2019年03月23日

啓蟄(けいちつ)

小(ちい)さな 春(はる)を みつけた。
DSC_0382.JPG
サザンカは はらはら おちて

DSC_0383.JPG
ツバキは ぷっくり ひらいて

DSC_0380.JPG
ビオラは ひらひら かぜに ゆれる

DSC_0397.JPG
コブシは そらに ミルクを こぼし

DSC_0406.JPG
スナゴケが にわを おおい

DSC_0405.JPG
ほうしたいが つんつん つきだし

DSC_0403.JPG
やわらかな わかくさが のびてくる

DSC_0409.JPG
かぜは つめたいけれど たいようは もう 春(はる)だ。
posted by よしえ虫 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年02月21日

前祝(まえ いわ)い

さて、本日(ほんじつ)は GRさんの 教習所卒業(きょうしゅうじょ そつぎょう)の 前祝(まえ いわ)いとして、温泉(おんせん)に 来(き)ました。
山科駅(やましなえき)で 待ち合(まち あ)わせを して、湖西線(こせいせん)で おごと温泉(おんせん)へ電車

GR「先生(せんせい)exclamation&questionどこから 来(き)たの?」
目地下鉄(ちかてつ)で、激(はげ)しく Gを 感(かん)じながらるんるん
GR「なに それたらーっ(汗)

よしえ虫(むし)にとっては いつものことですが、GRさんにとっては 遠足気分(えんそくきぶん)ですかわいい
駅前(えきまえ)から 送迎(そうげい)バスに 乗り込(のり こ)むとsoon
GR「うわっどんっ(衝撃)たった 3分(さんぷん)で 満員(まんいん)や〜end
目ふっふっふっ手(チョキ)

さっさと 入館手続(にゅうかん てつづき)きを して、ロッカーに 直行(ちょっこう)右斜め上
GR「慣(な)れてる感(かん)が すごいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)exclamation×2

タオル1枚(いちまい)だけ 持(も)って、洗い場(あらい ば)へ左斜め上
それから 3時間半(さんじかんはん) 温泉(おんせん)に 浸(つ)かりっぱなしいい気分(温泉)
GRさんと あれこれ しゃべりまくって いましたいい気分(温泉)
よくも まぁ、こんなに 話(はな)すことが あるのかと、あきれるくらい です。
そうか、これが 女子(じょし)トークというものかひらめき

15:30
湯(ゆ)から あがって、リラクゼーション・ルームへ 行(い)きました。
琵琶湖(びわこ)も 春(はる)の 色(いろ)です。
DSC_0371.JPG

のどを 潤(うるお)しつつ、GRさんは 卒検(そつけん)の 練習問題(れんしゅうもんだい)をし、よしえ虫(むし)は FPさんの 研究(けんきゅう)の ための、資料(しりょう)を 読(よ)みました。
DSC_0372.JPG
GR「先生(せんせい)、また それexclamation&question
目うん、しかたないじゃんダッシュ(走り出すさま)
GR「そんなに 読(よ)んだら 好(す)きに なったんじゃない?」
目いいや、全然(ぜんぜん)爆弾
GR「今(いま) 日本中(にほんじゅう)で いちばん、『フミコ』を 知(し)ってるのは 先生(せんせい)と FPさんだねハートたち(複数ハート)
目うん まぁ、それは まちがいないなたらーっ(汗)

17:30
おなかも 空(す)いて きたので、いつもの 炉端(ろばた)へ右斜め下右斜め下右斜め下
いつもの ように あたたか〜く 迎(むか)えられ、だら〜〜〜っと 食事(しょくじ)しました。

DSC_0373.JPG

GR「うわーーーハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
目好(す)きなもの 食(た)べなレストラン
GR「いいのぉ揺れるハート
目食(た)べずに 後悔(こうかい)するより、食(た)べてから 後悔(こうかい)すべしパンチ
GR「そうかexclamation×2経験(けいけん)できるからだねわーい(嬉しい顔)
目はい、そのとおり決定

だから よしえ虫(むし)は…
DSC_0374.JPG
サザエるんるん
GR「なに?それ???」
目サザエるんるん
GR「サザエさんの サザエexclamation&question
目そうハートたち(複数ハート)

シメに ざるそば、GRさんは マンゴーパフェハートたち(複数ハート)
スタッフNさん「あー、この 真ん中(まんなか)に はさまって いたいハートたち(複数ハート)
GR&目どうぞ〜わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

今日(きょう)も お世話(せわ)になりました。
DSC_0376.JPG
posted by よしえ虫 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年12月25日

忘(わす)れちゃ いけないかい?

日本(にほん)では 年末(ねんまつ)に 忘年会(ぼうねんかい)を します。
でも、よしえ虫(むし)は それが すきじゃ ありません。
だって、今年(ことし)の ことを 忘(わす)れる 必要(ひつよう)も ないでしょう?
それに、忘(わす)れたくない ことも たくさん あります から。
だから、よしえ虫(むし)は
『忘(わす)れちゃ いけない会(かい)』を しました。
今年(ことし) あったことを たくさん 思い出(おもい だ)しました。
それから、ずーっと ずーっと 覚(おぼ)えていられる ように 心(こころ)に 刻(きざ)みました。

DSC_0371.JPG
今年(ことし) いちばん 心(こころ)に 残(のこ)った ことは、絵日記(えにっき)に してあります。
この 絵(え)は ずーっと ずーっと 忘(わす)れられそうにないことを 描(か)きました。

それから、もちろん おいしいものも 食(た)べました。
DSC_0374.JPG

さぁ、明日(あした)から 年末年始(ねんまつねんし)の フル回転(かいてん)だexclamation×2
posted by よしえ虫 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年09月30日

雨(あめ)も また 楽(たの)し♪

DSC_0340.JPG
新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)を 購入(こうにゅう)した。

以前(いぜん) はいていた 長靴(ながぐつ)は 20年近(ねん ちか)く 経過(けいか)して、底(そこ)が 擦り切(すり き)れてしまったバッド(下向き矢印)
戸越銀座(とごしぎんざ)で 買(か)った 小学校高学年男児用(しょうがっこう こうがくねん だんじ よう)の、青(あお)い 長靴(ながぐつ)だった。
結構(けっこう) 気(き)にいっていて、愛用(あいよう)していたのだが、最近(さいきん)の 長雨(ながあめ)で 登場回数(とうじょう かいすう)が 増(ま)し、とうとう あきらめ ざるを得(え)なくなった。

新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、インターネットで 注文(ちゅうもん)した。
出品者(しゅっぴんしゃ)は 北海道(ほっかいどう)の 会社(かいしゃ)だった。
スムーズに 9月3日(くがつ みっか)に 出荷(しゅっか)された。

ところが、翌4日(よく よっか)は 台風21号(たいふう にじゅういち ごう)が 近畿地方(きんきちほう)を 直撃(ちょくげき)した。
関西空港(かんさいくうこう)の 被害(ひがい)は、世界中(せかいじゅう)で 二ユースに なった。
よしえ虫(むし)の 新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、北海道(ほっかいどう)から 本州(ほんしゅう)へ 向(む)かっていた。

台風21号(たいふう にじゅういち ごう)は、日本海(にほんかい)に 出(で)て、北日本(きたにほん)に 向(む)かった。
そして夜(よる)、北海道西部(ほっかいどうせいぶ)を 通過(つうか)し、猛烈(もうれつ)な 雨(あめ)を 降(ふ)らせた。
よしえ虫(むし)の 新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、順調(じゅんちょう)に 関東(かんとう)の 中継地(ちゅうけいち)に 到着(とうちゃく)した。

明(あ)けて5日(いつか)、北海道(ほっかいどう)の 豪雨災害(ごううさいがい)が 報道(ほうどう)された。
よしえ虫(むし)は 長靴(ながぐつ)の 出品者(しゅっぴんしゃ)の 安否(あんぴ)を 思(おも)わずには いられなかった。
新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、すでに 関西(かんさい)へ 転送(てんそう)されている のに、心(こころ)は 北海道(ほっかいどう)に 置き去(おき ざ)りに されているようだった。

6日(むいか)5:55、いつものように 気象情報(きしょうじょうほう)で 目を覚(めを さ)ました。
でも、いつもとは なんだか 雰囲気(ふんいき)が 違(ちが)った。
そして、3:08に 北海道南西部(ほっかいどうなんせいぶ)で 大(おお)きな 地震(じしん)が あったと、繰り返(くり かえ)し 報道(ほうどう)されていた。
よしえ虫(むし)は やはり、長靴(ながぐつ)の 出品者(しゅっぴんしゃ)の 安否(あんぴ)を 真っ先(まっ さき)に かんがえた。
よしえ虫(むし)とって 出品者(しゅっぴんしゃ)は、新(あたら)しい 長靴(ながぐつ) 母(はは)のような 存在(そんざい)だ。
この日一日(ひ いちにち)、不安(ふあん)な 気持(きも)ちで 過(す)ごした。

7日午前(なのか ごぜん)、新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)が 届(とど)いた。
さっそく 履(は)いて 授業(じゅぎょう)に 出(で)かけた。
履き心地(はき ごごち)も、歩き心地(あるき ごこち)も、とっても よかった。
すぐに、フィードバックを 送(おく)った。
出品者(しゅっぴんしゃ)も、無事(ぶじ)な ようだった。

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

そして 今日(きょう)、再(ふたた)び 台風(たいふう)が 来(く)る。
今(いま)は まだ、不気味(ぶきみ)な 静(しず)けさが 重苦(おもくる)しく 空(そら)を 覆(おお)っている。

posted by よしえ虫 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年08月13日

盆休(ぼんやす)み、夏休(なつやす)みの 宿題(しゅくだい)

よしえ虫(むし)は たった1日(にち)だけ、休(やす)みました。
1日(にち)だけ ですから、遠(とお)くへは いけません。
なので、温泉(おんせん)へ いきました。
ここに くれば、疲(つかれ)れも とれるし ゆっくり 自分(じぶん)の 時間(じかん)を すごせます。

朝(あさ)から ずーっと 温泉(おんせん)に 浸(つ)かって いました。
露天風呂(ろてんぶろ)で 昼寝(ひるね)も しました。
夕立(ゆうだち)にも あたりました。
じゅうぶん 休(やす)んだ ところで、温泉(おんせん)から あがりました。

さて、今日(きょう)の もう 一(ひと)つの 目的(もくてき)は、読書感想文(どくしょかんそうぶん)の ための 本(ほん)を 読(よ)むことです。
皆(みな)さんが 夏休(なつやす)みの宿題(しゅくだい)で 読書感想文(どくしょかんそうぶん)を 書(か)いている ので、よしえ虫(むし)も おなじように しようと 思(おも)いました。

DSC_0334.JPG

いつものように、炉端焼(ろばたや)きを つつきながら 残(のこ)りの 150ページを 読(よ)み はじめました。

夏(なつ)は 海(うみ)に 関係(かんけい)する 小説(しょうせつ)を 読(よ)むことが 多(おお)いです。
今(いま) 読(よ)んでいる のも、潜水艦(せんすいかん)の 話(はなし)です。
本当(ほんとう)に おもしろい 小説(しょうせつ)なので、どんどん 読(よ)み 進(すす)みました。
そして、今日(きょう)は 最終段階(さいしゅうだんかい)の 部分(ぶぶん)を 読(よ)みます。
歴史的(れきしてき)な 事実(じじつ)が あるので、結末(けつまつ)は わかります。
でも、どのように それを 迎(むか)えるのか とても ワクワクしました。

さて、小説(しょうせつ)の 内容(ないよう)は…
よしえ虫(むし)の 読書感想文(どくしょかんそうぶん)で、お読(よ)みくださいかわいい
読書感想文.pdf
posted by よしえ虫 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年07月14日

珍(めずら)しい お客様(きゃくさま)

作業(さぎょう)を していると、庭(にわ)で スズメが 直径(ちょっけい)25pくらいの 輪(わ)を 描(えが)いて 歩(ある)いているのが 見(み)えた。
獲物(えもの)を 見(み)つけて すきを窺(うかが)って 食(た)べるつもり なのだろう。
ひとしきり くるくると 回(まわ)っていたが、よしえ虫(むし)が ガラス越(ご)しに ちかづくと 飛(と)んで 行(い)った。
残(のこ)された もの は、木(き)の 小枝(こえだ)のように 見(み)えた。

WQちゃんが 来(き)たので、授業(じゅぎょう)を 始(はじ)めた。
今日(きょう)は 夏の詩(なつ の し)を 作(つく)る 宿題(しゅくだい)だ。
詩(し)を 作(つく)り ながらも、よしえ虫(むし)は 外(そと)が 気(き)になっていいた。

宿題(しゅくだい)が 一段落(いちだんらく)ついた ので、木(き)の 小枝(こえだ)のように 見(み)える ものを よく 見(み)にいった。
目なにを 狙(ねら)っていたんだろう?
WQ「なーに?先生(せんせい)?」
目さっき、スズメが いじめてたから、助(たす)けたんだーハートたち(複数ハート)
WQ「どれ?」
そう 問(と)われて、スズメの 脅威(きょうい)から 逃(のが)れた 木(き)の 小枝(こえだ)のように 見(み)える ものを 指(ゆび)さした。
WQ「えっexclamation&question木(き)exclamation&question
目スズメは 木(き)を 食(た)べないだろダッシュ(走り出すさま)
WQ「あっ、そうかexclamation×2じゃ、虫(むし)?」
目うん、そうー(長音記号1)

揺れるハートナナフシ だ揺れるハート

WQ「ナナフシ?」
目うん、いつもは 木(き)の 枝(えだ)みたいに なっているから、なかなか 見(み)つけられないんだーサーチ(調べる)
WQ「あれ、おそいexclamation×2虫(むし)の ナマケモノ みたいexclamation×2
目うん、はやくは 走(はし)らないし、飛(と)ばないねかわいい
WQ「飛(と)ばないのexclamation&question
目うん、だって 木(き)の 枝(えだ)の ふりしてる からいい気分(温泉)
WQ「死(し)んじゃうexclamation&question
目ここでは 生(い)きられない かなダッシュ(走り出すさま)連(つ)れて 帰(かえ)りたいなかわいい

というわけで、ナナフシを 保護(ほご)するために、こっそり 庭(にわ)に 出(で)た。
ナナフシは ちょっと 抵抗(ていこう)した けれど、簡単(かんたん)に 手(て)の 中(なか)に 入(はい)った。
WQ「わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
やはり、スズメに 攻撃(こうげき)されたため、足(あし)が 一本(いっぽん) 不自由(ふじゆう)に なっていた。
WQ「連(つ)れて 帰(かえ)ったら、どうするの?」
目庭(にわ)に 放(はな)して あげるかわいい
WQ「先生(せんせい)の うちの 庭(にわ)は 食べ物(たべもの)あるexclamation&question
目うん、草(くさ)が いっぱい 生(は)えてるから、食べ放題(たべ ほうだい)だよるんるん

とりあえず、帽子(ぼうし)の 中(なか)に 収(おさ)めた。
DSC_0275.JPG
つぎの 授業(じゅぎょう)が おわるまで、少(すこ)し 辛抱(しんぼう)してね。

そして、ナナフシを 帽子(ぼうし)に 収(おさ)めたまま、かぶって 帰(かえ)った。
そのときは、さすがに ナナフシも 暴(あば)れた。
頭(あたま)を ゴソゴソと 歩(ある)き 回(まわ)るので、くすぐったかった。
うちに つくと、真っ先(まっさき)に 庭(にわ)に 出(だ)してやった。
DSC_0276.JPG
すると、さっきの 大暴(おおあば)れは どこへやらダッシュ(走り出すさま)
葉(は)の 上(うえ)で じっとして、動(うご)かなくなった。

図鑑(ずかん)で 確認(かくにん)したところ、正式名(せいしきめい)は トゲナナフシ だと わかった。
体(からだ)に 棘(とげ)の ような 突起(とっき)が ある。

夏(なつ)は、寝る前(ねる まえ)に 庭(にわ)に 水(みず)を 撒(ま)くの だが、その時(とき)も まだ 葉(は)の 上(うえ)に 佇(たたず)んでいた。
よしえ虫(むし)は 驚(おどろ)かさないように、そーっと 水(みず)を 撒(ま)いて 寝(ね)た。

ようこそ よしえ虫家(むし け)へハートたち(複数ハート)
posted by よしえ虫 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年06月21日

6月18日7:58

6月(がつ)6日(むいか)
DSC_0259.JPG
アカハラが 庭(にわ)を はっていました。
この庭(にわ)に いるなんて、思(おも)いもしない ことでした。
アカハラは きれいな川(かわ)に 住(す)む 生き物(い き もの)です。
こんな 庭(にわ)の 池(いけ)では、あまり みかけません。
だから、ほんとうに 不思議(ふしぎ)でした。

不思議(ふしぎ)といえば、今年(ことし)は この庭(にわ)で トカゲを 全(まった)く 見(み)ません。
例年(れいねん)だと 春暖(はる あたた)かくなると、真っ先(まっさき)に 活動(かつどう)を 始(はじ)めます。
でも、今年(ことし)は まだ 一匹(いっぴき)も 見(み)ていません。
そういえば、ヤモリも 今年(ことし)は あまり 見(み)ません。
いつもなら、夜(よる) 家(いえ)の 窓(まど)に 張付(はりつ)いて、蚊(か)を 食(た)べて くれるのに…
それにアシダカグモも、今年(ことし)は まだ 姿(すがた)を 見(み)せてくれません。
とても 寂(さび)しいです。

6月(がつ)15日(にち)
≪文豪漱石(ぶんごう そうせき)を 思(おも)いつつ≫
こんな 夢(ゆめ)を 見(み)た。
よしえ虫(むし)の 家(いえ)の、小(ちい)さいながら 野趣豊(やしゅ ゆた)かな 庭(にわ)には、金木犀(きんもくせい)と 伊呂波楓(いろはかえで)が 一本(いっぽん)ずつ 生(は)えている。
よしえ虫(むし)が ここに 住(す)みはじめた ときには、すでに そこに あった。

DSC_0265.JPG
ある日(ひ)よしえ虫(むし)は、夜明(よあ)け 間近(まじか)の その 庭(にわ)を、網戸越(あみど ご)しに 眺(なが)めていた。
何(なに)もかも いつもと 同(おな)じ、しかし 見(み)いて 飽(あ)きない 不思議(ふしぎ)な 庭(にわ)だ。
遠(とお)くから 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 聞(き)こえてきた。
「あぁ、もう 4時(よじ)を 回(まわ)ったな」
と、心(こころ)の 中(なか)で つぶやいた。
そして、また しばらく 庭(にわ)を 眺(なが)めていた。
すると、また 別(べつ)の 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 遠(とお)くに 聞(き)こえた。

そのとたん、庭一面(にわいちめん)が 青白(あおじろ)く 照(て)らされ、するどく 天(てん)から 降(お)りてきた 一筋(ひとすじ)の 光(ひかり)が 伊呂波楓(いろはかえで)の 幹(みき)の 二股(ふたまた)を 切り裂(きり さ)いた。
光(ひかり)とともに、バリバリと 轟音(ごうおん)が とどろいた。
そして伊呂波楓(いろはかえで)から 青白(あおじろ)い 火の手(ひ の て)が 上(あ)がった。
小(ちい)さい庭(にわ)は、隈(くま)なく 照(て)らし 出(だ)された。
よしえ虫(むし)は 一瞬(いっしゅん)、耳(みみ)が 利(き)かなくなり、口(くち)を 半開(はんびら)きにして その 庭(にわ)を 凝視(ぎょうし)した。
庭(にわ)の 小動物(しょうどうぶつ)たちは どこかに 姿(すがた)を 隠(かく)し、しんと 静(しず)まり 返(かえ)った。
よしえ虫(むし)の 耳(みみ)には、轟音(ごうおん)の 残響(ざんきょう)が 響(ひび)く だけだった。
伊呂波楓(いろはかえで)の 炎(ほのお)は すぐに 消(き)えた。

6月(がつ)16日(にち)
目昨日(きのう) こんな夢(ゆめ) 見(み)ちゃってさーあせあせ(飛び散る汗)
GR「どんなんexclamation&question
目ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ってたらーっ(汗)
GR「先生(せんせい)がく〜(落胆した顔)それは、どういう意味(いみ)exclamation&question
目はっきりとは わからないけど、近々(ちかぢか) 何(なに)かあるかもしれないから、気(き)をつけたほうがいいよダッシュ(走り出すさま)
GR「何(なに)かって、地震(じしん)とかexclamation&question
目まぁ〜ね〜ダッシュ(走り出すさま)

6月(がつ)17日(にち)
AK「ねー、見(み)て新月るんるん
目exclamation&question玉子(たまご)新月立(た)ってるexclamation&question
AK「うんexclamation×2端午(たんご)は 引力(いんりょく)の 関係(かんけい)で、玉子(たまご)が 立(た)ちやすいんだよ〜かわいい
目へぇ〜、そうなんだぴかぴか(新しい)

DSC_0263.JPG
よしえ虫(むし)の 家(いえ)の 前(まえ)で、コクワガタが 歩(ある)いて いました。
今(いま)まで こんなことは ありませんでした。
どこで 生(い)きてきたのか、どこで 成虫(せいちゅう)に なったのか、見当(けんとう)も つきませんでした。

6月(がつ)18日(にち) 
≪文豪漱石(ぶんごう そうせき)を 思(おも)いつつ≫
こんな 夢(ゆめ)を 見(み)た。

DSC_0265.JPG
よしえ虫(むし)は 今朝(けさ)も 夜明(よあ)け 間近(まじか)の 庭(にわ)を、網戸越(あみど ご)しに 眺(なが)めていた。
何(なに)もかも いつもと 同(おな)じだ。
そして、3日前(みっかまえ)と 同(おな)じ だった。
遠(とお)くから 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 聞(き)こえてきた。
「あぁ、もう 4時(よじ)を 回(まわ)ったな」
と、心(こころ)の 中(なか)で つぶやいた。
そして、また しばらく 庭(にわ)を 眺(なが)めていた。
すると、また 別(べつ)の 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 遠(とお)くに 聞(き)こえた。

そのとたん、庭一面(にわいちめん)が 青白(あおじろ)く 照(て)らされ、するどく 天(てん)から 降(お)りてきた 一筋(ひとすじ)の 光(ひかり)が 伊呂波楓(いろはかえで)の 幹(みき)の 二股(ふたまた)を 切り裂(きり さ)いた。
光(ひかり)とともに、バリバリと 轟音(ごうおん)が とどろいた。
そして伊呂波楓(いろはかえで)から 真っ赤(まっか)な 火の手(ひ の て)が 勢(いきお)いよく 上(あ)がった。
小(ちい)さい庭(にわ)は、隈(くま)なく 照(て)らし 出(だ)された。

その瞬間(しゅんかん)、今(いま) 自分(じぶん)が どこにいるのか 理解(りかい)した。
足元(あしもと)には、ドウドウと 音(おと)を 立(た)てて 濁流(だくりゅう)が 逆巻(さかま)いていた。
小(ちい)さな 箱(はこ)と 化(か)した 部屋(へや)は、濁流(だくりゅう)に 呑(の)まれた。
遊園地(ゆうえんち)の 乗り物(のり もの)のように、上下(じょうげ)に 激(はげ)しく 揺(ゆ)られながら、下流(かりゅう)へと 流(なが)されて いった。
そして、激流(げきりゅう)に 壊(こわ)された 橋(はし)に 乗り上(のり あ)げた 部屋(へや)は、向(む)きを 変(か)え、濁流(だくりゅう)から 逃(のが)れるように 橋(はし)を 滑(すべ)り 降(お)りていった。
よしえ虫(むし)は 一命(いちめい)を とりとめた。

目覚(めざ)めて 背筋(せすじ)が 凍(こお)った。
瞬間(しゅんかん)、嫌(いや)な 予感(よかん)が 走(はし)った。

7:00
GRさんに 次(つぎ)の 授業時間(じゅぎょうじかん)の 変更(へんこう)について メッセージを 送(おく)りました。
なんとなく、今(いま) 送(おく)らなければ 届(とど)かないような 気(き)がしたからです。
月曜日(げつようび)の 朝(あさ)は いつもより、早(はや)く 授業(じゅぎょう)が 始(はじ)まります。
でも、Skypeで 授業(じゅぎょう)しますから、起(お)きる 時間(じかん)は あまり かわりません。
7:30くらいから 朝(あさ)ごはんの 準備(じゅんび)を はじめました。
この日(ひ)も いつものように コーヒーを 淹(い)れました。
ラジオから 流(なが)れてくる『父子愛(ふしあい)の映画音楽(えいがおんがく)』を 聞(き)きながら、オメザの 鯖寿司(さばずし)を ほおばっていました。

7:58
ラジオは Aerosmith『DUDE』が 流(なが)れていました。
よしえ虫(むし)は Aerosmithが 大好(だいす)きなので、ノリノリで 朝(あさ)ごはんを 食(た)べていました。
その時(とき)でした。
足元(あしもと)で 突き上(つきあ)げるような 今(いま)までにない 揺(ゆ)れを 感(かん)じました。
それは、16ビートを 刻(きざ)む バスドラの ようでした。
揺(ゆ)れは 瞬時(しゅんじ)に 家全体(いえ ぜんたい)に 広(ひろ)がりました。
コーヒーフラスコが 音(おと)を たてはじめたので、左手(ひだりて)の 親指(おやゆび)と 人差指(ひとさしゆび)で 押(お)さえました。
右手(みぎて)は 箸(はし)に 鯖寿司(さばずし)を 挟(はさ)んだまま でした。
携帯(けいたい)が 緊急地震警報(きんきゅうじしんけいほう)を 発(はっ)しました。
そして、その時(とき) アッと 思(おも)いましたたらーっ(汗)

揺(ゆ)れは 10秒(びょう)ほど だったでしょうか。
ラジオは いつの間(ま)にか 地震波性(じしんはっせい)を 告(つ)げる 音声(おんせい)を 繰り返(くり かえ)していました。
NHKに 局(きょく)を 切り替(きり か)えました。
地震情報(じしんじょうほう)を 聞(き)きながら、朝(あさ)ごはんを 食べ終(たべ お)えました。
京都南部(きょうとなんぶ)
震度5強(しんど ご きょう)

よしえ虫(むし)は 「そんなに あったかな?」と 感(かん)じつつ、食事(しょくじ)の 後片付(あと かたづ)けを 始(はじ)めました。
カップを 持ち上(もち あ)げた 手(て)が、小刻(こきざみ)みに 震(ふる)えました。
そして、もう一度(いちど) 目覚(めざ)めた時(とき)の 背筋(せすじ)が 凍(こお)る 感覚(かんかく)を 味(あじ)わいました。
目当(あ)たっちゃったたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
地震(じしん)は 怖(こわ)くありませんが、自分(じぶん)の 夢(ゆめ)が 本当(ほんとう)に 怖(こわ)いと 思(おも)いました。
よしえ虫(むし)の 夢(ゆめ)は よく当(あ)たるのですが、今(いま)までは 個人的(こじんてき)なこと ばかりでした。
だから、心配(しんぱい)することなく 自分(じぶん)への 戒(いまし)め や 警告(けいこく)や 予告(よこく)と、考(かんが)えて いました。
でも、今回(こんかい)のこと だけは 『嫌(いや)な 予感(よかん)』を 伴(ともな)って いたので、心(こころ)の 準備(じゅんび)を していました。

8:15
外(そと)で 自転車(じてんしゃ)の ブレーキ音(おん)が しました。
誰(だれ)かが、あわてて いるようでした。
すると、よしえ虫(むし)の うちの ドアが 激(はげ)しく ノックされました。
オッチャン「手(グー)あせあせ(飛び散る汗)手(グー)あせあせ(飛び散る汗)手(グー)exclamation×2
目はぁ〜いexclamation&question
オッチャン「よしえ虫(むし)さんexclamation×2大丈夫(だいじょうぶ)かexclamation&question
目あー、オッチャンハートたち(複数ハート)
オッチャン「生(い)きとったかexclamation×2ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
目うん、大丈夫(だいじょうぶ) ありがとうハートたち(複数ハート)
オッチャン「ここ つぶれてる かと思(おも)って、飛(と)んできたんや〜ダッシュ(走り出すさま)
目そうなのexclamation&questionありがとうハートたち(複数ハート)
オッチャン「うちは グラグラ 揺(ゆ)れたからダッシュ(走り出すさま)ここは どうやったexclamation&question
目まぁ、市(し)バスで 橋(はし)を 越(こ)える みたいな感(かん)じ だったよいい気分(温泉)
オッチャン「そうかぁ〜、よかったわぁ〜ダッシュ(走り出すさま)ほな、気(き)をつけてな手(パー)
手(パー)目うん、オッチャンもねるんるん
元(もと) 2階(かい)に 住(す)んでいた オッチャンが 心配(しんぱい)して 飛(と)んできて くれたのでしたハートたち(複数ハート)

8:30
そして、いつものように 授業(じゅぎょう)が 始(はじ)まりました。

そのあとも、いつものような 月曜日)げつようび)でした。
ただ、出張授業(しゅっちょうじゅぎょう)が 休(やす)みだった ことが、いつもと ちがいました。
夕方(ゆうがた)の 授業(じゅぎょう)まで 時間(じかん)が ありましたから、銭湯(せんとう)にも 行(い)こうと 思(おも)いました。
それで、カレンダーで 曜日(ようび)を 確認(かくにん)しました。
そのとき、『端午(たんご)』という 文字(もじ)が、今日(きょう)の 暦(こよみ)に 記載(きさい)されているのに 気(き)づきました。
そして、AKさんの 言葉(ことば)を 思い出(おもい だ)しました。
AK「うんexclamation×2端午(たんご)は 引力(いんりょく)の 関係(かんけい)で、玉子(たまご)が 立(た)ちやすいんだよ〜かわいい
ということは、今日(きょう)の 地震(じしん)は 引力(いんりょく)と 関係(かんけい)が あるのかも しれないと 思(おも)いました。
そして、カレンダーの 月(つき)の 満ち欠(みち か)けと 潮位(ちょうい)を よく 見(み)ました。
そして、『21日(にち)夏至(げし)』に 目(め)が 止(と)まりました。
目もしかしてたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

6月(がつ)21日(にち)
今朝(けさ)の 夢(ゆめ)は、大好(だいす)きな ヘヴィメタルバンドの 幸(しあわ)せな 夢(ゆめ)でした。
だから、『嫌(いや)な 予感(よかん)』も ありませんでした。
念(ねん)のため、心(こころ)の 準備(じゅんび)だけは して いるんですけどねパスワード
posted by よしえ虫 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年05月24日

よしえ虫(むし)の 仲間(なかま)

先日(せんじつ) タラの 切り身(きりみ)の パックを 開(あ)けたら、アニサキスが 死(し)んでいた。
タラは 冷凍(れいとう)されたものを 解凍(かいとう)した ものだった。
だから、アニサキスは 死(し)んでいた のだろう。
魚(さかな)の 体液(たいえき)に ピロンと 力(ちから)なく 浮(う)かんでいる 15oほどの 白(しろ)い 寄生虫(きせいちゅう)。
もし、知識(ちしき)が なければ 糸(いと)くずだと 思(おも)ってしまうだろう。
それでも、かつては 命(いのち)があった。
そして 生(い)きたまま 人体(じんたい)に 入(はい)れば、重篤(じゅうとく)な 症状(しょうじょう)を もたらす。
この 小(ちい)さな 糸(いと)くずのような 寄生虫(きせいちゅう)が、それほどの 脅威(きょうい)だとは 見た目(みため)では わからない。
最近(さいきん)は スーパー店頭(てんとう)でも、注意(ちゅうい)を 呼び掛(よび か)ける 掲示(けいじ)がある。

アニサキスの 影響(えいきょう)なのか わからないが、夕方(ゆうがた) 早い時間(はやい じかん)から 魚(さかな)が 割引(わりびき)してある ことが おおい。
おかげで 安(やす)く 大量(たいりょう)に お造(つく)りを 食べることが できる。
高級魚(こうきゅうぎょ)であっても、半額(はんがく)に なっていれば、手が届(てが とど)く。
よしえ虫(むし)は、切身(きりみ)の 盛り合(もり あ)わせは あまり 好(す)きではない。
ツマや プラスチックの バランも 入(はい)ってるし、割高感(わりだか かん)がある。
柵(さく)を 購入(こうにゅう)して 自分(じぶん)で 切(き)る のである。

これは ヒラマサの お造(つく)り。
DSC_0244.JPG
料理屋(りょうりや)で 食(た)べたら、何千円(なんぜんえん)になる だろうか?
しかし、これも 250円程度(えん ていど)だ。

豪勢(ごうせい)な 盛り合(もり あ)わせだ。
DSC_0248.JPG
しかし、これも500円足(えん た)らず であった。

これ以外(いがい)にも、ヒラメや タイなどの おなじみ高級魚(こうきゅうぎょ)も 同様(どうよう)である。
店頭(てんとう)では 珍(めずら)しい、イサキも 食(た)べた。
これは 魚好(さかな ず)きには うれしい ことだ。

そして、よしえ虫(むし)は なじみの ない魚(さかな)を 買(か)うと、食(た)べる前(まえ)に 図鑑(ずかん)で 調(しら)べるように している。
イサキを 調(いさき)べたら、
『スズキ科(か)、日本(にほん)の 近海(きんかい)に 分布(ぶんぷ)。おいしい。』
と、書(か)いてあった。
なるほど、確(たし)かに 白身(しろみ)で たんぱくながら、しっかりと うまみがあって 美味(びみ)であった。
また、イサキは 姿(すがた)も 美(うつく)しかった。
黒(くろ)ずんだ 鱗(うろこ)で おおわれ、背(せ)びれの 先(さき)が 鋭(するど)く とがっている。
絵(え)に かいたような、魚(さかな)らしい 魚(さかな)だ。
図鑑(ずかん)を みると、もっと 魚(さかな)が 好(す)きになる。
遺影(いえい)に 手を合(てを あ)わせているような 気分(きぶん)である。
命(いのち)を いただく前(まえ)に、感謝(かんしゃ)する。
そして 隣人(りんじん)の ごとき 愛情(あいじょう)が 湧(わ)く のである。

今日(きょう)は タラの 切り身(きり み)に 生(い)きた アニサキスが いた。
DSC_0250.JPG
主(あるじ)を 失(うしな)って、恥(は)ずかしげに 身(み)もだえている。
この子(こ)が 生(い)きている ということは、この タラは 冷凍(れいとう)されていない ということだ。
生(なま)の 魚(さかな)を 味(あじ)わえる というわけだ。
いちばん おいしく 食(しょく)すのは、命(いのち)を いただく者(もの)の 果(は)たすべき 役割(やくわり)のようにも 思(おも)う。 
posted by よしえ虫 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年04月02日

晩春(ばんしゅん)

今年(ことし)の 桜(さくら)は 気合(きあい)が 入(はい)っている。
朝起(あさ お)きたら、景色(けしき)が 変(か)わっていた。
IMG_6698.JPG
何(なん)の 準備(じゅんび)もない まま、晩春(ばんしゅん)に 移(うつ)ろって しまったようだ。

IMG_6706.JPG
多忙極(たぼう きわ)める 日々(ひび)に、一瞬(いっしゅん)の ハレの日(ひ)を もたらした。
うっとおしい ような、浮き立(うき た)つような、複雑(ふくざつ)な 気分(きぶん)だ。
早(はや)く 終(お)われと 思(おも)いつつ、色(いろ)あせてゆくのが 惜(お)しい 気(き)もする。

よしえ虫(むし)は ハレの日(ひ)が 嫌(きら)いだ。
日々淡々(ひび たんたん)と 過(す)ごすのが いい。
何事(なにごと)もなく 平穏(へいおん)に 一日(いちにち)を 終(お)えるのが いい。
宴席(えんせき)も 祭礼(さいれい)も 何(なに)も ないのが いい。
小(ちい)さな 季節(きせつ)の 楽(たの)しみさえ あれば いい。
DSC_0229.JPG
posted by よしえ虫 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年03月23日

春の味覚(はる の みかく)

よしえ虫(むし)に とって、春(はる)の 花(はな)は 桜(さくら)では ありません。

香(かお)り なら 沈丁花(じんちょうげ)
見(み)る なら 木瓜(ぼけ)
味(あじ)わう なら 菜の花(な の はな)
DSC_0222.JPG

菜の花(な の はな)が 出回(でまわ)ると「春(はる)が来(き)たなぁ〜」と 感(かん)じます。
食(た)べるのは、つぼみです。
春(はる)の 野草(やそう)は 香(かお)りが 強(つよ)く、苦(にが)みが あります。
よしえ虫(むし)は 虫(むし)ですから、この 野草(やそう)を 食(た)べると、元気(げんき)に なります。
冬(ふゆ)が 終(お)わって、体中(からだじゅう)に 力(ちから)が 満(み)ちてくる とき、菜の花(な の はな)を 食(た)べます。
すると、体(からだ)が 冬眠(とうみん)から 覚(さ)めます。

DSC_0227.JPG

一般的(いっぱんてき)な 菜の花(な の はな)料理(りょうり)は、
おひたし、てんぷら、吸い物(す い もの)、ちらしずし、胡麻和(ごまあ)え、パスタ、浅漬(あさづ)け
などでしょうか。

よしえ虫(むし)は 菜の花(な の はな)そのものの 味(あじ)が 好(す)きです。
だから、なるべく そのまま 食(た)べます。
茹(ゆ)でて しまうと、風味(ふうみ)が 落(お)ちるので、湯通(ゆどお)しに します。
つまり 下(した)ごしらえは、菜の花(な の はな)に 熱湯(ねっとう)を かける だけです。
すると、色(いろ)が 艶(つや)やかな 緑(みどり)に かわります。
ここで、菜の花(な の はな)は ざるに 上(あ)げて おきます。

ところで、菜の花(な の はな)を 通(とお)った 熱湯(ねっとう)を みてみましょう。
DSC_0224.JPG
なんとも 美(うつく)しいぴかぴか(新しい)
これを 捨(す)てて しまうのは、実(じつ)に 惜(お)しい ことです。
蕎麦(そば)を 茹(ゆ)でた 湯(ゆ)は、蕎麦湯(そばゆ)です。
じゃ、菜の花(な の はな)を 茹(ゆ)でた 湯(ゆ)は、菜の花湯(な の はな ゆ)でしょうexclamation&question
蕎麦湯(そばゆ)を 飲(の)むんだから、菜の花湯(な の はな ゆ)を 飲(の)んでも いいでしょうexclamation

というわけで、菜の花(な の はな)カクテルに してみました。
DSC_0221.JPG
これが なかなか おいしいんですバーるんるん
余(あま)すところなく 春(はる)の 味覚(みかく)を 満喫(まんきつ)できます。

湯(ゆ)きりが 終(お)わった 菜の花(な の はな)は、

かつおのたたきに ショウガと 一緒(いっしょ)に 散(ち)らしたり、
DSC_0219.JPG

ハマチの お造(つく)りの アクセントに したり、
DSC_0220.JPG

冷奴(ひややっこ)を 彩(いろど)ったり、
DSC_0223.JPG

簡単(かんたん)な 料理(りょうり)でも、春色(はるいろ)に 装(よそお)って くれまするんるん
posted by よしえ虫 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary