2018年03月23日

春の味覚(はる の みかく)

よしえ虫(むし)に とって、春(はる)の 花(はな)は 桜(さくら)では ありません。

香(かお)り なら 沈丁花(じんちょうげ)
見(み)る なら 木瓜(ぼけ)
味(あじ)わう なら 菜の花(な の はな)
DSC_0222.JPG

菜の花(な の はな)が 出回(でまわ)ると「春(はる)が来(き)たなぁ〜」と 感(かん)じます。
食(た)べるのは、つぼみです。
春(はる)の 野草(やそう)は 香(かお)りが 強(つよ)く、苦(にが)みが あります。
よしえ虫(むし)は 虫(むし)ですから、この 野草(やそう)を 食(た)べると、元気(げんき)に なります。
冬(ふゆ)が 終(お)わって、体中(からだじゅう)に 力(ちから)が 満(み)ちてくる とき、菜の花(な の はな)を 食(た)べます。
すると、体(からだ)が 冬眠(とうみん)から 覚(さ)めます。

DSC_0227.JPG

一般的(いっぱんてき)な 菜の花(な の はな)料理(りょうり)は、
おひたし、てんぷら、吸い物(す い もの)、ちらしずし、胡麻和(ごまあ)え、パスタ、浅漬(あさづ)け
などでしょうか。

よしえ虫(むし)は 菜の花(な の はな)そのものの 味(あじ)が 好(す)きです。
だから、なるべく そのまま 食(た)べます。
茹(ゆ)でて しまうと、風味(ふうみ)が 落(お)ちるので、湯通(ゆどお)しに します。
つまり 下(した)ごしらえは、菜の花(な の はな)に 熱湯(ねっとう)を かける だけです。
すると、色(いろ)が 艶(つや)やかな 緑(みどり)に かわります。
ここで、菜の花(な の はな)は ざるに 上(あ)げて おきます。

ところで、菜の花(な の はな)を 通(とお)った 熱湯(ねっとう)を みてみましょう。
DSC_0224.JPG
なんとも 美(うつく)しいぴかぴか(新しい)
これを 捨(す)てて しまうのは、実(じつ)に 惜(お)しい ことです。
蕎麦(そば)を 茹(ゆ)でた 湯(ゆ)は、蕎麦湯(そばゆ)です。
じゃ、菜の花(な の はな)を 茹(ゆ)でた 湯(ゆ)は、菜の花湯(な の はな ゆ)でしょうexclamation&question
蕎麦湯(そばゆ)を 飲(の)むんだから、菜の花湯(な の はな ゆ)を 飲(の)んでも いいでしょうexclamation

というわけで、菜の花(な の はな)カクテルに してみました。
DSC_0221.JPG
これが なかなか おいしいんですバーるんるん
余(あま)すところなく 春(はる)の 味覚(みかく)を 満喫(まんきつ)できます。

湯(ゆ)きりが 終(お)わった 菜の花(な の はな)は、

かつおのたたきに ショウガと 一緒(いっしょ)に 散(ち)らしたり、
DSC_0219.JPG

ハマチの お造(つく)りの アクセントに したり、
DSC_0220.JPG

冷奴(ひややっこ)を 彩(いろど)ったり、
DSC_0223.JPG

簡単(かんたん)な 料理(りょうり)でも、春色(はるいろ)に 装(よそお)って くれまするんるん
posted by よしえ虫 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182773346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック