2019年06月17日

日(ひ)は 西(にし)に 月(つき)は 東(ひがし)に

今年(ことし)は 西日本(にしにほん)の 入梅(にゅうばい)が 遅(おく)れている。
そして、今夏(こんか)の 気象(きしょう)も 危(あや)ぶまれる。
渇水(かっすい)か、大雨(おおあめ)か、冷害(れいがい)か…
心配(しんぱい)が 押し寄(おし よ)せてくる。

しかしながら、夏至近(げし ちか)い この時期(じき)は、19:00を 過(す)ぎても 空(そら)が 明(あか)るい。
長(なが)い 一日(いちにち)を、存分(ぞんぶん)に 活用(かつよう)できる。
だから、よしえ虫(むし)は ときどき 夕方(ゆうがた)から 山(やま)に 行(い)く。
授業(じゅぎょう)が 早(はや)く 終(お)わった 時(とき)などに、雨(あめ)の 心配(しんぱい)がなければ、いそいそと 山支度(やまじたく)をして 出(で)かけてゆく。
京都(きょうと)の いいところは、遠(とお)くまで 行(い)かずとも、国有林(こくゆうりん)を 擁(よう)する 山塊(さんかい)が あることだ。
しかも、歴史的遺構(れきしてき いこう)がある。
近(ちか)くの 山(やま)には、戦国時代(せんごくじだい)に 山城(やまじろ)が 築(きず)かれていた。
室町将軍(むろまちしょうぐん)が 逃げ込(にげ こ)んだ 本陣跡(ほんじんあと)もある。

DSC_0007.JPG
よしえ虫(むし)は 山(やま)に 入(はい)ると、軍師(ぐんし)に 変身(へんしん)する。
頭(あたま)は 戦国時代(せんごくじだい)に 飛(と)んでゆく。

【軍師(ぐんし)ごっこ】
城門遺構(じょうもんいこう)の 前(まえ)では、味方(みかた)に 撃(う)たれないように、合図(あいず)を 送(おく)らねばならない。
柏手(かしわで)を 打(う)つように、手(て)を たたく。
すると、門(もん)は 内側(うちがわ)から 開(あ)けられる。
DSC_0008.JPG
道(みち)の 両側(りょうがわ)に 一人(ひとり)ずつ 見張(みは)りの 足軽(あしがる)が 立(た)っている。≪と、想像(そうぞう)している≫
目見張(みは)り ご苦労(くろう)手(パー)
足軽(あしがる)は 槍(やり)を 捧(ささ)げて 敬礼(けいれい)した。
足軽(あしがる)「異常(いじょう)ござりません」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

城内(じょうない)に 進(すす)み 入(い)ると、向(む)こうから 鳥部守(とりべのかみ)が やってきた。≪と、カラスを 見(み)ながら 想像(そうぞう)している≫
目今日(きょう)は やけに にぎやかではないか。なんぞ あるのか?
鳥部守(とりべのかみ)「御館様(おやかたさま)が 連歌会(れんがのかい)を 催(もよお)されるとな」≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目なるほど、それで みな ノドの 鍛錬(たんれん)に 余念(よねん)が ないのだな演劇
鳥部守(とりべのかみ)「虫守殿(むしのかみどの)も 参(まい)られるので ござろうな」≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目いや、それがのう…
鳥部守(とりべのかみ)「なんぞ 御用(ごよう)でも?」≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目先約(せんやく)が あってのう…
鳥部守(とりべのかみ)「なんとなexclamation虫守殿(むしのかみどの)の ご自慢(じまん)が 聞(き)けぬとは 残念(ざんねん)な ことよバッド(下向き矢印)≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目すまぬな手(パー)

DSC_0009.JPG

尾根道(おねみち)には 数多(あまた)の 鳥(とり)が 啼き競(なき きそ)っている。
目なるほど、城中(しろじゅう)の 歌(うた)の 名手(めいしゅ)が いろめきたっておるのう演劇≪と、想像(そうぞう)している≫
特(とく)に ウグイスが 老長(ろうた)けていた。
DSC_0464.JPG

鶯守(うぐいすのかみ)「虫守殿(むしのかみどの)、いかがでござろう?」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目今宵(こよい)は 鶯守殿(うぐいすのかみどの)が 手柄一番(てがらいちばん)だな手(パー)
鶯守(うぐいすのかみ)「いやいや、虫守殿(むしのかみどの)には かないますまい」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目残念(ざんねん)だが、今宵(こよい)は ご披露仕(ひろう つかま)れぬのじゃバッド(下向き矢印)
鶯守(うぐいすのかみ)「なんとexclamationそれは、御館様(おやかたさま)も 残念(ざんねん)がるであろう」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目うむ、いたし方(かた)あるまい。御館様(おやかたさま)に 御目通(おめどお)りして 詫(わ)びるつもりじゃバッド(下向き矢印)
鶯守(うぐいすのかみ)「そうなされるがよい。後(のち)ほど 参上仕(さんじょう つかまつ)ると 御館様(おやかたさま)に 申し上(もうし あ)げてくれ」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目あい、わかりもうした手(パー)

山科分岐(やましなぶんき)に さしかかった。
ここにも 見張(みは)りの 足軽(あしがる)が いる。≪と 想像(そうぞう)している≫
DSC_0010.JPG
目見張(みは)り 大儀(たいぎ)じゃ手(パー)
足軽(あしがる)は 槍(やり)を 捧(ささ)げて 敬礼(けいれい)した。
足軽(あしがる)「異常(いじょう)ござりません」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目今日(きょう)は 月夜(つきよ)ゆえ 夜襲(やしゅう)は なかろう満月
足軽(あしがる)「軍師殿(ぐんしどの)も 歌会(うたかい)へ 参(まい)られまするか?」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いや、今宵(こよい)は 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)が あるゆえ 館(やかた)に 戻(もど)らねばならん家
足軽(あしがる)「さようで ござりまするか」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目東人(あずまびと)には 東歌(あずまうた)が なつかしゅうてのう満月
足軽(あしがる)「わたくしも ふるさとが 恋(こい)しゅうなりました」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目では、見張(みは)り ぬかりなきようにな手(パー)
足軽(あしがる)「かしこまりました手(パー)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

DSC_0011.JPG
分岐(ぶんき)した 尾根(おね)を 先(さき)に 進(すす)むと、沢ノ川(さわのかわ)に 出(で)る。
ここは、水軍(すいぐん)の 兵站地(へいたんち)である。≪と 魚(さかな)を 見(み)ながら、想像(そうぞう)している≫
DSC_0012.JPG
目新兵(しんぺい)も 順調(じゅんちょう)に 仕上(しあ)がってきたようだな手(パー)
楢守(ならのかみ)「これは これは 軍師殿(ぐんしどの)手(パー)≪と ミズナラが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目楢守殿(ならのかみどの)も 歌会(うたかい)へ 参(まい)られるか?
楢守(ならのかみ)「いや、拙者(せっしゃ)は 不調法者(ぶちょうほうもの)ゆえ 失礼(しつれい)させてもらった」≪と ミズナラが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目はっはっはexclamationそれでは 今夜(こんや)の 城内見張(じょうない みは)りは 不調法者(ぶちょうほうもの)ばかりになるのうわーい(嬉しい顔)
楢守(ならのかみ)「いかにもexclamationはっはっはっはっわーい(嬉しい顔)≪と ミズナラが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

沢ノ川(さわのかわ)から 毘沙門谷(びしゃもんだに)に 入(はい)る。
ここには 仁明天皇 女御 藤原順子(にんみょうてんのう にょうご ふじわらののぶこ)の 眠(ねむ)る 後山階陵(のちの やましなの みささぎ)がある。
DSC_0013.JPG
目今日(きょう)は 尼君(あまぎみ)に 御目通(おめどお)りしてゆこうぴかぴか(新しい)
すると、上(うえ)から 突然(とつぜん) 黒い羽虫(くろい はむし)が 顔(かお)を めがけて 飛(と)んできた。
目曲者(くせもの)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)
刀(かたな)を 振り抜(ふり ぬ)いて 成敗(せいばい)した。≪と、想像(そうぞう)している≫
目尼君(あまぎみ)を 狙(ねら)うとは どこの手(て)の 者(もの)かexclamation&question
尼君(あまぎみ)「虫守殿(むしのかみどの) かたじけのうございます」≪と 尼君(あまぎみ)が 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目尼君(あまぎみ)も 歌会(うたかい)へ お出(で)ましになっては いかがかな?
尼君(あまぎみ)「いいえ、今日(きょう)は かようなことも ありましたゆえ 静(しず)かにしております」≪と 尼君(あまぎみ)が 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目それも そうですな。では、拙者(せっしゃ)は これにて手(パー)

ここからは 毘沙門谷(びしゃもんだに)を ゆるゆると 登(のぼ)ってゆく。
去年(きょねん)の 台風(たいふう)の 被害(ひがい)が どれほどだったのが、その 自然(しぜん)の 力(ちから)の 強大(きょうだい)さを 見(み)せつけられる ところである。
DSC_0467.JPG
なぎ倒(たお)された 杉(すぎ)が 折り重(おりかさ)なって 谷底(たにぞこ)へ 沈(しず)んでいくようである。
近頃(ちかごろ)は この 景色(けしき)が 毎回少(まいかい すこ)しずつ 変化(へんか)していくのを 楽(たの)しんでいる。
国有林管理官(こくゆうりんかんりかん)が 倒木(とうぼく)の 整理(せいり)を しているのである。
左右(さゆう)の 倒木(とうぼく)を 見(み)ながら 上(あ)がっていくと 南門(みなみもん)がある。
DSC_0014.JPG
ここにも 見張(みは)りの 足軽(あしがる)が いる。≪と 想像(そうぞう)している≫
目見張(みは)り 大儀(たいぎ)じゃ手(パー)
足軽(あしがる)は 槍(やり)を 捧(ささ)げて 敬礼(けいれい)した。
足軽(あしがる)「大杉守様(おおすぎのかみさま)が お待(ま)ちかねでございます」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目そうか、しかし 今日(きょう)は ゆるりと 話(はなし)は できんのだバッド(下向き矢印)ダッシュ(走り出すさま)
足軽(あしがる)「お急(いそ)ぎの ことが おありで?」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いや、今宵(こよい)は 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)が あるゆえ 館(やかた)に 戻(もど)らねばならんのだ家
DSC_0489.JPG
足軽(あしがる)「それは お楽(たの)しみで ございますね」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目まぁな手(パー)

足軽(あしがる)の 声(こえ)に 送(おく)られて、南門(みなみもん)を くぐった。
ここは 桝形(ますがた)が 設(もう)けられているので、すぐ向(む)こうに もう一(ひと)つ 門(もん)がある。
DSC_0015.JPG
ここを 抜(ぬ)けると 大杉丸(おおすぎまる)に 入(はい)る。
大杉丸(おおすぎまる)は この城(しろ)の 南(みなみ)の 守(まも)りの 最重要要塞(さいじゅうよう ようさい)である。
そのため、忍者(しのびのもの)も 多(おお)く 配置(はいち)してある。
各軍勢(かくぐんぜい)から 選(よ)りすぐった 精鋭(せいえい)で 守(まも)りを 固(かた)めた。
もちろん、軍師直属(ぐんし ちょくぞく)の 間諜(かんちょう)も 放(はな)ってある。≪と 想像(そうぞう)している≫

DSC_0016.JPG
大杉守(おおすぎのかみ)「よう こられた手(パー)≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目何(なに)か 拙者(せっしゃ)に 用(よう)が ござるのか?
大杉守(おおすぎのかみ)「尼君(あまぎみ)を 狙(ねら)った 曲者(くせもの)を 成敗(せいばい)されたと 聞(き)いておるが」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目さすが 大杉守殿(おおすぎのかみどの)の お手(て)の 者(もの)だsoon
大杉守(おおすぎのかみ)「曲者(くせもの)は どこの 手(て)の者(もの)か ご存知(ぞんじ)か?」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いや、物獲(もの と)りか 何(なに)かではないか?
大杉守(おおすぎのかみ)「それならいいが…」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目何(なに)か 気(き)がかりでも?
大杉守(おおすぎのかみ)「月(つき)の 終(お)わりあたりに 大阪(おおさか)で 何(なに)やら 集(あつ)まりがあるとか…」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目それか、拙者(せっしゃ)も 案(あん)じておったところだダッシュ(走り出すさま)
大杉守(おおすぎのかみ)「20の 大名(だいみょう)が 来(く)るというではないかexclamation×2≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いかにも、堺(さかい)の 連中(れんちゅう)も 動き出(うごき だ)しておるようだどんっ(衝撃)
大杉守(おおすぎのかみ)「曲者(くせもの)は その偵察(ていさつ)かもしれんな」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目ああ、おおいに ありうるなダッシュ(走り出すさま)
大杉守(おおすぎのかみ)「一服(いっぷく) いかがかないい気分(温泉)≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目かたじけないぴかぴか(新しい)
そう 言(い)って 腰(こし)を 下(お)ろすと、どこからか ヤマアカガエルが 飛び出(とび だ)してきた。
DSC_konohanojyo.JPG
目おお、木葉丞(このはのじょう)では ないかexclamation×2
木葉丞(このはのじょう)「お久(ひさ)しゅうございます」≪と ヤマアカガエルが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
大杉守(おおすぎのかみ)「知(し)らせてくれたのは こやつじゃ」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目なんと、そちであったのかハートたち(複数ハート)
木葉丞(このはのじょう)「はい、沢ノ川兵站地(さわのかわ へいたんち)は 城外(じょうがい)ゆえ、よからぬ輩(やから)も 入り込(はいり こ)んでいると 聞き及(きき およ)んで ございます」≪と ヤマアカガエルが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目そうか、大儀(たいぎ)であったかわいい
大杉守(おおすぎのかみ)「才(さい)あるのは 虫守殿(むしのかみどの)の お手(て)の者(もの)だな」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いかにも、木葉丞(このはのじょう)は ようできる者(もの)ゆえ 大杉守殿(おおすぎのかみどの)に お預(あず)けしているのではないか手(パー)
大杉守(おおすぎのかみ)「そうであったなわーい(嬉しい顔)≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目さて、そろそろ 御館様(おやかたさま)の 首(くび)が 蛇(へび)に なっておろうたらーっ(汗)
大杉守(おおすぎのかみ)「それは 大事(だいじ)exclamation急(いそ)がれるがよい」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目すまぬ、では 木葉丞(このはのじょう) 後(あと)を 頼(たの)んだぞ手(パー)
木葉丞(このはのじょう)「しかと うけたまわりました」≪と ヤマアカガエルが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

如意寺遺構(にょいでら いこう)を 登(のぼ)りつめていくいく。
ここは、沢沿(さわぞ)いに 踏跡(ふみあと)が ついていたのだが、やはり 台風(たいふう)の 被害(ひがい)で 倒木(とうぼく)が ふさいでしまっている。
したがって、如意寺遺構(にょいでら いこう)を 正面(しょうめん)から 登(のぼ)らねばならない。
往時(おうじ)は 参拝者(さんぱいしゃ)のために 石段(いしだん)が ついていたと 思われるが、現在(げんざい)は 崩れ去(くずれ さ)っているので かなり 登(のぼ)りにくい。
防災林道(ぼうさいりんどう)を 横切(よこぎ)って、さらに 高(たか)みへ 上(あ)がっていく。
すると、本陣(ほんじん)に 到着(とうちゃく)する。
DSC_0017.JPG
目見張(みは)り ご苦労(くろう)手(パー)
小姓(こしょう)「御館様(おやかたさま)が お待(ま)ちでござります」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目うむ手(パー)

本陣(ほんじん)に 進み出(すすみ で)て 帽子(ぼうし)をとり、ひざまずく。
目虫守(むしのかみ)ただいま これへ左斜め下
御館様(おやかたさま)「入(はい)れ」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
DSC_0018.JPG
御館様(おやかたさま)の 御前(おんまえ)に かしこまった。
御館様(おやかたさま)「今日(きょう)は そちの 歌(うた)が 聞(き)けぬというが、なぜじゃ?」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目申し訳(もうしわけ)ございませんバッド(下向き矢印)
御館様(おやかたさま)「鳥部(とりべ)が 言(い)うには 先約(せんやく)が あるとか」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目はい、今宵(こよい)は 五月(さつき)の 満月(まんげつ)ゆえ、萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)を 催(もよお)すことに なっておりまする満月
御館様(おやかたさま)「東人(あずまびと)の 宴(うたげ)かダッシュ(走り出すさま)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目来月初(らいげつ はじ)めには 東国(とうごく)より 稀人(まれびと)も 来訪(らいほう)することに なっておりまするぴかぴか(新しい)
御館様(おやかたさま)「それで 東歌(あずまうた)ばかりに 興(きょう)じておるのだな」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目東人(あずまびと)なれば、迎(むか)えずには おられませぬexclamation
御館様(おやかたさま)「まぁ、よい。次(つぎ)は よい声(こえ)を 聞(き)かせてくれ」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目はい、しかと 承(うけたまわ)りましてござる。では、お暇致(いとま いた)します手(パー)
御館様(おやかたさま)「うむ、大儀(たいぎ)であった」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目今宵(こよい)は 鶯守(うぐいすのかみ)を お褒(ほ)めくだされ演劇
御館様(おやかたさま)「ほう、そうかexclamation&question≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

本陣(ほんじん)を 後(あと)にして 山頂(さんちょう)へと 向(む)かう。
途中(とちゅう)に 空堀(からぼり)のある土塀(どべい)が そびえている。
ここにも、見張(みは)りがいる。≪と 想像(そうぞう)している≫
足軽(あしがる)「軍師様(ぐんしさま) もう、お戻(もど)りになるのですかexclamation&question≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目今宵(こよい)は 館(やかた)で 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)を 催(もよお)すのだ満月
足軽(あしがる)「では 歌会(うたかい)を 失礼(しつれい)なさったのでexclamation&question≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目うむ、東人(あずまびと)には 雅(みやび)やかな 会(かい)は 窮屈(きゅうくつ)でならんダッシュ(走り出すさま)
足軽(あしがる)「なるほど、軍師様(ぐんしさま)らしゅうございますハートたち(複数ハート)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目じゃ、万事抜(ばんじ ぬ)かりなく手(パー)
足軽(あしがる)「かしこまりました手(グー)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

IMG_6765.JPG
頂上(ちょうじょう)に 到着(とうちゃく)。
ここから 火床(ひどこ)まで あと10分(じゅっぷん)の 距離(きょり)である。

IMG_6763.JPG
休憩(きゅうけい)がてら 眼下(がんか)の 東山(ひがしやま)トンネルを 通過(つうか)する 新幹線(しんかんせん)を 見送(みおく)る。

IMG_6764.JPG
この 方角(ほうがく)から 満月(まんげつ)が 上(のぼ)ってくる。
しかし、これから 西斜面(にししゃめん)を 下(お)りていくので、山(やま)の 陰(かげ)になってしまう。
よしえ虫(むし)が 月(つき)を 見(み)られるのは、月の出(つき の で)の 1時間後(いち じかん ご)くらいだろうか。

この辺(あた)りから、人(ひと)が 増(ふ)える。
そのため、【軍師(ぐんし)ごっこ】は そろそろ 終(お)わる。
頭(あたま)では 戦国(せんごく)の 山城(やまじろ)を 見回(みまわ)る 軍師(ぐんし)に なっていても、傍目(はため)からみたら 独り言(ひとり ごと)を 言(い)っている 奇妙(きみょう)なヤツである。

18:50
すれ違(ちが)う人(ひと)と 『こんにちは〜』と 挨拶(あいさつ)を 交(か)わして、普通(ふつう)の 登山者(とざんしゃ)になる。

IMG_6766.JPG
火床(ひどこ)には 何組(なんくみ)かの 登山者(とざんしゃ)が いた。
三脚(さんきゃく)を 立(た)てて、夕景(ゆうけい)を 狙(ねら)っている 写真愛好家(しゃしんあいこうか)。
台湾(たいわん)からの 家族連(かぞくづ)れ。
学生(がくせい)らしき 集団(しゅうだん)。
カップル。
ビールを 飲(の)んでいる 欧米人(おうべいじん)グループ。
静(しず)かに 語り合(かたり あ)う 男性二人組(だんせいふたりぐみ)。

よしえ虫(むし)は 要(かなめ)にある 祠(ほこら)に 片膝(かたひざ)をつき 今日(きょう)の 山(やま)の 無事(ぶじ)と、楽(たの)しませてもらったことに 感謝(かんしゃ)する。
そして、愛宕山(あたごやま)を 振り返(ふり かえ)る。
IMG_6770.JPG
刻々(こくこく)と 太陽(たいよう)が 沈(しず)んでいく。
愛宕山(あたごやま)が シルエットになる。
IMG_6773.JPG
太陽(たいよう)が ダイヤモンドのような 光(ひかり)の 粒(つぶ)になる。
雲(くも)に 光(ひかり)が 反射(はんしゃ)する。
IMG_6783.JPG
空(そら)の 色(いろ)が 宇宙(うちゅう)の 色(いろ)になっていく。
地上(ちじょう)に 光(ひかり)の 海(うみ)が 広(ひろ)がっていく。
IMG_6784.JPG
雲(くも)が ばら色(いろ)に 染(そ)まる。
そろそろ 下界(げかい)に 戻(もど)ろう。

森(もり)の 中(なか)に はいると、足元(あしもと)が 見(み)えなくなった。
ヘッドライトを つけて、慎重(しんちょう)に 歩(ほ)を 運(はこ)ぶ。

19:40
山(やま)を 出(で)た。
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の 西斜面(にししゃめん)から 東(ひがし)の 空(そら)を 見上(みあ)げた。
IMG_6787.JPG
もうすぐ 月(つき)が 顔(かお)を 出(だ)しそうだった。
しかし、ここで 月待(つきま)ちを していたら 蚊(か)の 餌食(えじき)に なってしまう。
しかたなく、帰路(きろ)に ついた。
数分(すうふん)して 振(ふ)りあおぐと、月(つき)が 上(のぼ)ってきていた。
大通(おおどお)りでは 車(くるま)や 店(みせ)の 電灯(でんとう)が 明(あか)るすぎた。

金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の 参道(さんどう)に 入(はい)った。
IMG_6803.JPG
月(つき)と 木星(もくせい)の 天体(てんたい)ショー。

アメリカの 先住民(せんじゅうみん)の 間(あいだ)では、1年(いちねん)で 6回目(ろっかいめ)の 満月(まんげつ)を 『ストロベリー・ムーン』というそうだ。
ちょうど 野(の)イチゴなどの ベリー類(るい)の 収穫期(しゅうかくき)だからである。

さて、【軍師(ぐんし)ごっこ】で 登場(とうじょう)していた 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)とは…
東北地方(とうほくちほう)では 満月(まんげつ)を『まんどろ』と 呼(よ)ぶそうである。
人間椅子(にんげんいす)の 和嶋氏(わじま し)が 言(い)っていた。
DSC_0035.JPG

ここのところ、人間椅子(にんげんいす)ばかり 聞(き)いている。
それは、5月(ごがつ) 27日(にじゅうしちにち) 月曜日(げつようび)の 16:30 過(す)ぎに、運命(うんめい)の 再会(さいかい)を 果(は)たしてしまった からである。

よしえ虫(むし)の 家(いえ)では、ほぼ 1日中(いちにちじゅう) ラジオが 流(なが)れている。
いつものように α-stationが 台所(だいどころ)に 流(なが)れていた。
すると 突然(とつぜん)、重(おも)いビートの ベース・リフが 流(なが)れ、それに 重(かさ)なる 悲し気(かなし げ)な ギター・フレーズが 聞(き)こえてきた。
よしえ虫(むし)は「α-stationでは 珍(めずら)しいなぁ〜 これ 好(す)きな 音(おと)だなぁ〜」と、思(おも)って、手(て)を 止(と)めた。
ボーカルが 入(はい)ると、よしえ虫(むし)は「なんか 人間椅子(にんげんいす)っぽいなぁ〜 こんなバンドも 出(で)てきたんだ〜」と思(おも)って、聞(き)いていた。
サビに 突入(とつにゅう)し、「えっexclamation&questionこれ 人間椅子(にんげんいす)だよねexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question」と思(おも)い 始(はじ)めた。
そして、ギター・ソロが 始(はじ)まって、確信(かくしん)した。
目和嶋(わじま)さんだーーーハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
『瀆神(とくしん)』
曲(きょく)の 後(あと)、鈴木氏(すずきし)が デビュー30周年(さんじゅっしゅうねん)と ニュー・アルバム、ツアーの お話(はなし)を された。
なにもかもが、なつかしかった。
そして、もう 一曲(いっきょく)『無情(むじょう)のスキャット』が 流(なが)れた。
感動(かんどう)せずには いられなかった。

30年前(さんじゅうねんまえ)『イカすバンド天国(てんごく)』で、人間椅子(にんげんいす)を 見(み)て かなり ハマっていた。
小学6年生(しょうがくろくねんせい)のころから ハード・ロック/ヘヴィ・メタルが 好(す)きだったし、江戸川乱歩(えどがわらんぽ)も 好(す)きだった。
しかし、人生(じんせい)には 様々(さまざま)なことが 起(お)こるもので、しばらく 好(す)きな 音楽(おんがく)を 聞(き)くことから 遠(とお)ざかっていた。
それで、音楽(おんがく)は もっぱら ラジオで 流(なが)されているものばかり 聞(き)いていた。

この日(ひ)、その ラジオから よしえ虫(むし)の「中2病(ちゅうにびょう)」的(てき) サウンドが 流(なが)れ、しかも まさに 「中2病(ちゅうにびょう)」の 延長上(えんちょうじょう)に 存在(そんざい)した 人間椅子(にんげんいす)と 運命(うんめい)の 再会(さいかい)をしたのだ。

そして、不思議(ふしぎ)なことが 起(お)こった。
朝(あさ)4:30くらいから、どこからか 人間椅子(にんげんいす)が 聞(き)こえてくるのである。
よしえ虫(むし)は 冬(ふゆ)でも 窓(まど)を 開(あ)けて 寝(ね)ているので、外(そと)の 音(おと)は よく聞(き)こえる。
はじめは、よしえ虫(むし)が 人間椅子(にんげんいす)を 聞(き)きすぎて、夢(ゆめ)にも 流(なが)れているのか と思(おも)った。
ところが、ある朝(あさ) はっきりと『無情(むじょう)のスキャット』が 聞(き)こえたのである。
思(おも)わず 起(お)きて、サビを 唱和(しょうわ)してしまった。
ご近所(きんじょ)の 人間椅子(にんげんいす)好(ず)きの 方(かた)には、『京都(きょうと)ミューズ』で お会(あ)いするかもしれない。

山(やま)、自然(しぜん)、歴史(れきし)、天体(てんたい)、虫(むし)や 小動物(しょうどうぶつ)、空想(くうそう)、ハード・ロック/ヘヴィ・メタル… 中学2年生(ちゅうがく にねんせい)で 愛(あい)したことは 一生愛(いっしょう あい)し 続(つづ)けるように できているのかもしれない。
posted by よしえ虫 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年03月23日

啓蟄(けいちつ)

小(ちい)さな 春(はる)を みつけた。
DSC_0382.JPG
サザンカは はらはら おちて

DSC_0383.JPG
ツバキは ぷっくり ひらいて

DSC_0380.JPG
ビオラは ひらひら かぜに ゆれる

DSC_0397.JPG
コブシは そらに ミルクを こぼし

DSC_0406.JPG
スナゴケが にわを おおい

DSC_0405.JPG
ほうしたいが つんつん つきだし

DSC_0403.JPG
やわらかな わかくさが のびてくる

DSC_0409.JPG
かぜは つめたいけれど たいようは もう 春(はる)だ。
posted by よしえ虫 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年02月21日

前祝(まえ いわ)い

さて、本日(ほんじつ)は GRさんの 教習所卒業(きょうしゅうじょ そつぎょう)の 前祝(まえ いわ)いとして、温泉(おんせん)に 来(き)ました。
山科駅(やましなえき)で 待ち合(まち あ)わせを して、湖西線(こせいせん)で おごと温泉(おんせん)へ電車

GR「先生(せんせい)exclamation&questionどこから 来(き)たの?」
目地下鉄(ちかてつ)で、激(はげ)しく Gを 感(かん)じながらるんるん
GR「なに それたらーっ(汗)

よしえ虫(むし)にとっては いつものことですが、GRさんにとっては 遠足気分(えんそくきぶん)ですかわいい
駅前(えきまえ)から 送迎(そうげい)バスに 乗り込(のり こ)むとsoon
GR「うわっどんっ(衝撃)たった 3分(さんぷん)で 満員(まんいん)や〜end
目ふっふっふっ手(チョキ)

さっさと 入館手続(にゅうかん てつづき)きを して、ロッカーに 直行(ちょっこう)右斜め上
GR「慣(な)れてる感(かん)が すごいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)exclamation×2

タオル1枚(いちまい)だけ 持(も)って、洗い場(あらい ば)へ左斜め上
それから 3時間半(さんじかんはん) 温泉(おんせん)に 浸(つ)かりっぱなしいい気分(温泉)
GRさんと あれこれ しゃべりまくって いましたいい気分(温泉)
よくも まぁ、こんなに 話(はな)すことが あるのかと、あきれるくらい です。
そうか、これが 女子(じょし)トークというものかひらめき

15:30
湯(ゆ)から あがって、リラクゼーション・ルームへ 行(い)きました。
琵琶湖(びわこ)も 春(はる)の 色(いろ)です。
DSC_0371.JPG

のどを 潤(うるお)しつつ、GRさんは 卒検(そつけん)の 練習問題(れんしゅうもんだい)をし、よしえ虫(むし)は FPさんの 研究(けんきゅう)の ための、資料(しりょう)を 読(よ)みました。
DSC_0372.JPG
GR「先生(せんせい)、また それexclamation&question
目うん、しかたないじゃんダッシュ(走り出すさま)
GR「そんなに 読(よ)んだら 好(す)きに なったんじゃない?」
目いいや、全然(ぜんぜん)爆弾
GR「今(いま) 日本中(にほんじゅう)で いちばん、『フミコ』を 知(し)ってるのは 先生(せんせい)と FPさんだねハートたち(複数ハート)
目うん まぁ、それは まちがいないなたらーっ(汗)

17:30
おなかも 空(す)いて きたので、いつもの 炉端(ろばた)へ右斜め下右斜め下右斜め下
いつもの ように あたたか〜く 迎(むか)えられ、だら〜〜〜っと 食事(しょくじ)しました。

DSC_0373.JPG

GR「うわーーーハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
目好(す)きなもの 食(た)べなレストラン
GR「いいのぉ揺れるハート
目食(た)べずに 後悔(こうかい)するより、食(た)べてから 後悔(こうかい)すべしパンチ
GR「そうかexclamation×2経験(けいけん)できるからだねわーい(嬉しい顔)
目はい、そのとおり決定

だから よしえ虫(むし)は…
DSC_0374.JPG
サザエるんるん
GR「なに?それ???」
目サザエるんるん
GR「サザエさんの サザエexclamation&question
目そうハートたち(複数ハート)

シメに ざるそば、GRさんは マンゴーパフェハートたち(複数ハート)
スタッフNさん「あー、この 真ん中(まんなか)に はさまって いたいハートたち(複数ハート)
GR&目どうぞ〜わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

今日(きょう)も お世話(せわ)になりました。
DSC_0376.JPG
posted by よしえ虫 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年12月25日

忘(わす)れちゃ いけないかい?

日本(にほん)では 年末(ねんまつ)に 忘年会(ぼうねんかい)を します。
でも、よしえ虫(むし)は それが すきじゃ ありません。
だって、今年(ことし)の ことを 忘(わす)れる 必要(ひつよう)も ないでしょう?
それに、忘(わす)れたくない ことも たくさん あります から。
だから、よしえ虫(むし)は
『忘(わす)れちゃ いけない会(かい)』を しました。
今年(ことし) あったことを たくさん 思い出(おもい だ)しました。
それから、ずーっと ずーっと 覚(おぼ)えていられる ように 心(こころ)に 刻(きざ)みました。

DSC_0371.JPG
今年(ことし) いちばん 心(こころ)に 残(のこ)った ことは、絵日記(えにっき)に してあります。
この 絵(え)は ずーっと ずーっと 忘(わす)れられそうにないことを 描(か)きました。

それから、もちろん おいしいものも 食(た)べました。
DSC_0374.JPG

さぁ、明日(あした)から 年末年始(ねんまつねんし)の フル回転(かいてん)だexclamation×2
posted by よしえ虫 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年09月30日

雨(あめ)も また 楽(たの)し♪

DSC_0340.JPG
新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)を 購入(こうにゅう)した。

以前(いぜん) はいていた 長靴(ながぐつ)は 20年近(ねん ちか)く 経過(けいか)して、底(そこ)が 擦り切(すり き)れてしまったバッド(下向き矢印)
戸越銀座(とごしぎんざ)で 買(か)った 小学校高学年男児用(しょうがっこう こうがくねん だんじ よう)の、青(あお)い 長靴(ながぐつ)だった。
結構(けっこう) 気(き)にいっていて、愛用(あいよう)していたのだが、最近(さいきん)の 長雨(ながあめ)で 登場回数(とうじょう かいすう)が 増(ま)し、とうとう あきらめ ざるを得(え)なくなった。

新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、インターネットで 注文(ちゅうもん)した。
出品者(しゅっぴんしゃ)は 北海道(ほっかいどう)の 会社(かいしゃ)だった。
スムーズに 9月3日(くがつ みっか)に 出荷(しゅっか)された。

ところが、翌4日(よく よっか)は 台風21号(たいふう にじゅういち ごう)が 近畿地方(きんきちほう)を 直撃(ちょくげき)した。
関西空港(かんさいくうこう)の 被害(ひがい)は、世界中(せかいじゅう)で 二ユースに なった。
よしえ虫(むし)の 新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、北海道(ほっかいどう)から 本州(ほんしゅう)へ 向(む)かっていた。

台風21号(たいふう にじゅういち ごう)は、日本海(にほんかい)に 出(で)て、北日本(きたにほん)に 向(む)かった。
そして夜(よる)、北海道西部(ほっかいどうせいぶ)を 通過(つうか)し、猛烈(もうれつ)な 雨(あめ)を 降(ふ)らせた。
よしえ虫(むし)の 新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、順調(じゅんちょう)に 関東(かんとう)の 中継地(ちゅうけいち)に 到着(とうちゃく)した。

明(あ)けて5日(いつか)、北海道(ほっかいどう)の 豪雨災害(ごううさいがい)が 報道(ほうどう)された。
よしえ虫(むし)は 長靴(ながぐつ)の 出品者(しゅっぴんしゃ)の 安否(あんぴ)を 思(おも)わずには いられなかった。
新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、すでに 関西(かんさい)へ 転送(てんそう)されている のに、心(こころ)は 北海道(ほっかいどう)に 置き去(おき ざ)りに されているようだった。

6日(むいか)5:55、いつものように 気象情報(きしょうじょうほう)で 目を覚(めを さ)ました。
でも、いつもとは なんだか 雰囲気(ふんいき)が 違(ちが)った。
そして、3:08に 北海道南西部(ほっかいどうなんせいぶ)で 大(おお)きな 地震(じしん)が あったと、繰り返(くり かえ)し 報道(ほうどう)されていた。
よしえ虫(むし)は やはり、長靴(ながぐつ)の 出品者(しゅっぴんしゃ)の 安否(あんぴ)を 真っ先(まっ さき)に かんがえた。
よしえ虫(むし)とって 出品者(しゅっぴんしゃ)は、新(あたら)しい 長靴(ながぐつ) 母(はは)のような 存在(そんざい)だ。
この日一日(ひ いちにち)、不安(ふあん)な 気持(きも)ちで 過(す)ごした。

7日午前(なのか ごぜん)、新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)が 届(とど)いた。
さっそく 履(は)いて 授業(じゅぎょう)に 出(で)かけた。
履き心地(はき ごごち)も、歩き心地(あるき ごこち)も、とっても よかった。
すぐに、フィードバックを 送(おく)った。
出品者(しゅっぴんしゃ)も、無事(ぶじ)な ようだった。

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

そして 今日(きょう)、再(ふたた)び 台風(たいふう)が 来(く)る。
今(いま)は まだ、不気味(ぶきみ)な 静(しず)けさが 重苦(おもくる)しく 空(そら)を 覆(おお)っている。

posted by よしえ虫 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年08月13日

盆休(ぼんやす)み、夏休(なつやす)みの 宿題(しゅくだい)

よしえ虫(むし)は たった1日(にち)だけ、休(やす)みました。
1日(にち)だけ ですから、遠(とお)くへは いけません。
なので、温泉(おんせん)へ いきました。
ここに くれば、疲(つかれ)れも とれるし ゆっくり 自分(じぶん)の 時間(じかん)を すごせます。

朝(あさ)から ずーっと 温泉(おんせん)に 浸(つ)かって いました。
露天風呂(ろてんぶろ)で 昼寝(ひるね)も しました。
夕立(ゆうだち)にも あたりました。
じゅうぶん 休(やす)んだ ところで、温泉(おんせん)から あがりました。

さて、今日(きょう)の もう 一(ひと)つの 目的(もくてき)は、読書感想文(どくしょかんそうぶん)の ための 本(ほん)を 読(よ)むことです。
皆(みな)さんが 夏休(なつやす)みの宿題(しゅくだい)で 読書感想文(どくしょかんそうぶん)を 書(か)いている ので、よしえ虫(むし)も おなじように しようと 思(おも)いました。

DSC_0334.JPG

いつものように、炉端焼(ろばたや)きを つつきながら 残(のこ)りの 150ページを 読(よ)み はじめました。

夏(なつ)は 海(うみ)に 関係(かんけい)する 小説(しょうせつ)を 読(よ)むことが 多(おお)いです。
今(いま) 読(よ)んでいる のも、潜水艦(せんすいかん)の 話(はなし)です。
本当(ほんとう)に おもしろい 小説(しょうせつ)なので、どんどん 読(よ)み 進(すす)みました。
そして、今日(きょう)は 最終段階(さいしゅうだんかい)の 部分(ぶぶん)を 読(よ)みます。
歴史的(れきしてき)な 事実(じじつ)が あるので、結末(けつまつ)は わかります。
でも、どのように それを 迎(むか)えるのか とても ワクワクしました。

さて、小説(しょうせつ)の 内容(ないよう)は…
よしえ虫(むし)の 読書感想文(どくしょかんそうぶん)で、お読(よ)みくださいかわいい
読書感想文.pdf
posted by よしえ虫 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年07月14日

珍(めずら)しい お客様(きゃくさま)

作業(さぎょう)を していると、庭(にわ)で スズメが 直径(ちょっけい)25pくらいの 輪(わ)を 描(えが)いて 歩(ある)いているのが 見(み)えた。
獲物(えもの)を 見(み)つけて すきを窺(うかが)って 食(た)べるつもり なのだろう。
ひとしきり くるくると 回(まわ)っていたが、よしえ虫(むし)が ガラス越(ご)しに ちかづくと 飛(と)んで 行(い)った。
残(のこ)された もの は、木(き)の 小枝(こえだ)のように 見(み)えた。

WQちゃんが 来(き)たので、授業(じゅぎょう)を 始(はじ)めた。
今日(きょう)は 夏の詩(なつ の し)を 作(つく)る 宿題(しゅくだい)だ。
詩(し)を 作(つく)り ながらも、よしえ虫(むし)は 外(そと)が 気(き)になっていいた。

宿題(しゅくだい)が 一段落(いちだんらく)ついた ので、木(き)の 小枝(こえだ)のように 見(み)える ものを よく 見(み)にいった。
目なにを 狙(ねら)っていたんだろう?
WQ「なーに?先生(せんせい)?」
目さっき、スズメが いじめてたから、助(たす)けたんだーハートたち(複数ハート)
WQ「どれ?」
そう 問(と)われて、スズメの 脅威(きょうい)から 逃(のが)れた 木(き)の 小枝(こえだ)のように 見(み)える ものを 指(ゆび)さした。
WQ「えっexclamation&question木(き)exclamation&question
目スズメは 木(き)を 食(た)べないだろダッシュ(走り出すさま)
WQ「あっ、そうかexclamation×2じゃ、虫(むし)?」
目うん、そうー(長音記号1)

揺れるハートナナフシ だ揺れるハート

WQ「ナナフシ?」
目うん、いつもは 木(き)の 枝(えだ)みたいに なっているから、なかなか 見(み)つけられないんだーサーチ(調べる)
WQ「あれ、おそいexclamation×2虫(むし)の ナマケモノ みたいexclamation×2
目うん、はやくは 走(はし)らないし、飛(と)ばないねかわいい
WQ「飛(と)ばないのexclamation&question
目うん、だって 木(き)の 枝(えだ)の ふりしてる からいい気分(温泉)
WQ「死(し)んじゃうexclamation&question
目ここでは 生(い)きられない かなダッシュ(走り出すさま)連(つ)れて 帰(かえ)りたいなかわいい

というわけで、ナナフシを 保護(ほご)するために、こっそり 庭(にわ)に 出(で)た。
ナナフシは ちょっと 抵抗(ていこう)した けれど、簡単(かんたん)に 手(て)の 中(なか)に 入(はい)った。
WQ「わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
やはり、スズメに 攻撃(こうげき)されたため、足(あし)が 一本(いっぽん) 不自由(ふじゆう)に なっていた。
WQ「連(つ)れて 帰(かえ)ったら、どうするの?」
目庭(にわ)に 放(はな)して あげるかわいい
WQ「先生(せんせい)の うちの 庭(にわ)は 食べ物(たべもの)あるexclamation&question
目うん、草(くさ)が いっぱい 生(は)えてるから、食べ放題(たべ ほうだい)だよるんるん

とりあえず、帽子(ぼうし)の 中(なか)に 収(おさ)めた。
DSC_0275.JPG
つぎの 授業(じゅぎょう)が おわるまで、少(すこ)し 辛抱(しんぼう)してね。

そして、ナナフシを 帽子(ぼうし)に 収(おさ)めたまま、かぶって 帰(かえ)った。
そのときは、さすがに ナナフシも 暴(あば)れた。
頭(あたま)を ゴソゴソと 歩(ある)き 回(まわ)るので、くすぐったかった。
うちに つくと、真っ先(まっさき)に 庭(にわ)に 出(だ)してやった。
DSC_0276.JPG
すると、さっきの 大暴(おおあば)れは どこへやらダッシュ(走り出すさま)
葉(は)の 上(うえ)で じっとして、動(うご)かなくなった。

図鑑(ずかん)で 確認(かくにん)したところ、正式名(せいしきめい)は トゲナナフシ だと わかった。
体(からだ)に 棘(とげ)の ような 突起(とっき)が ある。

夏(なつ)は、寝る前(ねる まえ)に 庭(にわ)に 水(みず)を 撒(ま)くの だが、その時(とき)も まだ 葉(は)の 上(うえ)に 佇(たたず)んでいた。
よしえ虫(むし)は 驚(おどろ)かさないように、そーっと 水(みず)を 撒(ま)いて 寝(ね)た。

ようこそ よしえ虫家(むし け)へハートたち(複数ハート)
posted by よしえ虫 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年06月21日

6月18日7:58

6月(がつ)6日(むいか)
DSC_0259.JPG
アカハラが 庭(にわ)を はっていました。
この庭(にわ)に いるなんて、思(おも)いもしない ことでした。
アカハラは きれいな川(かわ)に 住(す)む 生き物(い き もの)です。
こんな 庭(にわ)の 池(いけ)では、あまり みかけません。
だから、ほんとうに 不思議(ふしぎ)でした。

不思議(ふしぎ)といえば、今年(ことし)は この庭(にわ)で トカゲを 全(まった)く 見(み)ません。
例年(れいねん)だと 春暖(はる あたた)かくなると、真っ先(まっさき)に 活動(かつどう)を 始(はじ)めます。
でも、今年(ことし)は まだ 一匹(いっぴき)も 見(み)ていません。
そういえば、ヤモリも 今年(ことし)は あまり 見(み)ません。
いつもなら、夜(よる) 家(いえ)の 窓(まど)に 張付(はりつ)いて、蚊(か)を 食(た)べて くれるのに…
それにアシダカグモも、今年(ことし)は まだ 姿(すがた)を 見(み)せてくれません。
とても 寂(さび)しいです。

6月(がつ)15日(にち)
≪文豪漱石(ぶんごう そうせき)を 思(おも)いつつ≫
こんな 夢(ゆめ)を 見(み)た。
よしえ虫(むし)の 家(いえ)の、小(ちい)さいながら 野趣豊(やしゅ ゆた)かな 庭(にわ)には、金木犀(きんもくせい)と 伊呂波楓(いろはかえで)が 一本(いっぽん)ずつ 生(は)えている。
よしえ虫(むし)が ここに 住(す)みはじめた ときには、すでに そこに あった。

DSC_0265.JPG
ある日(ひ)よしえ虫(むし)は、夜明(よあ)け 間近(まじか)の その 庭(にわ)を、網戸越(あみど ご)しに 眺(なが)めていた。
何(なに)もかも いつもと 同(おな)じ、しかし 見(み)いて 飽(あ)きない 不思議(ふしぎ)な 庭(にわ)だ。
遠(とお)くから 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 聞(き)こえてきた。
「あぁ、もう 4時(よじ)を 回(まわ)ったな」
と、心(こころ)の 中(なか)で つぶやいた。
そして、また しばらく 庭(にわ)を 眺(なが)めていた。
すると、また 別(べつ)の 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 遠(とお)くに 聞(き)こえた。

そのとたん、庭一面(にわいちめん)が 青白(あおじろ)く 照(て)らされ、するどく 天(てん)から 降(お)りてきた 一筋(ひとすじ)の 光(ひかり)が 伊呂波楓(いろはかえで)の 幹(みき)の 二股(ふたまた)を 切り裂(きり さ)いた。
光(ひかり)とともに、バリバリと 轟音(ごうおん)が とどろいた。
そして伊呂波楓(いろはかえで)から 青白(あおじろ)い 火の手(ひ の て)が 上(あ)がった。
小(ちい)さい庭(にわ)は、隈(くま)なく 照(て)らし 出(だ)された。
よしえ虫(むし)は 一瞬(いっしゅん)、耳(みみ)が 利(き)かなくなり、口(くち)を 半開(はんびら)きにして その 庭(にわ)を 凝視(ぎょうし)した。
庭(にわ)の 小動物(しょうどうぶつ)たちは どこかに 姿(すがた)を 隠(かく)し、しんと 静(しず)まり 返(かえ)った。
よしえ虫(むし)の 耳(みみ)には、轟音(ごうおん)の 残響(ざんきょう)が 響(ひび)く だけだった。
伊呂波楓(いろはかえで)の 炎(ほのお)は すぐに 消(き)えた。

6月(がつ)16日(にち)
目昨日(きのう) こんな夢(ゆめ) 見(み)ちゃってさーあせあせ(飛び散る汗)
GR「どんなんexclamation&question
目ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ってたらーっ(汗)
GR「先生(せんせい)がく〜(落胆した顔)それは、どういう意味(いみ)exclamation&question
目はっきりとは わからないけど、近々(ちかぢか) 何(なに)かあるかもしれないから、気(き)をつけたほうがいいよダッシュ(走り出すさま)
GR「何(なに)かって、地震(じしん)とかexclamation&question
目まぁ〜ね〜ダッシュ(走り出すさま)

6月(がつ)17日(にち)
AK「ねー、見(み)て新月るんるん
目exclamation&question玉子(たまご)新月立(た)ってるexclamation&question
AK「うんexclamation×2端午(たんご)は 引力(いんりょく)の 関係(かんけい)で、玉子(たまご)が 立(た)ちやすいんだよ〜かわいい
目へぇ〜、そうなんだぴかぴか(新しい)

DSC_0263.JPG
よしえ虫(むし)の 家(いえ)の 前(まえ)で、コクワガタが 歩(ある)いて いました。
今(いま)まで こんなことは ありませんでした。
どこで 生(い)きてきたのか、どこで 成虫(せいちゅう)に なったのか、見当(けんとう)も つきませんでした。

6月(がつ)18日(にち) 
≪文豪漱石(ぶんごう そうせき)を 思(おも)いつつ≫
こんな 夢(ゆめ)を 見(み)た。

DSC_0265.JPG
よしえ虫(むし)は 今朝(けさ)も 夜明(よあ)け 間近(まじか)の 庭(にわ)を、網戸越(あみど ご)しに 眺(なが)めていた。
何(なに)もかも いつもと 同(おな)じだ。
そして、3日前(みっかまえ)と 同(おな)じ だった。
遠(とお)くから 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 聞(き)こえてきた。
「あぁ、もう 4時(よじ)を 回(まわ)ったな」
と、心(こころ)の 中(なか)で つぶやいた。
そして、また しばらく 庭(にわ)を 眺(なが)めていた。
すると、また 別(べつ)の 新聞配達(しんぶんはいたつ)の 自動二輪車(じどうにりんしゃ)の 音(おと)が 遠(とお)くに 聞(き)こえた。

そのとたん、庭一面(にわいちめん)が 青白(あおじろ)く 照(て)らされ、するどく 天(てん)から 降(お)りてきた 一筋(ひとすじ)の 光(ひかり)が 伊呂波楓(いろはかえで)の 幹(みき)の 二股(ふたまた)を 切り裂(きり さ)いた。
光(ひかり)とともに、バリバリと 轟音(ごうおん)が とどろいた。
そして伊呂波楓(いろはかえで)から 真っ赤(まっか)な 火の手(ひ の て)が 勢(いきお)いよく 上(あ)がった。
小(ちい)さい庭(にわ)は、隈(くま)なく 照(て)らし 出(だ)された。

その瞬間(しゅんかん)、今(いま) 自分(じぶん)が どこにいるのか 理解(りかい)した。
足元(あしもと)には、ドウドウと 音(おと)を 立(た)てて 濁流(だくりゅう)が 逆巻(さかま)いていた。
小(ちい)さな 箱(はこ)と 化(か)した 部屋(へや)は、濁流(だくりゅう)に 呑(の)まれた。
遊園地(ゆうえんち)の 乗り物(のり もの)のように、上下(じょうげ)に 激(はげ)しく 揺(ゆ)られながら、下流(かりゅう)へと 流(なが)されて いった。
そして、激流(げきりゅう)に 壊(こわ)された 橋(はし)に 乗り上(のり あ)げた 部屋(へや)は、向(む)きを 変(か)え、濁流(だくりゅう)から 逃(のが)れるように 橋(はし)を 滑(すべ)り 降(お)りていった。
よしえ虫(むし)は 一命(いちめい)を とりとめた。

目覚(めざ)めて 背筋(せすじ)が 凍(こお)った。
瞬間(しゅんかん)、嫌(いや)な 予感(よかん)が 走(はし)った。

7:00
GRさんに 次(つぎ)の 授業時間(じゅぎょうじかん)の 変更(へんこう)について メッセージを 送(おく)りました。
なんとなく、今(いま) 送(おく)らなければ 届(とど)かないような 気(き)がしたからです。
月曜日(げつようび)の 朝(あさ)は いつもより、早(はや)く 授業(じゅぎょう)が 始(はじ)まります。
でも、Skypeで 授業(じゅぎょう)しますから、起(お)きる 時間(じかん)は あまり かわりません。
7:30くらいから 朝(あさ)ごはんの 準備(じゅんび)を はじめました。
この日(ひ)も いつものように コーヒーを 淹(い)れました。
ラジオから 流(なが)れてくる『父子愛(ふしあい)の映画音楽(えいがおんがく)』を 聞(き)きながら、オメザの 鯖寿司(さばずし)を ほおばっていました。

7:58
ラジオは Aerosmith『DUDE』が 流(なが)れていました。
よしえ虫(むし)は Aerosmithが 大好(だいす)きなので、ノリノリで 朝(あさ)ごはんを 食(た)べていました。
その時(とき)でした。
足元(あしもと)で 突き上(つきあ)げるような 今(いま)までにない 揺(ゆ)れを 感(かん)じました。
それは、16ビートを 刻(きざ)む バスドラの ようでした。
揺(ゆ)れは 瞬時(しゅんじ)に 家全体(いえ ぜんたい)に 広(ひろ)がりました。
コーヒーフラスコが 音(おと)を たてはじめたので、左手(ひだりて)の 親指(おやゆび)と 人差指(ひとさしゆび)で 押(お)さえました。
右手(みぎて)は 箸(はし)に 鯖寿司(さばずし)を 挟(はさ)んだまま でした。
携帯(けいたい)が 緊急地震警報(きんきゅうじしんけいほう)を 発(はっ)しました。
そして、その時(とき) アッと 思(おも)いましたたらーっ(汗)

揺(ゆ)れは 10秒(びょう)ほど だったでしょうか。
ラジオは いつの間(ま)にか 地震波性(じしんはっせい)を 告(つ)げる 音声(おんせい)を 繰り返(くり かえ)していました。
NHKに 局(きょく)を 切り替(きり か)えました。
地震情報(じしんじょうほう)を 聞(き)きながら、朝(あさ)ごはんを 食べ終(たべ お)えました。
京都南部(きょうとなんぶ)
震度5強(しんど ご きょう)

よしえ虫(むし)は 「そんなに あったかな?」と 感(かん)じつつ、食事(しょくじ)の 後片付(あと かたづ)けを 始(はじ)めました。
カップを 持ち上(もち あ)げた 手(て)が、小刻(こきざみ)みに 震(ふる)えました。
そして、もう一度(いちど) 目覚(めざ)めた時(とき)の 背筋(せすじ)が 凍(こお)る 感覚(かんかく)を 味(あじ)わいました。
目当(あ)たっちゃったたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
地震(じしん)は 怖(こわ)くありませんが、自分(じぶん)の 夢(ゆめ)が 本当(ほんとう)に 怖(こわ)いと 思(おも)いました。
よしえ虫(むし)の 夢(ゆめ)は よく当(あ)たるのですが、今(いま)までは 個人的(こじんてき)なこと ばかりでした。
だから、心配(しんぱい)することなく 自分(じぶん)への 戒(いまし)め や 警告(けいこく)や 予告(よこく)と、考(かんが)えて いました。
でも、今回(こんかい)のこと だけは 『嫌(いや)な 予感(よかん)』を 伴(ともな)って いたので、心(こころ)の 準備(じゅんび)を していました。

8:15
外(そと)で 自転車(じてんしゃ)の ブレーキ音(おん)が しました。
誰(だれ)かが、あわてて いるようでした。
すると、よしえ虫(むし)の うちの ドアが 激(はげ)しく ノックされました。
オッチャン「手(グー)あせあせ(飛び散る汗)手(グー)あせあせ(飛び散る汗)手(グー)exclamation×2
目はぁ〜いexclamation&question
オッチャン「よしえ虫(むし)さんexclamation×2大丈夫(だいじょうぶ)かexclamation&question
目あー、オッチャンハートたち(複数ハート)
オッチャン「生(い)きとったかexclamation×2ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
目うん、大丈夫(だいじょうぶ) ありがとうハートたち(複数ハート)
オッチャン「ここ つぶれてる かと思(おも)って、飛(と)んできたんや〜ダッシュ(走り出すさま)
目そうなのexclamation&questionありがとうハートたち(複数ハート)
オッチャン「うちは グラグラ 揺(ゆ)れたからダッシュ(走り出すさま)ここは どうやったexclamation&question
目まぁ、市(し)バスで 橋(はし)を 越(こ)える みたいな感(かん)じ だったよいい気分(温泉)
オッチャン「そうかぁ〜、よかったわぁ〜ダッシュ(走り出すさま)ほな、気(き)をつけてな手(パー)
手(パー)目うん、オッチャンもねるんるん
元(もと) 2階(かい)に 住(す)んでいた オッチャンが 心配(しんぱい)して 飛(と)んできて くれたのでしたハートたち(複数ハート)

8:30
そして、いつものように 授業(じゅぎょう)が 始(はじ)まりました。

そのあとも、いつものような 月曜日)げつようび)でした。
ただ、出張授業(しゅっちょうじゅぎょう)が 休(やす)みだった ことが、いつもと ちがいました。
夕方(ゆうがた)の 授業(じゅぎょう)まで 時間(じかん)が ありましたから、銭湯(せんとう)にも 行(い)こうと 思(おも)いました。
それで、カレンダーで 曜日(ようび)を 確認(かくにん)しました。
そのとき、『端午(たんご)』という 文字(もじ)が、今日(きょう)の 暦(こよみ)に 記載(きさい)されているのに 気(き)づきました。
そして、AKさんの 言葉(ことば)を 思い出(おもい だ)しました。
AK「うんexclamation×2端午(たんご)は 引力(いんりょく)の 関係(かんけい)で、玉子(たまご)が 立(た)ちやすいんだよ〜かわいい
ということは、今日(きょう)の 地震(じしん)は 引力(いんりょく)と 関係(かんけい)が あるのかも しれないと 思(おも)いました。
そして、カレンダーの 月(つき)の 満ち欠(みち か)けと 潮位(ちょうい)を よく 見(み)ました。
そして、『21日(にち)夏至(げし)』に 目(め)が 止(と)まりました。
目もしかしてたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

6月(がつ)21日(にち)
今朝(けさ)の 夢(ゆめ)は、大好(だいす)きな ヘヴィメタルバンドの 幸(しあわ)せな 夢(ゆめ)でした。
だから、『嫌(いや)な 予感(よかん)』も ありませんでした。
念(ねん)のため、心(こころ)の 準備(じゅんび)だけは して いるんですけどねパスワード
posted by よしえ虫 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年05月24日

よしえ虫(むし)の 仲間(なかま)

先日(せんじつ) タラの 切り身(きりみ)の パックを 開(あ)けたら、アニサキスが 死(し)んでいた。
タラは 冷凍(れいとう)されたものを 解凍(かいとう)した ものだった。
だから、アニサキスは 死(し)んでいた のだろう。
魚(さかな)の 体液(たいえき)に ピロンと 力(ちから)なく 浮(う)かんでいる 15oほどの 白(しろ)い 寄生虫(きせいちゅう)。
もし、知識(ちしき)が なければ 糸(いと)くずだと 思(おも)ってしまうだろう。
それでも、かつては 命(いのち)があった。
そして 生(い)きたまま 人体(じんたい)に 入(はい)れば、重篤(じゅうとく)な 症状(しょうじょう)を もたらす。
この 小(ちい)さな 糸(いと)くずのような 寄生虫(きせいちゅう)が、それほどの 脅威(きょうい)だとは 見た目(みため)では わからない。
最近(さいきん)は スーパー店頭(てんとう)でも、注意(ちゅうい)を 呼び掛(よび か)ける 掲示(けいじ)がある。

アニサキスの 影響(えいきょう)なのか わからないが、夕方(ゆうがた) 早い時間(はやい じかん)から 魚(さかな)が 割引(わりびき)してある ことが おおい。
おかげで 安(やす)く 大量(たいりょう)に お造(つく)りを 食べることが できる。
高級魚(こうきゅうぎょ)であっても、半額(はんがく)に なっていれば、手が届(てが とど)く。
よしえ虫(むし)は、切身(きりみ)の 盛り合(もり あ)わせは あまり 好(す)きではない。
ツマや プラスチックの バランも 入(はい)ってるし、割高感(わりだか かん)がある。
柵(さく)を 購入(こうにゅう)して 自分(じぶん)で 切(き)る のである。

これは ヒラマサの お造(つく)り。
DSC_0244.JPG
料理屋(りょうりや)で 食(た)べたら、何千円(なんぜんえん)になる だろうか?
しかし、これも 250円程度(えん ていど)だ。

豪勢(ごうせい)な 盛り合(もり あ)わせだ。
DSC_0248.JPG
しかし、これも500円足(えん た)らず であった。

これ以外(いがい)にも、ヒラメや タイなどの おなじみ高級魚(こうきゅうぎょ)も 同様(どうよう)である。
店頭(てんとう)では 珍(めずら)しい、イサキも 食(た)べた。
これは 魚好(さかな ず)きには うれしい ことだ。

そして、よしえ虫(むし)は なじみの ない魚(さかな)を 買(か)うと、食(た)べる前(まえ)に 図鑑(ずかん)で 調(しら)べるように している。
イサキを 調(いさき)べたら、
『スズキ科(か)、日本(にほん)の 近海(きんかい)に 分布(ぶんぷ)。おいしい。』
と、書(か)いてあった。
なるほど、確(たし)かに 白身(しろみ)で たんぱくながら、しっかりと うまみがあって 美味(びみ)であった。
また、イサキは 姿(すがた)も 美(うつく)しかった。
黒(くろ)ずんだ 鱗(うろこ)で おおわれ、背(せ)びれの 先(さき)が 鋭(するど)く とがっている。
絵(え)に かいたような、魚(さかな)らしい 魚(さかな)だ。
図鑑(ずかん)を みると、もっと 魚(さかな)が 好(す)きになる。
遺影(いえい)に 手を合(てを あ)わせているような 気分(きぶん)である。
命(いのち)を いただく前(まえ)に、感謝(かんしゃ)する。
そして 隣人(りんじん)の ごとき 愛情(あいじょう)が 湧(わ)く のである。

今日(きょう)は タラの 切り身(きり み)に 生(い)きた アニサキスが いた。
DSC_0250.JPG
主(あるじ)を 失(うしな)って、恥(は)ずかしげに 身(み)もだえている。
この子(こ)が 生(い)きている ということは、この タラは 冷凍(れいとう)されていない ということだ。
生(なま)の 魚(さかな)を 味(あじ)わえる というわけだ。
いちばん おいしく 食(しょく)すのは、命(いのち)を いただく者(もの)の 果(は)たすべき 役割(やくわり)のようにも 思(おも)う。 
posted by よしえ虫 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2018年04月02日

晩春(ばんしゅん)

今年(ことし)の 桜(さくら)は 気合(きあい)が 入(はい)っている。
朝起(あさ お)きたら、景色(けしき)が 変(か)わっていた。
IMG_6698.JPG
何(なん)の 準備(じゅんび)もない まま、晩春(ばんしゅん)に 移(うつ)ろって しまったようだ。

IMG_6706.JPG
多忙極(たぼう きわ)める 日々(ひび)に、一瞬(いっしゅん)の ハレの日(ひ)を もたらした。
うっとおしい ような、浮き立(うき た)つような、複雑(ふくざつ)な 気分(きぶん)だ。
早(はや)く 終(お)われと 思(おも)いつつ、色(いろ)あせてゆくのが 惜(お)しい 気(き)もする。

よしえ虫(むし)は ハレの日(ひ)が 嫌(きら)いだ。
日々淡々(ひび たんたん)と 過(す)ごすのが いい。
何事(なにごと)もなく 平穏(へいおん)に 一日(いちにち)を 終(お)えるのが いい。
宴席(えんせき)も 祭礼(さいれい)も 何(なに)も ないのが いい。
小(ちい)さな 季節(きせつ)の 楽(たの)しみさえ あれば いい。
DSC_0229.JPG
posted by よしえ虫 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary