2020年03月19日

PANDEMIC CARRIERS

本来(ほんらい)なら 心浮(こころ う)かれる 季節(きせつ)なのに、世界中(せかいじゅう)が 閉塞難(へいそくかん)に 包(つつ)まれている。
先行不透明(さきゆき ふとうめい)で、将来(しょうらい)が まったく 予見(よけん)できない。

感染拡大(かんせんかくだい)
疑心暗鬼(ぎしんあんき)
買占狂乱(かいしめきょうらん)
外出自粛(がいしゅつじしゅく)
学校閉鎖(がっこうへいさ)
自宅待機(じたくたいき)
自己隔離(じこかくり)
時短営業(じたんえいぎょう)
臨時休館(りんじきゅうかん)
活動中止(かつどうちゅうし)
株価暴落(かぶかぼうらく)
経済危機(けいざきき)
大量失業(たいりょうしつぎょう)
破産倒産(はさんとうさん)

何(なに)が 起(お)きても、動(どう)じずに 生(い)きていけるように、腹積(はらづ)もりを している。

大相撲三月場所(おおずもう さんがつばしょ)は、無観客(むかんきゃく)で 開催(かいさい)された。
本当(ほんとう)に、ありがたいと思(おも)った。
「NHK高校講座(こうこうこうざ)」のような 静(しず)かな 土俵(どひょう)に 初(はじ)めは 戸惑(とまど)ったが、日(ひ)を 重(かさ)ねるにつれ 生々(なまなま)しい 取り組(とり く)みの 音声(おんせい)に、感動(かんどう)すら 覚(おぼ)えるようになった。
特(とく)に、四日目(よっか め)に 土俵下(どひょうした)に 落(お)ちて けがをした 高安関(たかやす ぜき)の 苦悶(くもん)の 呻き声(うめき ごえ)に、痛(いた)ましく 辛(つら)く 涙(なみだ)が こぼれた。
そして、今場所(こんばしょ)は いつも以上(いじょう)に 気持(きも)ちを 盛り上(もりあ)げて 応援(おうえん)している。
無駄(むだ)とも 思(おも)えるけれど、叫(さけ)んで、拍手(はくしゅ)している。
こんな とき だから こそ、明(あか)るく 楽(たの)しく 過(す)ごしたい ではないか。

ライヴの 中止(ちゅうし)や 延期(えんき)も、心(こころ)を 沈(しず)めさせる。
SXSW 2020(South by Southwest 2020)の 中止(ちゅうし)で、人間椅子(にんげんいす)の 渡米(とべい)も なくなった。
それに 続(つづ)く ツアーも 中止(ちゅうし)や 延期(えんき)になった。
今回(こんかい)は、ゆかりも 深(ふか)く、3月(さんがつ)で 閉店(へいてん)する 弘前(ひろさき)Mag-Netの 公演(こうえん)が あったが、中止(ちゅうし)に なってしまった。
どんどん 落ち込(おちこ)んでいく 気分(きぶん)を、鼓舞(こぶ)したい。

昨年末(さくねんまつ)の ツアーで 買(か)った、ロングTシャツを 着(き)てみた。
DSC_0012.JPG
うん、少(すこ)し 力(ちから)が 出(で)てきた。

今月6日(こんげつ むいか)に、やっと 届(とど)いた 復刻版(ふっこくばん)トートバッグを 持(も)って 授業(じゅぎょう)に きた。
DSC_0009.JPG
ガラスに 映(うつ)して、カッコイイ〜!と 言(い)った。

もちろん、復刻版(ふっこくばん)パーカーも 着(き)てきた。
DSC_0008.JPG
やーれ やーれ どー
DSC_0005.JPG
気分(きぶん)は、弘前(ひろさき)ねぷた

今日(きょう) よしえ虫(むし)は、歩く人間椅子人間(あるく にんげんいす にんげん)だ!
posted by よしえ虫 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter