2019年10月04日

広重・北斎とめぐるNIPPON(ひろしげ・ほくさい と めぐる にっぽん)

DSC_0105.JPG

たまたま 細見美術館(ほそみびじゅつかん)の 前(まえ)を 通(とお)った。
なにげなく 開催中(かいさいちゅう)の 展覧会(てんらんかい)の ポスターを 見上(みあ)げた。
目ほー、今(いま)は 広重(ひろしげ)と 北斎(ほくさい)かぁ〜ぴかぴか(新しい)

浮世絵(うきよえ)が 好(す)きなので、興味(きょうみ)を 引(ひ)いた。
そして、よくよく 見(み)ると 上(うえ)に 細(ほそ)い 字(じ)で
『春信(はるのぶ)』と 書(か)いてあるではないかexclamation×2
目これは ぜひとも 見(み)なければexclamation×2

授業(じゅぎょう)の 時間(じかん)を やりくりして、本日(ほんじつ) 見(み)に 行(い)くことができた。
前期展示(ぜんき てんじ)の 『座敷八景(ざしきはっけい)』は 見逃(みのが)したが、秀逸(しゅういつ)な 作品(さくひん)を 間近(まぢか)で 見(み)ることができた。
春信作品(はるのぶ さくひん)は、第一展示室(だいいちてんじしつ)の 一番初(いちばん はじ)めにあった。
『羽根(はね)つき』
『二人(ふたり)の 芸者(げいしゃ)』
『雪(ゆき)の 湯帰(ゆ がえ)り』
『一富士二鷹三茄子(いちふじ にたか さんなす』の
順(じゅん)に 並(なら)んでいた。
DSC_0106.JPG

よしえ虫(むし)は そこを 5回(ごかい) 繰り返(くり かえ)して見(み)た。
構図(こうず)の 巧妙(こうみょう)さ
細(こま)かな 摺(すり)の 技巧(ぎこう)
声(こえ)が 聞(き)こえてきそうな 人物描写(じんぶつびょうしゃ)
緻密(ちみつ)に 配慮(はいりょ)された 背景(はいけい)
写真集(しゃしんしゅう)では なかなか 実感(じっかん)できない 細部(さいぶ)まで 観察(かんさつ)した。
特(とく)に 今回(こんかい)は 『二人(ふたり)の 芸者(げいしゃ)』と『雪(ゆき)の 湯帰(ゆ がえ)り』を 見(み)ることができた。
和服(わふく)の 柄(がら)を 巧(たく)みに 摺(す)りだした 名作(めいさく)だと思(おも)う。
また、春信(はるのぶ)ならではの いきいきとした人物(じんぶつ)も じっくり味(あじ)わえた。
画面(がめん)に 描(えが)かれた 二人(ふたり)が、何(なに)を 話(はな)しているのか 想像(そうぞう)しながら、じっくり 眺(なが)めることができた。

来館者(らいかんしゃ)も 多(おお)くなく、ゆったりと 静(しず)かに 鑑賞(かんしょう)できた。
本展覧会(ほんてんらんかい)の メインである 北斎(ほくさい)の 『富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)』も、プルシアンブルーの 発色(はっしょく)が 鮮(あざ)やかで 感動(かんどう)した。
広重(ひろしげ)の 『近江八景(おうみはっけい)』も 実際(じっさい)に 見(み)ることができ、感慨深(かんがい ぶか)かった。

DSC_0107.JPG
でも、よしえ虫(むし)は やっぱり 春信(はるのぶ)が 好(す)きだexclamation×2

広重・北斎とめぐるNIPPON
(ひろしげ・ほくさい と めぐる にっぽん)
10月20日(じゅうがつ はつか)まで
一般当日(いっぱん とうじつ)\1500-
細見美術館(ほそみびじゅつかん)
10:00〜18:00 
posted by よしえ虫 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 Exhibition
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186644631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック