2019年07月03日

人間椅子(にんげんいす) 30周年記念(さんじゅっ しゅうねん きねん) 『新青年(しんせいねん)』

17:10
DSC_0059.JPG
最後(さいご)の 予習(よしゅう)が 終(お)わった。
着替(きが)えて 出陣(しゅつじん)せねば ならない。
久々(ひさびさ)に 島紬(しまつむぎ)の 単衣(ひとえ)に 袖(そで)を 通(とお)し 博多帯(はかたおび)を 神田結(かんだむすび)に 整(ととの)えた。
髪(かみ)を 結(ゆ)いなおし、手製(てせい)のかんざしを 挿(さ)した。
DSC_0057.JPG
最後(さいご)に 下駄(げた)で 迷(まよ)った。
今日(きょう)は 大雨(おおあめ)の 予報(よほう)が 出(で)ている。
結局(けっきょく)、古(ふる)い下駄(げた)を はいた。
新(あたら)しいのを 濡(ぬ)らすのは、やはり 気(き)が 引(ひ)けた。

17:40
バスに 乗(の)り、四条高倉(しじょうたかくら)を 目指(めざ)す。
立(た)って 手(て)すりに つかまり、外(そと)を 眺(なが)めていた。
海外(かいがい)からの 観光客(かんこうきゃく)が、ゾロゾロ 乗(の)り降(お)りを くりかえした。
目的地(もくてきち)が 近(ちか)づくに つれて、胸(むね)が ときめくのを 感(かん)じた。

これは、はるか 昔(むかし)に 亡(な)くした 感覚(かんかく)だった。
次項有小学生(しょうがくせい)なら 学芸会(がくげいかい)の 舞台(ぶたい)のソデで 出番(でばん)を 待(ま)つとき
次項有中学生(ちゅうがくせい)なら 弁論大会(べんろんたいかい)で 順番(じゅんばん)を 待(ま)つ 間(あいだ)
次項有高校生(こうこうせい)なら 苦労(くろう)して 手(て)に 入(い)れた ライヴチケットを 眺(なが)めて 当日(とうじつ)を 待(ま)っている 日々(ひび)
次項有大学生(だいがくせい)なら 口頭試問(こうとうしもん)の 当日朝(とうじつ あさ)
次項有社会人(しゃかいじん)になって 大人(おとな)の 秘密(ひみつ)の 遠足(えんそく)を 計画(けいかく)した 夜(よる)

きっと 誰(だれ)でも 経験(けいけん)がある 感覚(かんかく)に 違(ちが)いない。
見(み)せたい 欲望(よくぼう)
かすかな 緊張(きんちょう)
膨(ふく)らむ 期待(きたい)
失敗(しっぱい)の 心配(しんぱい)

よしえ虫(むし)の この感覚(かんかく)は ある日(ひ) 死(し)んでしまった。
今日(きょう)は この感覚(かんかく)が 戻(もど)ってきた。
だから 今(いま) 感(かん)じているのは、感覚(かんかく)の 亡霊(ぼうれい)なのかもしれない。

四条河原町(しじょうかわらまち)で 多(おお)くの 乗客(じょうきゃく)を 吐(は)き 出(だ)し、また 多(おお)くの 乗客(じょうきゃく)を 詰(つ)めこんだ。
次(つぎ)の 停留所名(ていりゅうじょめい)が 告(つ)げられた 瞬間(しゅんかん)に、降車(こうしゃ)ボタンを 押(お)した。
停車(ていしゃ)すると すぐに ICカードを タッチして バスを 降(お)り、歩道(ほどう)を 歩(ある)いて いった。
会場(かいじょう)を 確認(かくにん)して、通(とお)り 過(す)ぎた。
一旦(いったん) ジュンク堂(どう)に 入(はい)って 音楽雑誌(おんがくざっし)を 眺(なが)めた。
こうでも しなければ、高(たか)ぶった 心(こころ)は 押(お)さえられなかった。
既(すで)に 息苦(いきぐる)しい ほど だった。
やや 落ち着(おち つ)きを 取り戻(とり もど)し、ジュンク堂(どう)を 出(で)た。
すると、観光客(かんこうきゃく)や 買物客(かいものきゃく)に まざって、黒(くろ)いTシャツを 着(き)た人(ひと)が 一点(いってん)を 目指(めざ)して 歩(ある)いていた。
さきほどは、そんなことすら 目(め)に 入(はい)っていなかった。

18:05
会場前(かいじょうまえ)に 佇(たたず)む 人(ひと)が 増(ふ)えていた。
よしえ虫(むし)の 後(うし)ろには 60代(ろくじゅうだい)と 思(おも)われる 黒(くろ)いTシャツを 着(き)た 男性(だんせい)がいた。
静々(しずしず)と 押し 寄(おしよ)せる 高潮(たかしお)のように 黒(くろ)いTシャツを 着(き)た人(ひと)が 増(ふ)えていく。
DSC_0025.JPG
親子(おやこ)で 黒(くろ)いTシャツを 着(き)て 来(き)た 人(ひと)。
子育て世代(こそだて せだい)と 思(おも)われる 黒(くろ)いTシャツを 着(き)た 女性(じょせい)。
黒(くろ)いTシャツを 着(き)た 中年夫婦(ちゅうねんふうふ)。
黒(くろ)いTシャツを 着(き)た 若(わか)い カップル。

よしえ虫(むし)のような 和服姿(わふくすがた)もいるが、ほとんどは 黒(くろ)いTシャツを 着(き)た人(ひと)だった。
6〜7割(わり)が 男性(だんせい)で、平均年齢(へいきんねんれい)も 高(たか)めである。
物見高(ものみだか)い 通行人(つうこうにん)が 黒(くろ)いTシャツの 集団(しゅうだん)を 見て、何事(なにごと)が 語り合(かたり あ)いながら 過(す)ぎていく。
奥(おく)の ヘアサロンの 客(きゃく)の 女性(じょせい)が、黒(くろ)いTシャツの 集団(しゅうだん)に 気(け)おされて 中(なか)に 入(はい)れない。
黒(くろ)いTシャツの 人(ひと)に 何(なに)が あるのか 香港人(ほんこんじん)が 果敢(かかん)に 尋(たず)ねる。

小雨(こさめ)の 中(なか)で 黒(くろ)いTシャツの 集団(しゅうだん)は 静(しず)かに 立(た)っていた。
開場時間(かいじょうじかん)よりも 早(はや)く、入場(にゅうじょう)が 始(はじ)まった。
よしえ虫(むし)は 真ん中(まん なか)ぐらいだった。
番号順(ばんごうじゅん)に 呼(よ)ばれた 黒(くろ)いTシャツを 着(き)た人(ひと)が 建物(たてもの)に 吸い込(すい こ)まれていった。

18:40
ステージに 近(ちか)い 方(ほう)は、すでに 黒(くろ)いTシャツの 集団(しゅうだん)で 埋め尽(うめ つ)くされていた。
よしえ虫(むし)は まず、ドリンクコーナーに 向(む)かった。
朝(あさ) 食(た)べた 後(あと)は、夕食(ゆうしょく)まで 何(なに)も 口(くち)にしない 習慣(しゅうかん)が あるので、のどが 渇(かわ)いていた。
特(とく)に、待(ま)っている 間(あいだ)の 蒸し暑(むし あつ)さで、完全(かんぜん)に 水分(すいぶん)が 飛(と)んでいた。
このまま ライヴに 突入(とつにゅう)すれば、熱中症(ねっちゅうしょう)に なるかもしれない と思(おも)った。
生(なま)ビールビールを 3口(みくち)ほどで 飲み干(のみ ほ)した。

開演(かいえん)の 前(まえ)に、今回(こんかい)の 第2(だいに)の 目的(もくてき)である グッズ販売(はんばい)コーナーへ 向(む)かった。
最近(さいきん)は インターネットでばかり 音楽(おんがく)を 聴(き)いていたので、久(ひさ)しぶりに フルアルバムとして 楽曲(がっきょく)を 楽(たの)しみたくなっていた。
だから、CDを 何枚(なんまい)か 買(か)う 予定(よてい)を していたCD
DSC_0030.JPG

次(つぎ)に アーティスト・グッズを 見(み)ていたら…どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
TAKE「あーーーexclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2
目あーーーexclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2
ほとんど 同時(どうじ)に 叫(さけ)んでいた。
TAKEちゃんも 一人(ひとり)で 来場(らいじょう)していた。
黒(くろ)いTシャツを 着(き)ている TAKEちゃんは 黒(くろ)いTシャツ選(えら)びで、迷(まよ)っている 最中(さいちゅう)だった。

TAKE「よしえ虫(むし)も 来(き)てたのexclamation&question
目当(あ)たり前(まえ)じゃん手(チョキ)『イカ天(てん)』の 時(とき)からの ファンだもんexclamation×2
すると…
背後(はいご)にいる 黒(くろ)いTシャツを 着(き)た 人(ひと)たち「『イカ天(てん)』からだってexclamation×2すげーーーexclamation×2exclamation×2exclamation×2
と、どよめきが 起(お)こった。
よしえ虫(むし)は それに ちょっと 満足(まんぞく)しつつ手(チョキ)、無視(むし)して TAKEちゃんと 話(はな)し 続(つづ)けた。

TAKE「えーーー、そうなんやーexclamation×2ぼく、この前(まえ)の α―stationで 初(はじ)めて 知(し)ったんだーハートたち(複数ハート)
目あー、聞(き)いたよexclamationそれゲーム
TAKE「よしえ虫(むし)も 聞(き)いてたんだーゲーム
目人間椅子(にんげんいす)が かかるなんて ありえないって 思(おも)ってたから、はじめは 似(に)ている バンドかと 思(おも)っちゃったあせあせ(飛び散る汗)
TAKE「『瀆神(とくしん)』を 聞(き)いて、スゲーカッコイイーッて思(おも)って、絶対(ぜったい) 生(なま)で 見(み)たいって 思(おも)ったからさー」
目あー、やっぱりるんるんよしえ虫(むし)も 絶対行(ぜったい い)かねばパンチって 思(おも)ったからるんるん
TAKE「だから、今日(きょう)は どうしてもって 言(い)って、会社(かいしゃ)を 30分(さんじゅっぷん) 早(はや)く 出(で)てきたんだーパンチ

ふと、振り返(ふり かえ)ると 人(ひと)だかりが 一段(いちだん)と 増(ま)していた。
さっさと、買物(かいもの)せねば 迷惑(めいわく)に なりそうだった。
目おっと、続(つづ)きは また後(あと)で手(パー)
そして、よしえ虫(むし)は グッズの 右端(みぎはし)に 立(た)って、黒(くろ)いTシャツを 着(き)た スタッフの 女性(じょせい)に、声(こえ)をかけた。
目すみませーんexclamation×2これと、これと、これと、これexclamation×2Tシャツは Sありますか?
スタッフ「Sは 売り切(うり き)れたんですあせあせ(飛び散る汗)
目じゃ、Mでブティック
スタッフ「はい、ありがとうございますぴかぴか(新しい)全部(ぜんぶ) トートバッグに 入(い)れちゃって いいですか?」
目はい、お願(ねが)いしますハートたち(複数ハート)
DSC_0060.JPG
となりで TAKEちゃんが、よしえ虫(むし)の 買物(かいもの)の 様子(ようす)を 見(み)ていた。
そして、決心(けっしん)したようだった。
目よしえ虫(むし)は こっち右斜め上
TAKE「じゃ、ぼくも こっちにしよう右斜め上
というわけで、よしえ虫(むし)と TAKEちゃんは おそろいの 黒(くろ)いTシャツを 所有(しょゆう)することになった。
黒(くろ)いTシャツを 着(き)た スタッフの 女性(じょせい)が 手(て)すきに なったので、次(つぎ)なる 目的(もくてき)を 実行(じっこう)することにした。
目あのー、これ メンバーに 渡(わた)して いただけますか?
スタッフ「はいexclamationわかりました手(パー)
目宜(よろ)しく お願(ねが)いします揺れるハート
スタッフ「誰(だれ)か このメンバーに とかって、ありますか?」
目特(とく)に ないんですけど、新(あたら)しい 機材車(きざいしゃ)車(RV)に おねがいしますexclamation×2
よしえ虫(むし)の 言葉(ことば)に スタッフの 女性(じょせい)の 目(め)が 大(おお)きく 輝(かが)いた。
スタッフ「わかりましたハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
目ありがとうございます揺れるハート揺れるハート揺れるハート

さて、もうすぐ 開演時間(かいえんじかん)である。
結局(けっきょく) かなり 後(うし)ろの 方(ほう)で 見(み)ることに なってしまった。
まぁ、そんなに 大(おお)きくない 会場(かいじょう)だから、手元(てもと)まで ちゃんと見(み)えるし、わざわざ 前(まえ)へ 行(い)こうとも 思(おも)わなかった。
TAKE「やっぱり 『シャバダバディアー』って 叫(さけ)ばんとパンチ
目よしえ虫(むし)も CD聞(き)きながら 練習(れんしゅう)するなんて、すっげー 久(ひさ)しぶりだったパンチ
TAKE「うん、この1ヶ月(いっかげつ)は ずーっと 『新青年(しんせいねん)』聞(き)いてたexclamation×2
目あ、これ 『人間椅子(にんげんいす)ギドラ』TAKEちゃんにも あげるよプレゼント
DSC_0061.JPG
TAKE「すげーっexclamationこれが 和嶋(わじま)さんで、これが 鈴木(すずき)さん、これが ノブさんかぁ〜かわいい
目車(くるま)の おともに どうぞハートたち(複数ハート)

19:05
SEが 流(なが)れ ステージに メンバーが 現(あらわ)れた。
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
30年間(さんじゅうねんかん)の 足跡(そくせき)を たどるような、素晴(すばら)らしい ライヴだった。
『無情(むじょう)の スキャット』の アルペジオを 聞(き)いている 時(とき)、なんだか 母親(ははおや)の 気分(きぶん)になった。
わが子(こ)の 演奏会(えんそうかい)を ハラハラしながら 見守(みまも)っている 気分(きぶん)である。

よしえ虫(むし)も 中学時代(ちゅうがくじだい)は ブラスバンド部(ぶ)だった。
しかも フルートだったから、最前列中央(さいぜんれつ ちゅうおう)に 近(ちか)いところで 演奏(えんそう)していた。
きっと よしえ虫(むし)の 母親(ははおや)も こんな気分(きぶん)を 味(あじ)わっていたのだろう。

『無情(むじょう)の スキャット』の アルペジオが かなり 難(むずか)しいことは、和嶋氏(わじま し)も 解説(かいせつ)で 言(い)っておられた。
そして、やや 甘(あま)くなった ピッキングを 聞(き)いた 時(とき)、胸(むね)の 奥(おく)から「がんばったね〜ぴかぴか(新しい)うん いいよ〜ぴかぴか(新しい)」という 声(こえ)が 聞(き)こえ 涙(なみだ)が 出(で)た。

30年前(さんじゅうねんまえ)は、ただただ 衝撃的(しょうげきてき)だった。
楽曲(がっきょく)の 完成度(かんせいど)、演奏力(えんそうりょく)の 高(たか)さに 圧倒(あっとう)された。
そして、今(いま) 30年前(さんじゅうねんまえ)の アルバムを 聞(き)いても 素晴(すば)らしいと思(おも)う。

人間椅子(にんげんいす)デビューから、30年(さんじゅうねん)。
愛(あい)し 続(つづ)けて 30年(さんじゅうねん)。
確(たし)かに、30年(さんじゅうねん)という 年月(ねんげつ)は、0歳(れいさい)の 子供(こども)が 30歳(さんじゅっさい)になるのだから、わが子(こ)の 晴れ姿(はれ すがた)を 見(み)ているようなもの かもしれない。
自分(じぶん)が 過(す)ごしてきた 30年(さんじゅうねん)と 重(かさ)ね 合(あ)わせてみると、ほんとうに 感慨深(かんがい ぶか)かった。

21:30
ライヴが 終(お)わり、黒(くろ)いTシャツの 集団(しゅうだん)が 出口(でぐち)へ 向(む)かっていく。
よしえ虫(むし)と TAKEちゃんは それに 反(はん)して、会場中央(かいじょう ちゅうおう)に 移動(いどう)した。
TAKE「ドリンク もらって こよう喫茶店
目行(い)ってらっしゃい手(パー)
そして、よしえ虫(むし)は ステージ前(まえ)に すすみ、バスドラの アートワークを じっくり 見(み)ていた。
DSC_0026.JPG
ベース
DSC_0028.JPG
ギター
DSC_0029.JPG
TAKEちゃんは 『命の水(いのち の みず)』を 持(も)って、ステージ前(まえ)に 来(き)た。
TAKE「ペプシは あんまり 好(す)きじゃないなぁ〜」
目あそーダッシュ(走り出すさま)

それから、しばらく ライヴの 感想(かんそう)や 音楽遍歴(おんがくへんれき)や 近況(きんきょう)などを 話(はな)した。
TAKE「人間椅子(にんげんいす)を 聞(き)いてたら、YUKIちゃんが『それ 筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)?』って爆弾
目あー、興味(きょうみ)ない 人(ひと)には 同(おな)じに 聞(き)こえるのかパンチ
TAKE「最近(さいきん) バンドを 再開(さいかい)したんだーるんるん
目へぇ〜ぴかぴか(新しい)
TAKE「なんか 自分(じぶん)の 時間(じかん)ができて、すっごく いいかんじいい気分(温泉)
目やっぱり、自分(じぶん)の 好(す)きなことやる時間(じかん)って、大切(たいせつ)だよねいい気分(温泉)
TAKE「うん、ほんと そう思(おも)うぴかぴか(新しい)
目生活(せいかつ)と 楽(たの)しみの時間(じかん)の バランスだよね〜いい気分(温泉)

そんなことを 話(はな)しながら 会場(かいじょう)を 出(で)て、入り口(いり ぐち)の 巨大(きょだい)ポスターの 前(まえ)で お互(たが)いに 記念撮影(きねんさつえい)の 撮(と)りっこ。
DSC_0032.JPG

TAKEちゃんは 地下鉄(ちかてつ)で 帰(かえ)るので、四条高倉(しじょうたかくら)の バス停(てい)で 別(わか)れた。
よしえ虫(むし)は バスに 乗(の)り、頭の中(あたま の なか)で 今日(きょう)の セットリストの 楽曲(がっきょく)を 反復(はんぷく)しながら、立(た)って 外(そと)を 眺(なが)めていた。
充実感(じゅうじつかん)と 高揚感(こうようかん)、そして 一抹(いちまつ)の 淋(さびしさ)しさ…。
これも、よしえ虫(むし)の 胸(むね)に よみがえった 亡霊(ぼうれい)だ。
次(つぎ)は いつ よみがえるのだろう。
それまでは、また インターネットで 再生(さいせい)し、カラオケで 歌(うた)い、CDを 購入(こうにゅう)して 応援(おうえん)するしかないが…。
DSC_0049.JPG

会場(かいじょう)で 購入(こうにゅう)した『椅子の中から(いす の なか から)』を 読(よ)みながら、これまでの 楽曲(がっきょく)を 復習(ふくしゅう)するのが これからの 楽(たの)しみになった。
DSC_0058.JPG
posted by よしえ虫 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演 Live
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186230997
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック