2021年11月30日

深々(しんしん)と

街路樹(がいろじゅ)が 色(いろ)づいてきた。
DSC_0145.JPG
ときどきしか 外出(がいしゅつ)しないので、次(つぎ)に 見(み)るときは、葉(は)が 落(お)ちてしまっている かもしれない。

ネズミは 白菜(はくさい)より キャベツが 好(す)きなのかも。
DSC_0147.JPG
それにしても、自分(じぶん)で 転(ころ)がしておきながら、 位置(いち)が 一旦(いったん) 変(か)わってしまうと、一切齧(いっさい かじ)らなくなる。
神経質(しんけいしつ)なのか、習性(しゅうせい)なのか。

7日(なのか)
『悪チン接種券(あくちん せっしゅけん)』を 受け取(うけ と)ってきた。
DSC_0149.JPG
ローソンの 発券機(はっけんき)の タッチパネルが、よしえ虫(むし)の 指差し確認右に 反応(はんそう)せず、何度(なんど)か 入力(にゅうりょく)しなおした。
そのせいでか、店員(てんいん)に 怪(あや)しまれたようである。
スマホの 画面(がめん)もだが、よしえ虫(むし)の 指差し確認右は 生体認識(せいたいにんしき)されにくい らしい。
やっぱり、虫(むし)だからなのかexclamation&question
ここでも 5Gが 表示(ひょうじ)されていたが、メールの 予約番号(よやくばんごう)を 確認(かくにん)しただけなので 必要(ひつよう)なし。
よしえ虫(むし)は、こんなところで 映画(えいが)なぞ 見(み)ない。
ロームシアターの フロアガイドで 座席(ざせき)を 確認(かくにん)した。
2階1列目(にかい いちれつめ)は、なかなか いい席(せき)であった。
しかし、発券(はっけん)が 1週間前(いっしゅうかんまえ)だと、チケットを 眺(なが)めて ワクワク感(かん)を 味(あじ)わう 期間(きかん)が 短(みじか)い。
まぁ、事情(じじょう)が 流動的(りゅうどうてき)だったから、しかたないのかダッシュ(走り出すさま)

14日(じゅうよっか)
ヴィデオ&変異(へんい) 生(なま) 黒(くろ)ミサツアー『悪チン集団接種(あくちん しゅうだんせっしゅ)』当日(とうじつ)
13:00
目じゃ、黒(くろ)ミサに 行(い)きまーす手(パー)
JI「先生(せんせい) 楽(たの)しんできてくださいるんるん
すでに ミサ用(よう) 戦闘服(せんとうふく)で 授業(じゅぎょう)を していたので、すぐに 出(で)かけた。
ミサの 前(まえ)に、図書館(としょかん)へ 行(い)く 必要(ひつよう)もあったので、ちょっと 急ぎ足(いそぎ あし)で 向(む)かった。
高揚感(こうようかん)と 急ぎ足(いそぎ あし)のせいで、心臓(しんぞう)が バクバクした。
目やばい、やばいあせあせ(飛び散る汗)落ち着(おち つ)け、落ち着(おち つ)けあせあせ(飛び散る汗)
書庫(しょこ)から 本(ほん)を 出(だ)してもらうのを 待(ま)ちながら、騒(さわ)ぎだした 血(ち)を なだめた。
図書館(としょかん)を 後(あと)にし、ミサ会場(かいじょう)へ。
入口(いりぐち)の 掲示板(けいじばん)には ポスターがなく、少々(しょうしょう) 残念(ざんねん)に 思(おも)った。
目どこで、撮影(さつえい)しようかなたらーっ(汗)
ロビーでは 物販(ぶっぱん)に 人(ひと)が 列(れつ)を つくっていた。
直接(ちょくせつ) ロビーに 入(はい)るほうは、列(れつ)もなく すんなり 進(すす)めた。
手首(てくび)で 検温(けんおん)、チケット チェック、消毒(しょうどく)を 経(へ)て、入場(にゅうじょう)。
ホール内(ない)の 撮影(さつえい)は 注意(ちゅうい)されるので、ロビーで。
DSC_0152.JPG
席(せき)に 着(つ)いて しばらくすると、空(あ)いていた 座席(ざせき)も 人(ひと)で 埋(う)めつくされた。
目あせあせ(飛び散る汗)ややっexclamation&question
なんだか 不安(ふあん)になった。
人(ひと)との 距離(きょり)が、数十(すう じゅっ)センチほどしか ないのである。
全(まった)くの 他人(たにん)と、これほど 近(ちか)づいて 一定時間(いっていじかん)を 過(す)ごしても 大丈夫(だいじょうぶ)なのかexclamation&question
感染拡大状況下(かんせんかくだい じょうきょうか)の 生活(せいかつ)に 馴染(なじ)んでしまったので、近距離(きんきょり)に 誰(だれ)かがいるのは 恐怖(きょうふ)でしかない。
次項有次項有次項有
いや、以前(いぜん)から そうだったのかもしれない。
よしえ虫(むし)は 人混(ひとご)みが きらいだし、満員電車(まんいんでんしゃ)なんか 乗(の)らない。
最近(さいきん)は、祭(まつり)も イベントも 行(い)かない。
自宅(じたく)にいるのが いちばんいい。
次項有次項有次項有
14:00
ヴィデオ黒(くろ)ミサの 開演(かいえん)。
両隣(りょうどなり)が ほとんど 動(うご)かないので、腕(うで)を 上(あ)げるのが ためらわれた。
しかし、どうしても 体(からだ)が 反応(だんのう)してしまうので、小(ちい)さく 腕(うで)を 動(うご)かした。
そして、何(なに)よりも 暑(あつ)かった。
人(ひと)が 密集(みっしゅう)するということは、これほど 熱気(ねっき)を 発生(はっせい)させるのか・・・たらーっ(汗)
つまり、この 状況(じょうきょう)が 感染(かんせん)を 拡大(かくだい)させた 要因(よういん)なのだ。
恐怖(きょうふ)を 抱(いだ)きながらの 参拝(さんぱい)は、落ち着(おち つ)かなかった。
しかし、エース長官(ちょうかん)の 登場(とうじょう)で 涙(なみだ)があふれた。
そして、変異(へんい) 生(なま) 黒(くろ)ミサへ。
どんな 形式(けいしき)であれ、ライヴは 心(こころ)が 躍(おど)る。
本当(ほんとう)は、実際(じっさい)に 踊(おど)りたいのだが・・・たらーっ(汗)
少々(しょうしょう) 時間(じかん)オーバーして 終了(しゅうりょう)。
ロビーで 買い物(かい もの)する 信者(しんじゃ)たち。
DSC_0154.JPG
DSC_0153.JPG
よしえ虫(むし)は 一旦帰宅(いったん きたく)。
晩酌(ばんしゃく)の 準備(じゅんび)を して、また 出(で)かけた。
「昼の部(ひる の ぶ)」の 状況(じょうきょう)に 鑑(かんが)みて、荷物(にもつ)は 減(へ)らすことにした。
DSC_0155a.jpg
目いざっパンチexclamation×2
こんどは、入場前(にゅうじょうまえ)に ロビーを 回(まわ)ってみた。
物販(ぶっぱん)は、終了(しゅうりょう)したものも あった。
目片付(かたづ)けモードだなぁ〜end
DSC_0156.JPG
そのとき、物々(ものもの)しい 警察官(けいさつかん)の 一団(いちだん)が 現(あらわ)れた。
目なんだぁexclamation&question
4〜5人(し ご にん)の 警察官(けいさつかん)と、軽武装(けいぶそう)した 警備員(けいびいん)が、女性(じょせい)を 取り押(とり お)さえていた。
女性(じょせい)は 何(なに)か 訴(うった)えていたが、その声(こえ)は 尋常(じんじょう)ではなかった。
何(なに)を 言(い)っているのか 聞き取(きき と)ろうとしたが、よくわからなかった。
そこへ、スタッフが 小走(こばし)りに やってきた。
女性(じょせい)は 座り込(すわり こ)んで、抵抗(ていこう)していた。
しかし、10名(じゅうめい)ほどに 押さえ込(おさえ こ)まれて、女性(じょせい)は 連行(れんこう)されていった。
目あっひらめきひらめきひらめき
よしえ虫(むし)は 気(き)がついて、あの 貼紙(はりがみ)を 見(み)に 行(い)った。
InkedDSC_0157a_LI.jpg
目こいつだーーーどんっ(衝撃)
まさか、ここに 出現(しゅつげん)するとは 思(おも)いもしなかった。
騒(さわ)ぎが おさまったので、入場(にゅうじょう)することにした。
手首(てくび)の 検温(けんおん)は 35℃台(さんじゅうご ど だい)を 示(しめ)していた。
目あー、さっきまで 水仕事(みずしごと)していたしなぁ〜たらーっ(汗)
と、思(おも)った。
チケット チェック、消毒(しょうどく)を 経(へ)て、再(ふたた)び 入場(にゅうじょう)。
次項有次項有次項有
しかし、検温(けんおん)には 意味(いみ)があるのか?
よしえ虫(むし)の 今朝(けさ)の 基礎体温(きそたいおん)は 37℃(さんじゅうなな ど)を 越(こ)えていた。
そこから だんだん 低下(ていか)するのだが、35℃(さんじゅうご ど)になったのは、以前(いぜん) 低体温症(ていたいおんしょう)に なりかけたとき くらいである。
今(いま)は、そこまで 体(からだ)の 異変(いへん)を 感(かん)じていない。
明(あき)らかに、手先(てさき)が 冷(ひ)えている だけである。
つまり、検温(けんおん)は 形式的(けいしきてき)な ものでしかない。
次項有次項有次項有
「夜の部(よる の ぶ」は、座席(ざせき)に 間隔(かんかく)があった。
言(い)いようのない 安心感(あんしんかん)があった。
並(なら)びの 信者(しんじゃ)も、心得(こころえ)ている 方々(かたがた)で、同(おな)じように 腕(うで)を 上(あ)げ、拍手(はくしゅ)し クスクス笑(わら)っていた。
目やはり、これくらいが いいねーいい気分(温泉)
これから ライヴは どうなるのか わからないが、緊張(きんちょう)して 参加(さんか)すれば、楽曲(がっきょく)も トークも、時間(じかん)の 共有(きょうゆう)も 楽(たの)しめない。
それなら、ライヴ配信(はいしん)で 楽(たの)しんだほうがいい。
退場時(たいじょうじ)に 「マスクメガホン」を 受け取(うけ と)った。
DSC_0158.JPG
これは、WQちゃんの 授業(じゅぎょう)に 持(も)っていくことにする。
帰宅後(きたくご)、悪チン(あくちん)の 副反応(ふくはんのう)を 楽(たの)しみながら、晩酌(ばんしゃく)にした。

DSC_0189.JPG
紅葉(こうよう)が 人(ひと)を よんでいる。
久(ひさ)しぶりに 外出(がいしゅつ)すると、世の中(よ の なか)が 2年前(にねんまえ)に 戻(もど)りつつあることを 実感(じっかん)する。
人(ひと)が 多(おお)いところは、きらいだexclamation×2

今月(こんげつ)は 蚊(か)の 被害(ひがい)が ものすごい。
ありえない部分(ぶぶん)まで 刺(さ)されまくっている。
どこで 刺(さ)されたのか、いつ刺(さ)されたのか、全(まった)く 気(き)づかない。
手の甲(て の こう)や 眉毛(まゆげ)は、寝(ね)ている 間(あいだ)にちがいない。
しかし、背中(せなか)や 臍(へそ)は、いつ どこでexclamation&question

22日(にじゅうに にち)
翌日(よくじつ)の 寒波予報(かんぱよほう)に 備(そな)えて、冬支度(ふゆじたく)を 完了(かんりょう)した。
こんなに 手際(てぎわ)よく 準備(じゅんび)できたのは 初(はじ)めてかもしれない。
在宅(ざいたく)の おかげだ。
ここのところ、ネズミが 白菜(はくさい)も キャベツも 食(た)べなくなった。
寒(さむ)くなったからか?と 思(おも)っていたが、天井裏(てんじょううら)の 足音(あしおと)が 増(ふ)えているのに 気(き)がついた。
しかも、小(ちい)さな 足(あし)の 音(おと)である。
ネズミの 赤(あか)ちゃんが 誕生(たんじょう)したのだハートたち(複数ハート)
あの 食欲(しょくよく)は、赤(あか)ちゃんを 生(う)むためだったのかかわいい
posted by よしえ虫 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2021年10月31日

新日常(しん にちじょう)

9月(くがつ)は ゴキゲンなまま 終(お)わるかに 思(おも)われた。
しかしexclamation×2最後(さいご)の 最後(さいご)に アクシデントが 発生(はっせい)した。
アルの 後脚(うしろあし)に 長大(ちょうだい)な 木螺子(もくねじ)が 刺(さ)さったのであるどんっ(衝撃)
道路(どうろ)を 通行(つうこう)していると、ポフンexclamationと 音(おと)がした。
違和感(いわかん)を 覚(おぼ)えて、アルを 止(と)め、脚(あし)を チェックした。
すると、見事(みごと)に 木螺子(もくねじ)が 刺(さ)さっていた。
目あ˝ーーーーーむかっ(怒り)
ブチっと 木螺子(もくねじ)を 引(ひ)っこ 抜(ぬ)いて、投げ捨(なげ す)てた。
この道(みち)は しばらく 通(とお)らないことにする。
スーパーへ 向(む)かうのをやめ、アルを 引(ひ)いて 引き返(ひき かえ)した。
一刻(いっこく)も 早(はや)く アルの 治癒(ちゆ)に 努(つと)めねばならない。
しかも13:00には WWさんの 家(うち)へ 行(い)かねばならない。
大至急(だいしきゅう)であるあせあせ(飛び散る汗)
という心境(しんきょう)とは 裏腹(うらはら)に、よしえ虫(むし)は のんきに 散歩(さんぽ)している 人(ひと)のように 見(み)られる。
もどかしげに 追い越(おい こ)していく 人(ひと)がいても、アルの 脚(あし)を 第一(だいいち)におもい、慎重(しんちょう)に 歩(ほ)を 進(すす)めた。
《自転車屋(じてんしゃや)に 到着(とうちゃく)》
目すみませーん、パンクしちゃってあせあせ(飛び散る汗)
自転車屋(じてんしゃや)「あー、はい手(パー)
そう言(い)って、アルの 後脚(うしろあし)を 回(まわ)しだした。
目タイヤが もうダメだと思(おも)うんで、タイヤごと 交換(こうかん)してくださいあせあせ(飛び散る汗)
自転車屋(じてんしゃや)「あっ、ほんまやねー」
そして、アルを 一通(ひととお)り 見(み)てサーチ(調べる)
自転車屋(じてんしゃや)「前(まえ)の ブレーキが 半分(はんぶん)しか 効(き)かなくなっているし、これも パッドを 交換(こうかん)したほうがいいねグッド(上向き矢印)
目じゃ、それも お願(ねが)いしますあせあせ(飛び散る汗)
自転車屋(じてんしゃや)「1時(いちじ)くらいに できますよ」
目あっ、あー、わかりました手(パー)
時計時計時計時計
治療(ちりょう)を 待(ま)っている間(あいだ)に 散歩(さんぽ)しつつ 考(かんが)えた。
9月26日(くがつ にじゅうろく にち)の 朝(あさ)、いい夢(ゆめ)を 見(み)た。
それは、大(おお)きな アゲハチョウが 飛(と)んできて 頭(あたま)にとまり、また 空(そら)に はばたいていく というものだった。
目そうかexclamation×2あの夢(ゆめ)は アルの タイヤ交換(こうかん)の 予知夢(よちむ)だったのかexclamation×2
チョウの 夢(ゆめ)は、新(あたら)しい 何(なに)かが もたらされる という 意味(いみ)がある。
まさに、アルの 新(あたら)しい 脚(あし)が もたらされた。
今年中(ことしじゅう)には アルの 脚(あし)を 交換(こうかん)したいと 思(おも)っていたので、ちょうどいい タイミングだったのかもしれない。
時計時計時計時計
少(すこ)し 早(はや)かったが 自転車屋(じてんしゃや)に 戻(もど)ってみると、治療(ちりょう)は 終(お)わっていた。
目ありがとうございますハートたち(複数ハート)
自転車屋(じてんしゃや)「用事(ようじ)に 間に合(まに あ)いますか?」
目はい、大丈夫(だいじょうぶ)ですexclamation×2
自転車屋(じてんしゃや)「お気(き)をつけて手(パー)
目ありがとうございました黒ハート黒ハート黒ハート
DSC_0102.JPG

DSC_0105.JPG
新(あたら)しい 後脚(うしろあし)ぴかぴか(新しい)

DSC_0104.JPG

DSC_0103.JPG
新(あたら)しい ブレーキパッドNEW

今月(こんげつ)の オンライン授業(じゅぎょう)は、この 背景(はいけい)で 行(おこな)っております。
だんだん 仲間(なかま)が 増(ふ)えています。
DSC_0108.JPG

10月2日((じゅうがつ ふつか)
目覚(めざ)めると、金木犀(きんもくせい)の 香(かお)りがした。
庭(にわ)の 金木犀(きんもくせい)が 開花(かいか)したのである。
今年(ことし)は 1週間(いっしゅうかん)くらい 遅(おそ)かった。
その分(ぶん) 秋(あき)が 長(なが)くなれば いいのだが、そんなことも ないだろう。
その日(ひ)、見慣(みな)れない ネコ猫が 縁側(えんがわ)に 上(あ)がっていた。
網戸越(あみど ご)しに、部屋(へや)の 中(なか)を 見(み)まわしていた。
よく見(み)ると 首輪(くびわ)に 大(おお)きな 鈴(すず)を つけていた。
どこかの 飼(か)いネコ猫らしかった。
よしえ虫家(むし け)では ネコ猫は 猛獣扱(もうじゅう あつか)いなので、早々(そうそう)に 立ち去(たち さ)ってもらった。
後日(ごじつ)、町内掲示板(ちょうないけいじばん)を 見(み)ると、近所(きんじょ)の 飼(か)いネコ猫が 脱走(だっそう)したという 張り紙(はり がみ)が してあった。
目あっexclamation×2アイツ猫exclamation×2
次(つぎ)に 見(み)かけたら、保護(ほご)しようと 思(おも)う。

6日(むいか) 朝(あさ) 8時台前半(はちじ だい ぜんはん)
NHKラジオ 第一(だいいち)を 聞(き)いていた。
アナ「それでは ここで 音楽(おんがく)です。ヴァン・ヘイレンで ユーラプション
目えぇーーー揺れるハートNHKで エディを かけてくれるのぉ〜るんるん
しかも 伝説(でんせつ)の ギター・ソロ曲(きょく)であるexclamation×2
よしえ虫(むし)は 1年前(いちねんまえ)と 同(おな)じように ラジオの 前(まえ)に しゃがみこんで 号泣(ごうきゅう)してしまった。
CDが あるから、もちろん いつでも 聞(き)けるけれど、ラジオっ子(こ)には ラジオから 流(なが)れてくるのが 格別(かくべつ)な 意味(いみ)と 嬉(うれ)しさがある。

そして、ずっと 気(き)になっていた あるアナウンサーの 曲紹介(きょくしょうかい)の 癖(くせ)も、注意(ちゅうい)してもらったようで、なくなった。
《スタイル・カウンシルを 紹介(しょうかい)したときに 「歌(うた)で」と 言(い)ったので、我慢(がまん)できなくなってしまい 注意(ちゅうい)メールを おくったのである爆弾
その アナが 担当(たんとう)している 番組(ばんぐみ)でも、7日(なのか)
アナ「それでは ここで 音楽(おんがく)です。ヴァン・ヘイレンで パウンド・ケーキ
と、エディを かけてくれた。
ふたたび 号泣(ごうきゅう)。さらに、その アナにも 感謝(かんしゃ)の メッセージを おくった。

15日(じゅうごにち)
水出し麦茶(みずだし むぎちゃ)の 最終日(さいしゅうび)。
54パック 入(い)りの 一袋(ひとふくろ)を 飲(の)みきったのである。
残暑(ざんしょ)の 終(お)わりと、ぴったり 合(あ)った。

19日(じゅうく にち)
ワクチン接種(せっしゅ)の 2回目(にかいめ)だった。
DSC_0113.JPG
今回(こんかい)は ちょっと 涼(すず)しくなったので、Tシャツという わけにはいかなかった。
そのため、自作(じさく)の 袖(そで)なしアオザイを 着(き)て、呑龍(どんりゅう)パーカーを 羽織(はお)って 行(い)った。
DSC_0114.JPG
目いざーーーーっパンチ
話(はなし)によると、2回目(にかいめ)は ひどいことになるらしいので、かなり 気合(きあい)を 入(い)れて 臨(のぞ)んだ。
14:30の 予約者(よやくしゃ)の 1番目(いちばんめ)の グループに 入(はい)れた。
前回同様(ぜんかい どうよう)に 手続(てつづ)きを 経(へ)て、接種(せっしゅ)へと すすんだ。
目今回(こんかい)は 右(みぎ)に おねがいします右斜め下
打ち手(うちて)「はい、わかりました手(パー)
椅子(いす)に 座(すわ)るやいなや、パーカーを 方肌脱(かたはだ ぬ)ぎにした。
打ち手(うちて)「おっexclamation&questionあせあせ(飛び散る汗)
目おねがいしまーす手(グー)
打ち手(うちて)「力(ちから)を 抜(ぬ)いて 楽(らく)にしてくださいねたらーっ(汗)
目あっ、はいあせあせ(飛び散る汗)
気合(きあい)が 入(はい)りすぎていたらしいバッド(下向き矢印)
打ち手(うちて)「会場(かいじょう)を 出(で)るまで、これを つけておいてくださいね新月
目はい、わかりました新月
経過観察(けいかかんさつ)の 時間(じかん)を 待(ま)って、会場(かいじょう)を 後(あと)にした。
DSC_0001.JPG
腕(うで)に つけられた 輪(わ)っかは、そのままにして 帰宅(きたく)した。
こんなもの つけられて、分別(ぶんべつ)されるのは 一生(いっしょう)のうち 何度(なんど)もあるまい。
その日(ひ)は、何(なに)も 起(お)こらず、いつもどおりに 過(す)ごした。
翌朝(よくあさ) 目覚(めざ)めてすぐ、発熱(はつねつ)に 気(き)づいた。
まだ 起(お)きる 時間(じかん)では なかったので、そのまま 寝(ね)ていた。
5:00に 基礎体温(きそたいおん)を 測(はか)ってみると、38.34℃だった。
目おっexclamation×2副反応(ふくはんのう)だグッド(上向き矢印)やったぁーるんるん
発熱(はつねつ)の 原因(げんいん)は はっきりしているので、いつも通(どお)りに 朝食(ちょうしょく)にして、解熱剤(げねつざい)を 飲(の)んだ。
しばらくすると、薬(くすり)が 効(き)いてきて 発熱(はつねつ)からくる だるさも なくなった。
そして、何事(なにごと)も なかったように、授業(じゅぎょう)をこなした。
2回目(にかいめ)の 副反応(ふくはんのう)さえ 一瞬(いっしゅん)で 終(お)わった。
よしえ虫(むし)の 抗体(こうたい)は さらに パワーアップした ようである。

21日(にじゅういち にち)
白菜(はくさい)が 安(やす)くなっていたので、一玉(ひとたま) 買(か)った。
いつもの場所(ばしょ)に 立(た)てて 置(お)いておいた。
すると、翌日明け方(よくじつ あけがた)、パリパリと プラスチック・フィルムを ひっかく 音(おと)が 聞(き)こえた。
目眠い(睡眠)あー、ネズミちゃんだなー眠い(睡眠)
と 思(おも)いつつ 横(よこ)になっていた。
それにしても パリパリ カチャカチャ うるさいので、その日(ひ)の 夜(よる)は 白菜(はくさい)を 寝(ね)かせて 置(お)いた。
すると 23日(にじゅうさん にち) 朝起(あさ お)きてみると、白菜(はくさい)がexclamation&question
DSC_0115.JPG
見事(みごと)に 齧(かじ)られていた。
横(よこ)にしたため 齧(かじ)りやすくなって、プラスチック・フィルムの 音(おと)を 立(た)てずに済(す)んだようだ。
DSC_0116.JPG
内側(うちがわ)の 葉(は)が おいしいことを、ちゃんと 知(し)っている。
賢(かしこ)い ネズミである。
置き方(おき かた)の 問題(もんだい)か、ちょっと 斜(なな)めになったので、こんどは 反対向(はんたいむ)きに 置(お)いた。
24日朝(にじゅうよ っか あさ)
DSC_0118.JPG
目ほらexclamation均等(きんとう)に 齧(かじ)ってあるかわいい
この ネズミは 春先(はるさき)から 通(かよ)ってきているのだが、今(いま)までで いちばん賢(かしこ)い。
以前(いぜん)も キャベツを 齧(かじ)ったことがあるのだが、場所(ばしょ)を 移動(いどう)してしまうと、一切齧(いっさい かじ)らなくなった。
今回(こんかい)も そうすれば 齧(かじ)らないことは わかっている。
しかし、最近(さいきん) 何(なに)も 置(お)いてなかったので、おなかを 空(す)かせてるだろうし、冬支度(ふゆじたく)も 必要(ひつよう)だろうと 思(おも)い、白菜(はくさい)は シェアすることにした。
目穴施行(あなせぎょう)ハートたち(複数ハート)
25日朝(にじゅうご にち あさ)
DSC_0119.JPG
目けっこう 食(た)べたねーハートたち(複数ハート)
DSC_0120.JPG

DSC_0121.JPG
ネズミは 中心(ちゅうしん)の 一番(いちばん)おいしい 部分(ぶぶん)を 目指(めざ)して、齧(かじ)り 進(すす)んでいた。
よしえ虫(むし)は 外側(そとがわ)の 葉(は)の 白(しろ)い 部分(ぶぶん)を 食(しょく)している。
見事(みごと)な 食べ分(たべ わ)けである手(チョキ)
26日朝(にじゅうろく にち あさ)
DSC_0123.JPG

DSC_0122.JPG

DSC_0124.JPG
ネズミは さらに 齧(かじ)り 進(すす)めていた。
確実(かくじつ)に 中心(ちゅうしん)に 向(む)かって 堀(ほ)り 進(すす)めている。
次(つぎ)は 90度(きゅうじゅうど) 回転(かいてん)させて 置(お)いておこう。
27日朝(にじゅうなな にち あさ)
よしえ虫(むし)も 食(しょく)しているため、だいぶ 小(ちい)さくなった。
DSC_0126.JPG

DSC_0125.JPG
本日(ほんじつ) シェアすると、だいたい 無(な)くなりそうな 気配(けはい)である。
ちょうど 一週間(いっしゅうかん)。
目また明日(あした)、白菜(はくさい)を 買(か)ってこようふくろ
28日(にじゅうはち にち)
白菜(はくさい)を 買(か)ってきた。
今日(きょう)は めずらしく 授業(じゅぎょう)が なかったので、外出(がいしゅつ)する 用事(ようじ)を まとめて こなしてきた。
おかげで、1万5800歩(いちまん ごせん はっぴゃっ ぽ)も 歩(ある)けた。
DSC_0133.JPG
ネズミには 新(あたら)しい 白菜(はくさい)を 食(た)べてもらう ことにして、今夜(こんや)は 小(ちい)さくなったほうを よしえ虫(むし)が 食(た)べる。
DSC_0127.JPG
目見事(みごと)に 食(た)べたねーかわいい
DSC_0134.JPG

DSC_0135.JPG

DSC_0136.JPG
よしえ虫(むし)は 白菜(はくさい)の 白(しろ)い 部分(ぶぶん)が 好(す)きである。
特(とく)に、この 芯(しん)が 好(す)きだ。
だから、ネズミに 葉(は)の 部分(ぶぶん)を 進呈(しんてい)して、白(しろ)い ところを 食(た)べる。
以前(いぜん)だと、葉(は)の 部分(ぶぶん)が 多(おお)くて 食(た)べきるのに 時間(じかん)が かかった。
今冬(こんとう)は、ネズミの おかげで、しなびた 白菜(はくさい)の 葉(は)を 食(た)べずとも よさそうである。
29日朝(にじゅうく にち あさ)
さて、白菜(はくさい)は どうなったかexclamation&question
DSC_0138.JPG
一見(いっけん) なんの 変哲(へんてつ)もない 白菜(はくさい)満月
ところが 毎夜毎晩(まいよ まいばん) なにかの 齧(かじ)る 音(おと)が
聞(き)こえる とか 聞(き)こえない とか・・・人影
DSC_0137.JPG
目うん、食(く)い 散(ち)らかしてるねーいい気分(温泉)
まずは、ささーっと 掃除(そうじ)した。
そして、白菜(はくさい)はバッド(下向き矢印)
DSC_0139.JPG
はい、この通(とお)りexclamation
DSC_0140.JPG
規則正(きそく ただ)しく、同(おな)じ 分量(ぶんりょう)を 食(た)べていた。
なかなか いいカンジである。

8月(はちがつ)の 人間椅子(にんげんいす)の アルバムの プレゼントに 応募(おうぼ)してあった。
それが 当選(とうせん)したexclamation×2
DSC_0130.JPG
100人(ひゃく にん)に 当(あ)たるのだが、まさか 当選(とうせん)するとは 思(おも)っていなかった。
しかし、こんな ところで 運(うん)を 使(つか)ってしまうと、あとで 何(なに)か あるのではないかと 心配(しんぱい)にもなる。
まぁ、これまで通(どお)り 日々(ひび) 慎重(しんちょう)に 生活(せいかつ)していこう。

たまに 外出(がいしゅつ)すると、驚(おどろ)く ことが多(おお)い。
人気店(にんきてん)の 前(まえ)には、2年前(にねんまえ)と 変(か)わらない 光景(こうけい)が あった。
DSC_0132.JPG
目第6波(だい ろっ ぱ)も 近(ちか)いなダッシュ(走り出すさま)

今年(ことし)の 金木犀(きんもくせい)は 開花(かいか)に 波(なみ)がある。
月初(げっしょ)に 香(かお)りが 漂(ただよ)ったが、月末(げつまつ)になって また いい香(かお)りを 届(とど)けている。
日当(ひあ)たりの 違(ちが)いで、開花時期(かいかじき)が 変化(へんか)したのだろうか?
いずれにしても、長(なが)く 楽(たの)しめるのは 嬉(うれ)しいかぎり。

嬉(うれ)しいこと、もう一つ(ひとつ)。
川柳(せんりゅう)が 連続3回(れんぞく さん かい) 採用(さいよう)されたハートたち(複数ハート)
しかも、WQちゃんの 作品(さくひん)も 1回(いっ かい) 読(よ)まれたるんるん
なんだか、コツがつかめてきたように 感(かん)じる。

31日(さんじゅういち にち)
衆議院議員選挙(しゅうぎいん ぎいん せんきょ)
DSC_0141.JPG
ついでに 5000歩(ごせん ぽ)ほどの 散歩(さんぽ)も してきた。
近所(きんじょ)の 脱走猫(だっそう ねこ)猫は、昨日(きのう) 無事(ぶじ)に 見(み)つかったらしい。
今月(こんげつ)こそ、ゴキゲンで 終(お)われそうである。
posted by よしえ虫 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2021年09月30日

彼岸(ひがん)

今夏(こんか)は 短(みじか)かったような 気(き)がする。
八月(はちがつ)の 中盤(ちゅうばん)に 長雨(ながあめ)があった せいかもしれない。
九月(くがつ)に 入(はい)ると、朝晩(あさばん) 涼(すず)しくなった。
扇風機(せんぷうき)も 出番(でばん)が 減(へ)った。
涼(すず)しくなると、食欲(しょくよく)が 増(ま)すのか、また 蚊(か)や ダニに 御馳走(ごちそう)を 振舞(ふるま)っている。
DSC_0095.JPG
蚊取線香(かとりせんこう)と ダニブロックは、まだ 稼働(かどう)せねばなるまい。

珍(めずら)しく ツブリンが 窓(まど)に 貼(は)りついていた。
本名(ほんみょう)は カタツムリだが、よしえ虫家(むし け)では ツブリンと 呼(よ)んでいる。
ナメちゃんは 頻繁(ひんぱん)に 出没(しゅつぼつ)するが、家付(いえつき)ツブリンは あまり 出(で)てこない。
ツブリンは、ちいさな 触覚(しょっかく)を クリクリさせて、這(は)いあがっていく。
時々(ときどき) チラ見(み)しながら、授業(じゅぎょう)をしていた。
目ほんとうに カワイイなぁ〜ハートたち(複数ハート)
そう思(おも)いながら、GRさんと 話(はな)していた。
すると、何(なに)か 大(おお)きな 黒(くろ)いものが、窓(まど)を かすめた。
そして、ツブリンの いる 窓(まど)に 止(と)まった。
目なにexclamation&question
黒(くろ)い 影(かげ)は、バサバサと 羽(は)ばたいて 飛(と)び 去(さ)った。
そのあとに、ツブリンの 姿(すがた)は なかったたらーっ(汗)
目あっexclamation×2ツブリンどんっ(衝撃)
GR「先生(せんせい) どうしたのexclamation&question
目ツブリンが ヒヨちゃんに 食(た)べられちゃったあせあせ(飛び散る汗)
GR「なにexclamation&questionどういうことなんexclamation&question
目カタツムリが ヒヨドリに 食(た)べられた ということですもうやだ〜(悲しい顔)
GR「カタツムリって あの ぐるぐるの 貝殻(かいがら)が 乗(の)っかってるexclamation&question
目うんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
DSC_0093.JPG
GR「あっ、かわいいかわいい
目うん、でも もういないend
GR「これが 最後(さいご)の 姿(すがた)やなぁ〜ダッシュ(走り出すさま)
目そう、御遺影(ごいえい)ですたらーっ(汗)

7日(なのか)、体温(たいおん)が 36.77℃だった。
目7(なな)が 三(みっ)つ 並(なら)んで、何(なに)か いいことありそうるんるん

今月(こんげつ)は 大相撲九月場所(おおずもうくがつばしょ)が あった。
宮城野部屋(みやぎのべや)で コロナ感染者(かんせんしゃ)が 出(で)て、部屋(へや)ごと 休場(きゅうじょう)になってしまった。
それは 残念(ざんねん)だったが、やはり 宇良関(うら ぜき)や 照強関(てるつよし ぜき)や 琴恵光関(ことえこう ぜき)などが 土俵(どひょう)を わかせると、テンションもあがる。
会場(かいじょう)では できないが、家(うち)なら 声上(こえ あ)げて 応援(おうえん)できる。
スポーツって、こういうこと なんだと思(おも)う。
本来(ほんらい)の 意味(いみ)は 「気晴(きばら)らし」なのだから、叫(さけ)んで 喜(よろこ)んで 拍手(はくしゅ)することが スポーツなんだ。
それなら、よしえ虫(むし)にとっては、YouTubeで 爬虫類(はちゅうるい)の 動画(どうが)を 見(み)るのも スポーツかな。
エサを 食(た)べきるまで 「がんばれexclamation」って 応援(おうえん)して、完食(かんしょく)したら 拍手(はくしゅ)して 喜(よろこ)ぶ。
爬虫類(はちゅうるい)が だんだん 成長(せいちょう)していくのを 見(み)るのも、力士(りきし)が 番付(ばんづけ)を 上(あ)げていくのを 見守(みまも)るのと 似(に)ている。
少(すく)なくとも、よしえ虫(むし)にとっては・・・

20日(はつか)の 午後(ごご)、突然(とつぜん) 電話(でんわ)が 鳴(な)った。
出(で)てみると、京都市(きょうとし)からだった。
突然(とつぜん)の ワクチン接種(せっしゅ) 予約(よやく)の 連絡(れんらく)だった。
しかも、明日(あした)だと いう。
あまりにも 突然(とつぜん)すぎないかexclamation&question
たまたま JIさんが 授業時間(じゅぎょうじかん)を 変更(へんこう)したので、予約(よやく)できた。
予約(よやく)を 済(す)ませて 電話(でんわ)を 切(き)ると、メールが 来(き)ていた。
mail to「予約(よやく)が 完了(かんりょう)したので お知(し)らせします」
ということは、一人一人(ひとりひとり) 手動(しゅどう)で メールを 送(おく)っているということか。
ITの 利便性(りべんせい)を わかっているのかexclamation&question

翌21日(よく にじゅういち にち)、14:00に 歩(ある)いて 会場(かいじょう)へ 向(む)かった。
14:10 到着(とうちゃく)。
30分(さんじゅっ ぷん)ごとに 108人(ひゃくはち にん)が 接種(せっしゅ)する。
着(つ)いたときは まだ14:00の 接種者(せっしゅしゃ)が 残(のこ)っていた。
10分(じゅっ ぷん)ほどすると、14:00の 札(ふだ)が 15:00に 替(か)えられた。
14:30 接種開始(せっしゅかいし)。
書類(しょるい)の 確認(かくにん)、体温測定(たいおんそくてい)、予診(よしん)を 経(へ)て、接種(せっしゅ)へ。
打手(うちて)「利き手(きき て)じゃないほうに 打(う)ちますね左斜め下
目両利(りょうき)き なんですけど左斜め上右斜め上
打手(うちて)「腕(うで)を 上(あ)げられなくて 仕事(しごと)で 困(こま)ったという方(かた)も いましたよー手(パー)
目じゃ、今回(こんかい)は 左(ひだり)で左斜め下
打手(うちて)「大丈夫(だいじょうぶ)ですかexclamation&question
目普通(ふつう)は パソコン作業(さぎょう)だから 大丈夫(だいじょうぶ)だと 思(おも)います左斜め下
打手(うちて)「じゃ、この辺(へん)に いきますねsoonはいexclamation×2
目えっexclamation&question
打手(うちて)「しびれていませんか?」
目いいえたらーっ(汗)
打手(うちて)「今日(きょう)は お風呂(ふろ)に 入(はい)ってもいいですが、ここを 強(つよ)く こすらないでくださいひらめき
目はい、わかりました手(パー)
打手(うちて)「それから お酒(さけ)は 飲(の)まないでくださいひらめき
目・・・ ・・・ ・・・バッド(下向き矢印)
打手(うちて)「じゃ、あちらで 2回目(にかいめ)の 予約(よやく)を してくださいね2
目はーいかわいい
次(つぎ)に 進(すす)んで 2回目(にかいめ)の 予約(よやく)を すると、すぐに メールが (き)来た。
mail to「予約(よやく)が 完了(かんりょう)したので お知(し)らせします」
目あー、あそこで 送(おく)ってるのねたらーっ(汗)
携帯(けいたい)には 5Gの 表示(ひょうじ)が 出(で)ていた。
目ここも 5Gが 入(はい)るのか、まっ いらんけどダッシュ(走り出すさま)
予約確認(よやくかくにん)メールを 受け取(うけ と)るのに 5Gは いらんむかっ(怒り)
14:50まで 経過観察(けいかかんさつ)をして 退場(たいじょう)。
DSC_0096.JPG
全過程(ぜんかてい) 40分(よんじゅっ ぷん)で 完了(かんりょう)。
徒歩(とほ)で 帰宅(きたく)。
結局(けっきょく)、何(なん)の 副反応(ふくはんのう)もなく ワクチン効果(こうか)も 実感(じっかん)がない。
mRNA「この 生体(せいたい)は 変更箇所(へんこうかしょ)が 少(すく)ないぞexclamation&question
mRNA「仕事(しごと)が 楽(らく)で ラッキーるんるん
mRNAたちの 喜(よろこ)ぶ 声(こえ)が 聞(き)こえて きそうである。

ここのところ、トイレに アシダカさんが 住(す)みついている。
アシダカさんは アシダカグモである。
まだ、オチビさんなので 夜中(よなか)などは 踏(ふ)まないように そーっと 入(はい)るようにしている。
数日(すうじつ)したら、もう少(すこ)し 小(ちい)さい ベイベーが 加(くわ)わった。
どちらも、カワイイ揺れるハート
26日夜(にじゅうろく にち よる)、タンクの 下(した)に 何(なに)か 落(お)ちていた。
目exclamation&question
摘(つ)まみ 上(あ)げてみると、脱皮殻(だっぴがら)だった。
目おぉーーーるんるん一回(ひとまわ)り 大(おお)きくなったんだねーグッド(上向き矢印)
DSC_0099.JPG
ヘビの抜殻(ぬけがら)を 財布(さいふ)に 入(い)れておくと、お金(かね)がたまると いうが、クモの殻(から)にも 何(なん)らかの 効果(こうか)は あるのだろうか?
とりあえず、コインケースに 入(い)れておいてみよう。

様々(さまざま)なことが 自粛(じしゅく)を 強要(きょうよう)されている。
そもそも「自粛(じしゅく)」とは、自(みずか)ら すすんで 活動(かつどう)を 控(ひか)えることである。
上(うえ)から、まして 周囲(しゅうい)から 命(めい)じられたり 要請(ようせい)されたり するものではない。
日本人(にほんじん)の ある一部(いちぶ)の 皆(みな)さん、日本語(にほんご)を 間違(まちが)えていますよー演劇

そのような状況(じょうきょう)で、ライヴを 再開(さいかい)してくれるのは 非常(ひじょう)に ありがたいことである。
先月(せんげつ) 新譜(しんぷ)を リリースしたので、人間椅子(にんげんいす)が ライヴツアーを 行(おこな)っている。
しかしながら、ここにも「自粛(じしゅく)」の 影(かげ)が つきまとっている。
よしえ虫(むし)は、ライヴハウスに 行(い)くことを 自粛(じしゅく)した。
大阪(おおさか)へ 行(い)くのは、感染(かんせん)リスクが 高(たか)いからだ。
すると、有料配信(ゆうりょうはいしん)ライヴが 決定(けってい)した。
きっと あるだろうと 期待(きたい)していたが、最終日(さいしゅうび)の 東京公演(とうきょうこうえん)が 配信(はいしん)されることになった。
チケットを 発売(はつばい)と 同時(どうじ)に 購入(こうにゅう)し、10日間(とおかかん)ほど ワクワクしながら 待(ま)っていた。
2021-09-19t.png
毎日(まいにち) この画面(がめん)を 開(ひら)いて見(み)た。
開(ひら)いたところで、何(なに)か 変(か)わるわけでもない。
でも、ライヴ当日(とうじつ)まで チケットを 眺(なが)めているのと 同(おな)じ 心境(しんきょう)であった。

27日(にじゅうなな にち) 18:20
2021-09-27 (1).png
いよいよ 始(はじ)まるexclamation×2
配信(はいしん)の いいところは、自宅(じたく)で 楽(たの)しめる ことである。
開演前(かいえんまえ)は チャットで 交流(こうりゅう)もできる。
会場(かいじょう)では マスク着用(ちゃくよう) 無声援(むせいえん)だが、家(うち)なら 大声出(おおごえ だ)して ノリノリで 楽(たの)しめる。
それに、フリードリンクビールバービールバー
目えいえいおーるんるん
目それそれそれそれーるんるん
目やーれやーれやーれやーるんるん
目けんちゃーーーん黒ハート
約2時間(やく にじかん)、叫(さけ)びまくって 心(こころ)が 満(み)たされた。
明日(あした)からは、アーカイヴで じっくり 鑑賞(かんしょう)しようぴかぴか(新しい)

2021-10-03.png
posted by よしえ虫 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter