2017年01月01日

元旦(がんたん)

昨夜(さくや)は 力尽(ちから つ)きて 21:00を 待(ま)たずに 床(とこ)に ついてしまった。
初(はじ)めて、除夜の鐘(じょやの かね)が うるさいと 思(おも)った。
うとうと すると、ごぉ〜〜〜〜んと 鳴(な)る。
鳴(な)りやんだのは 12:10だった。

そして、今朝(けさ)は ゆっくりと 起(お)きて、雑煮(ぞうに)を 作(つく)った。
IMG_6226.JPG
椎茸(しいたけ)を 入れ忘(いれ わす)れた。
元旦(がんたん)のみの 特別(とくべつ)な 朝食(ちょうしょく)だ。

食事(しょくじ)が すむと、身支度(みじたく)をして 初詣(はつもうで)に 出発(しゅっぱつ)した。
毎年(まいとし)同(おな)じルートだ。
今日(きょう)は ほんとうに 暖(あたた)かい。
少(すこ)し 歩(ある)くと 汗(あせ)ばんで しまうほどだ。

東大路(ひがしおおじ)に でて、まずは 熊野神社(くまのじんじゃ)に 参拝(さんぱい)した。

南(みなみ)は 新熊野神社(いまくまのじんじゃ)まで。
IMG_6228.JPG
ここで、大樟(おおくすのき)に ごあいさつを。
これは、後白河法皇(ごしらかわほうおう)が 植(う)えたと 言(い)われている。
IMG_6229.JPG 

人(ひと)の 大群(たいぐん)が 吸い込(すい こ)まれていく 八坂神社(やさかじんじゃ)を 通(とお)り すぎた。
バスも バス停(てい)に 行列(ぎょうれつ)を 作(つく)っている ほど だった。
東大路(ひがしおおじ)から すいっと 横道(よこみち)にそれて、粟田神社(あわたじんじゃ)へ 向(む)かった。
6230^33.jpg
ここは 眺(なが)めが いい。
城丹尾根(じょうたんおね)には、積雪(せきせつ)も 確認(かくにん)できた。
それにしても 暑(あつ)いたらーっ(汗)
シャツ 1枚(まい)に なっても 大丈夫(だいじょうぶ)だった。
蹴上(けあげ)で 温度(おんど)を 見(み)ると 17度(ど)だった。
そりゃ、暑(あつ)いな晴れたらーっ(汗)
日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)まで 急(きゅう)な 上り坂(のぼり ざか)を 歩(ある)くと、シャツだけでも 汗(あせ)が 流(なが)れてくる ほど だった。
ここで、若水(わかみず)を いただいて、汗(あせ)が 引(ひ)くのを 待(ま)った。

次(つぎ)は 若王子神社(にゃくおうじじんじゃ)へ 向(む)かった。
ここも 熊野信仰(くまのしんこう)の 神社(じんじゃ)なので、これで 熊野三山(くまのさんざん)を 参詣(さんけい)したことに なる。
ここからは、愛宕山(あたごさん)が 見(み)える。
IMG_6235.JPG

となりの 大豊神社(おおとよじんじゃ)、ふもとの 岡崎神社(おかざきじんじゃ)にも 参拝(さんぱい)して、最後(さいご)に 吉田神社(よしだじんじゃ)へ 行(い)った。
IMG_6238.JPG
社殿(しゃでん)の 前(まえ)に 参拝者(さんぱいしゃ)の 長(なが)い 行列(ぎょうれつ)が できていた。
生来(しょうらい) 並(なら)ぶことが 嫌(きら)いなので、ここは 遠(とお)くから ごあいさつして、大元宮(だいげんぐう)を 参拝(さんぱい)した。
休憩所(きゅうけいじょ)で、昆布茶(こぶちゃ)を いただいて、帰宅(きたく)の 途(と)に ついた。

そして、今日(きょう)も 21:00を 待(ま)たずに 床(とこ)に つく つもりだ。 
posted by よしえ虫 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary