2012年05月12日

モンゴル包子(ばおず)

モンゴル包子(ばおず)の 出来(でき)やいかにexclamation&question
IMG_8620.JPG

朝(あさ)から すっきりしない 天気(てんき)の うえに、北(きた)よりの風(かぜ)が 冷(つめ)たい。
陽気(ようき)のよい5月(がつ)を 見越(みこ)して 設定(せってい)した 日程(にってい)だが、どうやら その 目論見(もくろみ)は 大(おお)きく 外(はず)れてしまったようだ。

10:00を 過(す)ぎた頃(ころ)、授業中(じょぎょうちゅう)の よしえ虫(むし)に SNさんから 電話(でんわ)が あった。
SN「発酵(はっこう)が うまくいかなくて…あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
気温(きおん)が 低(ひく)いため、生地(きじ)の 発酵(はっこう)が 不十分(ふじゅうぶん)だと いうことだった。
とにかくSNさんとは 12:00に 会(あ)って、餡(あん)を 完成(かんせい)させなければ ならない。
生地(きじ)を 学友(がくゆう)の Yくんに お願(ねが)いして、あとで 持(も)ってきてもらうことにした。

12:00 よしえ虫(むし)の 家(いえ)で 餡(あん)作(づく)り 開始(かいし)パンチ
今回(こんかい)は
素餡(suxian)を 作(つく)る。
前日(ぜんじつ)のうちに、野菜(やさい)を 刻(きざ)んでおき、当日作業(とうじつ さぎょう)の スピードアップを はかった。
目ニラは 3束(たば)切(き)ったけど、どう?
SN「このニラは 大(おお)きすぎますもうやだ〜(悲しい顔)
ふらふらすみませんバッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)
SNさんの 指示(しじ)によって ニラを 刻(きざ)んだのだが、もっと 細(こま)かくせねばならなかったそうだ。それは、大(おお)きいと 皮(かわ)から はみ出(だ)して 包(つつ)みにくくなるためらしい。
目じゃ、ほしエビは?
SN「うん、大丈夫(だいじょうぶ)です手(パー)
目よかったぁ〜ダッシュ(走り出すさま)
SNさんの 刻(きざ)んできた 木耳(きくらげ)、大(おお)きすぎるニラ、油(あぶら)で炒(い)ったほしエビを 混ぜ合(まぜあ)わせた。

SNさんは 刻(きざ)んだネギと 花椒(huajiao)で 香味油(こうみゆ)を 作(つく)り、
IMG_8565.JPG
混ぜ合(まぜあ)わせた具材(ぐざい)に 注(そそ)いだ。
IMG_8568.JPG
引き続(ひきつづ)き、玉子(たまご)を 炒(いた)め、具材(ぐざい)に 投入(とうにゅう)し、更(さら)に 生卵(なまたまご)を 1個(こ) 割(わ)り入(い)れて 混ぜ始(まぜはじ)めた。
IMG_8588.JPG
SN「この 生卵(なまたまご)が 大切(たいせつ)ですexclamation×2
目へぇ〜、そうなんだぁ〜メモ
SN「これが 旨味(うまみ)に なりますぴかぴか(新しい)
目なるほど。
同(おな)じ玉子(たまご)でも、加熱(かねつ)したものと そうでないものでは、目的(もくてき)も 味(あじ)わいもちがう ということらしい。
IMG_8593.JPG
写真(しゃしん)の 手前(てまえ)の 赤(あか)い 粒(つぶ)が 花椒(huajiao)。これを 粉(こな)に したものが 花椒粉(huajiaofen)
具材(ぐざい)が まんべんなく 混8ま)ざったところで、胡椒(こしょう)・花椒粉(huajiaofen)・しょうゆを 入(い)れて混(ま)ぜ、一番最後(いちばんさいご)に ごま油(あぶら)・塩(しお)を 入(い)れて 味(あじ)を調(ととの)えた。

餡(あん)が 完成(かんせい)したので、鴨川(かもがわ)へ 出発(しゅっぱつ)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

予定時間(よていじかん)を 大(おお)きく 過(す)ぎて、やっと 準備(じゅんび)が 整(ととの)った。
本日参加予定(ほんじつ さんか よてい)であった人(ひと)を 探(さが)すも、見当(みあ)たらず…
後日(ごじつ) 聞(き)いたところによると、鴨川(かもがわ)には いたのだが、寒(さむ)さのため 早々(そうそう)に 帰宅(きたく)したとのこと。
また あらためて 参加(さんか)していただければ と思(おも)うかぎりである。

14:00。生地(きじ)を 持(も)った Yくんが 到着(とうちゃく)位置情報バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
SN「寝(ね)てる〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
目どういうこと?
眠い(睡眠)発酵(はっこう)が 足(た)りないということらしい。
今回(こんかい)は ヨーグルトを 使(つか)った モンゴル伝統(でんとう)の 方式(ほうしき)で 発酵(はっこう)させた 生地(きじ)である。
気温(きおん)が 高(たか)ければ、一夜(いちや)で 発酵(はっこう)するそうだ。しかし、今回(こんかい)は それが 間(ま)に合(あ)わず、Yくんが エアコンの 下(した)で 発酵(はっこう)を つづけていてくれた。それでも、まだ 足(た)りないという…
IMG_8596.JPG
SN「重曹(じゅうそう)を 入(い)れます」
ひらめき水(みず)で溶(と)いた 重曹(じゅうそう)を 投入(とうにゅう)。これは ヨーグルトの乳酸(にゅうさん)の 酸味(さんみ)を 中和(ちゅうわ)させる ために 使用(しよう)する。
SNさんが 様子(ようす)を 見(み)ながら 何度(なんど)か 投入(とうにゅう)したら、こんどは 生地(きじ)が ゆるくなってきた。

急遽(きゅうきょ) Yくんが 小麦粉(こむぎこ)を 買(か)いに 出(で)かけていった。
その間(かん)にも、SNさんの 捏(こ)ね作業(さぎょう)は つづき…
IMG_8602.JPG
SN「こんなのが 発酵(はっこう)した 状態(じょうたい)ですあせあせ(飛び散る汗)
カメラなるほど。手(て)で 持ち上(もちあ)げると 糸状(いとじょう)に 跡(あと)がついた。この 状態(じょうたい)で 発酵(はっこう)完了(かんりょう)らしい。

ところが…
Yくんが なかなか 帰(かえ)ってこないexclamation&question
このあたりの 地理(ちり)には 不案内(ふあんない)のためかexclamation&question
不安(ふあん)が つのる…
その間(あいだ)も、SNさんは 捏(こ)ねつづけた。
そこで、やや 心配(しんぱい)になったのは、重曹(じゅうそう)の 投入量(とうにゅうりょう)である。
SNさんは 捏(こ)ねながら どんどん 混ぜ込(まぜこ)んでいたが、はたして そんなに必要(ひつょう)なのだろうか?
しかし、ここは 素人(しろうと)が 口(くち)を 挟(はさ)むべきではないと思(おも)い、静(しず)かに 見守(みまも)っていた。
なにせ、ニラの 大(おお)きさで 失敗(しっぱい)している 身(み)であるので、えらそうな発言(はつげん)は さしひかえておいた。

Yくんが 買い物(かいもの)に 行(い)っている あいだに、発酵(はっこう)に 失敗(しっぱい)した 生地(きじ)を つかって 作(つく)った 小麦煎餅(こむぎせんべい)で 空腹(くうふく)を つないだ。
IMG_8621.JPG
これが、けっこう おいしいので、更(さら)に 餡(あん)を つめたものも 作(つく)った。

Yくんが やっと 帰(かえ)ってきた。
どうやら、強力粉(きょうりきこ)が なくて、薄力粉(はくりきこ)で いいかどうか 確認(かくにん)したかったのだが、SNさんは 応答(おうとう)せず…
SNさんも 電話(でんわ)を マナーモードに していたので、気(き)がつかず…ダッシュ(走り出すさま)

SN「爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾
SNさんは Yくんを 非難(ひなん)しているが、応答(おうとう)しなかったSNさんも 悪(わる)いので、お互い様(たがいさま)であろう。

IMG_8608.JPG
生地(きじ)が まとまきた。
ようやく 成型(せいけい) 開始(かいし)となったが、すでに 15:00間近(まぢか)である。
昼御飯(ひるごはん)のはず だったのだが…

IMG_8610.JPG
SNさんの 手(て)ほどきを 受(う)けて 包(つつ)み 始(はじ)めた。


包(つつ)みあがったものを、ほどよく 間隔(かんかく)を あけて、蒸し器(むしき)に 並(なら)べた。
IMG_8618.JPG
待(ま)つこと 15分(ふん)時計

IMG_8619.JPG
蓋(ふた)を 開(あ)けると…
SN「がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
Y「あははっどんっ(衝撃)
Seiran「なんでexclamation&question
目んっexclamation&questionおかしいぞ。

なんと、色(いろ)が 黄色(きいろ)くなっていたのだexclamation×2exclamation×2
大慌(おおあわ)てで SNさんは 国際電話(こくさいでんわ)を かけたphone to
SN「お母(かあ)さん 助(たす)けて〜もうやだ〜(悲しい顔)

黄色(きいろ)く 変色(へんしょく)したのは、重曹(じゅうそう)を 入(い)れすぎた ためであった。
母国(ぼこく)の 母上(ははうえ)に よれば、しばらく おいておくと 色(いろ)が 緩和(かんわ)されるとか。
しかし、燃料(ねんりょう)も 底(そこ)をつき、これ以上(いじょう) 時間(じかん)を のばすことは 難(むずか)しかった。
しかも、そろそろ 日没(にちぼつ)である。明(あか)るいうちに 片付(かたづ)けなければならない。

その後(ご) 屋内(おくない)で、あまった 生地(きじ)と 餡(あん)を 全(すべ)て 調理(ちょうり)した。
餡(あん)が 終了(しゅうりょう)したので、花巻(huajuan)を 作(つく)ってみた。
IMG_8626.JPG
簡単(かんたん)に できて 見た目(みため)もよいので、また 作(つく)ろうと 思(おも)った。

今回(こんかい)は 非常(ひじょう)に 学(まな)ぶところが 多(おお)かった。
やはり、火力(かりょく)の 調節(ちょうせつ)が 最大(さいだい)の 難問(なんもん)である。
また、蒸し物(むしもの)に 関(かん)しては、鍋内(なべない)の 温度調節(おんどちょうせつ)が 重要(じゅうよう)であった。
野外調理(やがいちょうり)での 注意点(ちゅういてん)が ひとつ加(くわ)わり、みんちりの 知識(ちしき)として 蓄積(ちくせき)された。

後日(ごじつ)、この 花巻(huajuan)を 食(た)べたら、味(あじ)が おかしいたらーっ(汗)
どうやら 重曹(じゅうそう)の 影響(えいきょう)のようだ。
朝(あさ) 食(た)べたのだが、その日(ひ)は 一日中(いちにちじゅう) 歯磨(はみが)きした後(あと)のようで、口(くち)の 中(なか)が おかしかった。
ま、これで 歯(は)が きれいになったのなら 文句(もんく)はないのだが…むかっ(怒り)
この ブログを 読(よ)んで 包子(ばおず)を 作(つく)ろうと 思(おも)った 皆(みな)さんへ。
ひらめきくれぐれも、重曹(じゅうそう)の 量(りょう)には 気(き)をつけてください。

ご協力(きょうりょく) ご参加(さんか)いただいた 皆(みな)さん、お疲れ様(つかれさま)でした。
posted by よしえ虫 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | みんちり〜Folk&Geog. club〜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56130030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック