばらく 二人(ふたり)で 鼻(はな)を くっつけて 香(かお)りを 楽(たの)しんでいました。
目あー、おなかいっぱい黒ハート
OS「えっexclamation&questionおいしいにおいexclamation&question
目うん、だって 虫(むし)だから〜るんるん
OS「あ、そうかたらーっ(汗)

さて、先(さき)を 急(いそ)ぎましょう。
墓地(ぼち)を 過(す)ぎると 下(くだ)りに なります。
目下(くだ)るときは 偉(えら)そうに 歩(ある)くパンチ
OS「ふんダッシュ(走り出すさま)ふんダッシュ(走り出すさま)
目そうそうかわいい
下(くだ)りは どうしても、怖(こわ)くなって 足元(あしもと)を のぞこうとします。
でも、そうすると 重心(じゅうしん)が 前(まえ)に 偏(かたよ)ってしまうので、転(ころ)びやすくなります。
だから、お腹(なか)を 突き出(つき だ)して、足(あし)を 外股(そとまた)にして、そっくり返(かえ)るようにして 歩(ある)くと 転(ころ)びません。
御瀧社(おたきしゃ)の 水音(みずおと)が 聞(き)こえてきた あたりで、害獣駆除(がいじゅうくじょ)の 注意書(ちゅういが)きが ありました。
OS「あっ、なんか 動(うご)いてるexclamation×2
目行(い)ってみよう右斜め上

DSC_0444.JPG
罠(わな)には ハクビシンが かかっていました。
いることは 知(し)っていましたが、ご対面(たいめん)は 初(はじ)めてでした。
OS「ペットに したいexclamation×2
目でも、野生(やせい)だから 無理(むり)だよどんっ(衝撃)
OS「これ、どうなるの?」
目動物園(どうぶつえん)に いくかなぁ〜
OS「殺(ころ)されるexclamation&question
目それは ないと思(おも)うけどダッシュ(走り出すさま)
ハクビシン「ヒャーむかっ(怒り)
目おおハートたち(複数ハート)
OS「ねー、先生(せんせい) 帰(かえ)ろうよぉうがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
目ハクビシンに 怒(おこ)られちゃったたらーっ(汗)

よしえ虫(むし)は、ハクビシンの 声(こえ)を 聴(き)いて 鵺(ぬえ)を 連想(れんそう)しました。
鵺(ぬえ)は 日本(にほん)の 妖怪(ようかい)の 一種(いっしゅ)です。
顔(かお)はサル、体(からだ)はタヌキ、足(あし)はトラ、尻尾(しっぽ)はヘビで、トラツグミの声(こえ)で 鳴(な)きます。
目の前(めの まえ)にいる ハクビシンは、まさに そんな 風貌(ふうぼう)です。
ハクビシンは もともと 日本(にほん)には いなかった 動物(どうぶつ)なので、初(はじ)めて見(み)た人(ひと)が、妖怪(ようかい)だと 思(おも)ったのかもー(長音記号2)
岡崎(おかざき)には 鵺塚(ぬえづか)と 呼(よ)ばれて、平安時代(へいあんじだい)には 恐(おそ)れられていた 場所(ばしょ)も あるし、ハクビシンが 住(す)みついて 人々(ひとびと)を 襲(おそ)っていたのかもしれません。

さて、そろそろ kokokaに 戻(もど)りましょうグッド(上向き矢印)

若王子神社(にゃくおうじじんじゃ)で、ちょっと 休(やす)んで 行(い)きましょう。
DSC_0445.JPG
ここも、まだ 桜(さくら)が ありました。

哲学の道(てつがく の みち)は、桜吹雪(さくらふぶき)が 舞(ま)っていました。
DSC_0448.JPG
夢(ゆめ)のような 光景(こうけい)です。

疎水(そすい)の 水(みず)で、靴(くつ)を すすいでいい気分(温泉)
OS「ぼくも、洗(あら)ういい気分(温泉)
目うん、いいよ〜

ところが、それから OSくんは 無口(むくち)になり、歩(ある)くのも ずいぶん 遅(おそ)くなって しまいました。
最後(さいご)の 信号(しんごう)で…
OS「足痛(あし いた)いどんっ(衝撃)
目あー、そうだったのたらーっ(汗)
OS「ソックス 替(か)えたいどんっ(衝撃)
目なんで?
OS「もー、濡(ぬ)れたむかっ(怒り)
目だって、その靴(くつ)は 防水(ぼうすい)じゃないから、当(あ)たり前(まえ)じゃんたらーっ(汗)
OS「ちっ(怒った顔)むかっ(怒り)あせあせ(飛び散る汗)

さて、OSくんは 無事(ぶじ)に トライアルを クリアしました。
よしえ虫(むし)の 左足(ひだりあし)も 大丈夫(だいじょうぶ)な ようです。
次(つぎ)は もうちょっと長(なが)く 歩(ある)けるかなるんるん
posted by よしえ虫 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | みんちり〜Folk&Geog. club〜

2019年03月23日

啓蟄(けいちつ)

小(ちい)さな 春(はる)を みつけた。
DSC_0382.JPG
サザンカは はらはら おちて

DSC_0383.JPG
ツバキは ぷっくり ひらいて

DSC_0380.JPG
ビオラは ひらひら かぜに ゆれる

DSC_0397.JPG
コブシは そらに ミルクを こぼし

DSC_0406.JPG
スナゴケが にわを おおい

DSC_0405.JPG
ほうしたいが つんつん つきだし

DSC_0403.JPG
やわらかな わかくさが のびてくる

DSC_0409.JPG
かぜは つめたいけれど たいようは もう 春(はる)だ。
posted by よしえ虫 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary