2020年11月30日

NOT GO TO !!!

おうち生活(せいかつ)を 続(つづ)けていますが、なかなか 飽(あ)きません。
それは、毎日(まいにち) 授業(じゅぎょう)があるし、相撲(すもう)も 開催(かいさい)されたし、来月(らいげつ)の 特別給付悪魔(とくべつきゅうふあくま)に むけて、参拝戦闘服(さんぱい せんとうふく)の 準備(じゅんび)も しているし・・・
第1次(だいいちじ) 締切(しめきり)ラッシュも 無事(ぶじ)に のりきり、次(つぎ)の 締切(しめきり)ラッシュまでに 知見(ちけん)を 広(ひろ)げなければ なりません。
つまり、『Go To』している場合(ばあい)じゃない!
在宅作業(ざいたく さぎょう)が 山盛(やまもり)なのですがく〜(落胆した顔)

ま、そんな中(なか)でも ささやかな幸(しあわ)せを 感(かん)じたいものですね。
まずは、これ。
DSC_0003.JPG
やっと 届(とど)きました!
さて、なんでしょう。
DSC_0004.JPG
エコバッグです!
これを 持(も)って、買物(かいもの)へ 行(い)けば 楽(たの)しさ 倍増(ばいぞう)でするんるん

そして、スーパーで 見(み)つけた 幸(しあわ)せ。
DSC_0005.JPG
期間限定(きかんげんてい)の 和栗入(わぐり いり)チーズぴかぴか(新しい)
本来(ほんらい) 甘(あま)いものは 食(た)べません。
だから、いつもだったら パッケージに スウィーツとか デザートとか 書(か)いてあるものは、購入除外(こうにゅう じょがい)となります。
しかし、最近(さいきん) 夢(ゆめ)に チーズが 頻出(ひんしゅつ)するのです。
これは 異界(いかい)からの メッセージではないか? と思(おも)いました。
目誰(だれ)かが チーズを 食(た)べたがっているのかなぁ〜
そういうときは、逆(さか)らうことなく 食(た)べるようにしています。
それで、チーズ・コーナーを じっくりと 見(み)ていました。
目(め)に とまったのは、『熊本県産(くまもとけんさん)』という 文字(もじ)でした。
目これを 購入(こうにゅう)すれば、ささやかながら 豪雨災害(ごううさいがい)の 復興(ふっこう)に つながるじゃないか!
というわけで、買物(かいもの)のたびに カゴに 入(い)れるようになりました。

そして、これ。
DSC_0015.JPG
ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
この冬(ふゆ)に 大活躍(だいかつやく)しそうな アイテムです。
エース長官(ちょうかん)と ルーク参謀(さんぼう)の グッズですexclamation×2

DSC_0017.JPG
エース・サイドるんるん

DSC_0016.JPG
ルーク・サイドるんるん

もちろん 番組(ばんぐみ)も リピートして 聞(き)いています!
あまりにも おもしろすぎて 作業(さぎょう)の 手(て)が 止(と)まってしまうことも・・・

あとは・・・
大黒(だい くろ)ミサへ いざパンチ
posted by よしえ虫 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2020年10月31日

中二病(ちゅうにびょう)

1日(ついたち)
朝一番(あさ いちばん)に 映画館(えいがかん)に 行(い)くなんて、想像(そうぞう)もしていませんでした。
DSC_0055.JPG
人間椅子の 去年12月(きょねん じゅうにがつ)の 中野(なかの)サンプラザでの ライヴが、映画化(えいがか)されたのです。
当日(とうじつ)は 配信(はいしん)ライヴも あったので、もちろん パソコンのまえで 楽(たの)しみました。
それでも、映画(えいが)を 見(み)に 行(い)きました。
だって、今年(ことし)は ツアーが 延期(えんき)に なってしまったので、その 代(か)わりです。
DSC_0057.JPG
映画(えいが)ですから、パンフレットも 買(か)いました。

開場(かいじょう)すると、入り口(いり ぐち)で 検温(けんおん)が ありました。
よしえ虫(むし)は 体温(たいおん)が 高(たか)めなので、ちょっと ドキドキしました。
無事(ぶじ)に 通過(つうか)して、シアターへ。
DSC_0058.JPG
DSC_0059.JPG
なんだか、不思議(ふしぎ)な 気分(きぶん)です。
映画(えいが)なんだから、座(すわ)って 静(しず)かに 見(み)るんですよねダッシュ(走り出すさま)

100名(ひゃくめい)ほど 入(はい)れる 会場(かいじょう)に、よしえ虫(むし)を 含(ふく)め 8名(はちめい)。
客席制限(きゃくせき せいげん)が あるとはいえ、これで 大丈夫(だいじょうぶ)なのかexclamation&questionと、思(おも)わざるを 得(え)ませんでした。
大型(おおがた)スクリーンに メンバーが 映し出(うつし だ)され、ドキュメンタリーとして ライヴの 模様(もよう)が 流(なが)れていきました。
途中(とちゅう)の 『芋虫(いもむし)』が 演奏(えんそう)されているとき、高齢(こうれい)の ご婦人(ふじん)が 出(で)ていったまま、戻(もど)ってきませんでした。
お連(つ)れの方(かた)に 付き合(つき あ)って 来(き)ていたようですが、どうにも 耐(た)えられなく なったのでしょうあせあせ(飛び散る汗)
映画(えいが)だけど、どうしても 体(からだ)が 動(うご)いてしまいます。
大(おお)きな 鈴木氏(すずき し)が 大(おお)きな 画面(がめん)で、巨大(きょだい)な 鈴木氏(すずき し)に なっています!
叫(さけ)びたいexclamation×2「けんちゃーーーんexclamation×2exclamation×2
でも、マスクをしているし、ここは 映画館(えいがかん)だということを 思い出(おもい だ)して、かろうじて 声を出(こえを だ)さないよう 我慢(がまん)しました。
そして、終盤(しゅうばん)の『針の山(はりの やま)』では、前(まえ)に 座(すわ)っていた オジサマが、体(からだ)を 左右(さゆう)に 揺(ゆ)らしていました。
目じゃ、よしえ虫(むし)も手(グー)
みんなで ジャンプするところで、軽(かる)く こぶしを あげてしまいました。
ヨーロッパ・ツアーの 様子(ようす)も 少(すこ)し 見(み)られて、またしても 母(はは)の 気分(きぶん)に なりました。
目おおきくなったねぇ〜ハートたち(複数ハート)

7日(なのか)
朝一番(あさ いちばん)の ニュースに 耳(みみ)を 疑(うたが)いました。
演劇エディ・ヴァン・ヘーレンさんが 亡(な)くなりました・・・
その日(ひ)、よしえ虫(むし)は 朝(あさ)から 泣き続(なき つづ)けでした。
授業(じゅぎょう)を していても、涙(なみだ)が にじんできて 大変(たいへん)でした。
中学生(ちゅうがくせい)のとき、『ベスト・ヒットUSA』で 見(み)て 衝撃(しょうげき)を 受(う)けたのです。
それから、CDはもちろん、学校(がっこう)の 行帰(いきかえ)りには ポータブルカセットで 聞(き)き 続(つづ)けていました。
DSC_0063.JPG
それからは、エディのような ギタリストばかり 好(す)きになって いきました。
よしえ虫(むし)の ギタリスト偏愛(へんあい)は、中二病(ちゅうにびょう)の ひとつです。
自分(じぶん)は 弾(ひ)けないのに、好(す)きな 音(おと)を 聞(き)いたら 誰(だれ)のギターか すぐに わかるようになりました。
エディの ギターなら、新曲(しんきょく)や フューチャリングでも、聞き違(きき ちが)えることは ありませんでした。
その日(ひ)から 数日間(すうじつかん)は、エディの ニュースや、アーティストたちの コメントを 目(め)にするたび、泣(な)いてばかりいました。
でも、アーティストたちの
エディの 残(のこ)した 楽曲(がっきょく)が ある」
エディの 残(のこ)したのは すべて大切(たいせつ)なもの」
など、エディの 功績(こうせき)を 褒(ほ)めたたえる 言葉(ことば)が 溢(あふ)れてくると、また エディの ギターが 聞(き)きたくなりました。
ラジオで かかるだけでも 泣(な)いていたのに、自(みずか)ら CDを 取り出(とり だ)して かけようという気(き)に なったのです。
それから、毎晩(まいばん)のように ヴァン・ヘーレンの アルバムを 聞(き)いています。
すると・・・
近所(きんじょ)の 品川心中君仮名(しながわしんじゅうくん かめい)も、夜中(よなか)に ヴァン・ヘーレンを 聞(き)いているでは ありませんかexclamation×2
彼(かれ)は きっと よしえ虫(むし)の 聞(き)いてきた音楽(おんがく)を 遡(さかのぼ)っているに 違(ちが)いありません。
中学生(ちゅうがくせい)の よしえ虫(むし)が、アーティストに 影響(えいきょう)されて 生(う)まれる前(まえ)の 音楽(おんがく)を 聞き漁(きき あさ)っていたように・・・

12日(じゅうににち)
庭(にわ)の キンモクセイが 咲(さ)きました。
DSC_0061.JPG
今年(ことし)は ずっと 家(いえ)で 授業(じゅぎょう)をしていますから、授業中(じゅぎょうちゅう)も いい香(かお)りに 包(つつ)まれていました。
これも、今(いま)までには なかった経験(けいけん)です。
一年(いちねん)のうち、ほんの 一週間(いっしゅうかん)ほどの この芳香(ほうこう)を 一日中(いちにちじゅう) 楽(たの)しめるなんて、やはり よしえ虫家(むし け)は すばらしいと 思(おも)いました。
この 部屋(へや)に 住(す)んでいて、本当(ほんとう)に よかったハートたち(複数ハート)
幸(しあわ)せな気分(きぶん)で 授業(じゅぎょう)ができました。

さて、今年最大(ことしさいだい)の 中二病(ちゅうにびょう)が やってきました666
2020-10-14.png
聖飢魔U(せいきまつ)の 期間限定復活(きかんげんてい ふっかつ)です揺れるハート
しかも、「ローム・シアター京都(きょうと)」に 降臨(こうりん)しますぴかぴか(新しい)
歩(ある)いて 行(い)けるところに お越(こ)し いただけるなんてるんるん
今年(ことし)は 様々(さまざま)なことに 変化(へんか)があります。
行脚物品(あんぎゃ ぶっぴん)の 授与(じゅよ)も オンラインに なりました。
だから・・・
WIN_20201024_14_27_52_Pro.jpg
大人買(おとな が)いして オンライン授業(じゅぎょう)の 背景(はいけい)に してみました。
これで、12月(じゅうにがつ)の ビデオ黒(くろ)ミサに むけて、テンション 上(あ)げていきますexclamation×2
posted by よしえ虫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2020年09月30日

暑(あつ)さ 寒(さむ)さも 彼岸(ひがん)まで

月日(つきひ)が 流(なが)れるのは 本当(ほんとう)に 早(はや)いものです。
家(いえ)で 授業(じゅぎょう)を するようになったものの、あまり 不便(ふべん)は 感(かん)じていません。
実(じつ)は、よしえ虫(むし) 「おうち大好(だいす)き」なんです。
基本的(きほんてき)に ハレの日(ひ)が 嫌(きら)いです。
だから、何(なに)も 起(お)こらない 日常(にちじょう)が いいです。
出(で)かける 機会(きかい)を 減(へ)らすようになって、買物(かいもの)すら ハレの日(ひ)と 感(かん)じてしまうくらいに なっています。
あー、めんどくさいバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

先日(せんじつ)は WWさんに ラム酒(しゅ)を もらいました。
DSC_0035.JPG
WW「よしえ虫(むし)さんは 蝙蝠(こうもり)が 好(す)きだからるんるん
目なるほどexclamation×2
ラム酒(しゅ)の ラベルを 見(み)て、よしえ虫(むし)を 思い出(おもい だ)したそうです。
ぴかぴか(新しい)ありがとうございますぴかぴか(新しい)

とても きれいな 夕空(ゆうぞら)にも 出会(であ)いました。
DSC_0050.JPG
WWさんと WQちゃんの 授業(じゅぎょう)からの 帰(かえ)りに、彩雲(さいうん)と 虹(にじ)の コラボレーションが 見(み)られました。
なんだか、いいことが ありそうです。
そういえば、毎晩(まいばん)の 夢見(ゆめみ)も いいです。
『いい 方向(ほうこう)への 変化(へんか)がある』という 内容(ないよう)が 多(おお)いです。
ただし『ちょっと 休(やす)みなさい』という 警告(けいこく)の 夢(ゆめ)も 多(おお)いです。
確(たし)かに、3月29日以来(さんがつ にじゅうくにち いらい) 授業(じゅぎょう)が ない日(ひ)は ありません。
特(とく)に、おうち授業(じゅぎょう)に なってからは、論文添削(ろんぶんてんさく)なども 多(おお)くなったし、早朝締切(そうちょうしめきり)もあるし、授業資料(じゅぎょう しりょう)の 作成(さくせい)も しているし、やることが どんどん 増(ふ)えている 気(き)がします。

そんななかで、癒(いや)されるのが よしえ虫家(むし け)の 住民(じゅうみん)たち。
DSC_0053.JPG
また 一回(ひとまわ)り 大(おお)きくなりましたハートたち(複数ハート)

そして、この本(ほん)。
DSC_0004.JPG
断捨離(だんしゃり)で 手放(てばな)したのですが、購入(こうにゅう)していただいた方(かた)が『弘前(ひろさき)ねぷた』の 絵師(えし)をされていて、ねぷた絵(え)の 参考(さんこう)にされるそうです。
本当(ほんとう)に いいところへ お譲(ゆず)りすることができたと、感激(かんげき)しています。
しかも、弘前(ひろさき)は 人間椅子(にんげんいす)の 故郷(ふるさと)でもあります。
なんだか 運命(うんめい)を 感(かん)じてしまいました。

さて、第二次青春時代(だいにじせいしゅんじだい)を 満喫(まんきつ)していますが、今月(こんげつ)は 『おうちシャウト』が 多(おお)くなっています。
大相撲九月場所(おおずもうくがつばしょ)が 開催(かいさい)され、新入幕(しんにゅうまく)の 翔猿(とびざる)と 関脇優勝(せきわけゆうしょう)した 正代(しょうだい)が 大活躍(だいかつやく)だったので、毎日(まいにち) 一人(ひとり)で 盛り上(もり あ)がっていました。

それから、
27日(にじゅうななにち)20:00〜
2020-09-28.png
人間椅子(にんげんいす)配信(はいしん)ライヴでしたexclamation×2
配信(はいしん)でしたが、ライヴハウスの 気分(きぶん)を 出(だ)してみました。
まず、物販(ぶっぱん)で グッズを購入(こうにゅう)し、ワンドリンク料金(りょうきん)を 支払(しはら)いました。
でも いつもと 違(ちが)うのは、ワンドリンクじゃなくて フリードリンクだということ。
ライヴ会場(かいじょう)だと、静(しず)かに 開演(かいえん)を 待(ま)つのに、パソコンの まえでは、チャットに 書き込(かき こ)みして、ほかの パソコンの まえの みなさんと 会話(かいわ)するところ。
聞(き)きたい曲(きょく)を 言(い)いあったり、どんな姿(すがた)で 待機(たいき)しているとか 教(おし)えあったり、本当(ほんとう)に 楽(たの)しい 時間共有(じかんきょうゆう)です。
そして、ライヴが 始(はじ)まれば 叫(さけ)んで 踊(おど)って ノリノリです。
約2時間後(やく にじかん ご)
いい運動(うんどう)したなぁ〜と 思(おも)いながら、片(かた)づけて すぐに 寝(ね)られるのも 素晴(すば)らしいexclamation×2
会場(かいじょう)へ 足(あし)を 運(はこ)ぶなら、往復(おうふく)の 時間(じかん)が かかります。
でも、配信(はいしん)ライヴなら その時間(じかん)を 有効(ゆうこう)に 使(つか)えます。
様々(さまざま)なことが できなくなって、新(あたら)しい 方法(ほうほう)が 出(で)てきました。
こうしていくうちに、いつのまにか 抵抗(ていこう)がなくなって、新通常(しんつうじょう)が 定着(ていちゃく)するでしょう。
楽(たの)しみ方(かた)も 多様化(たようか)するよう 期待(きたい)しています。
posted by よしえ虫 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2020年06月30日

おうち で 新発見(しんはっけん)!

おうち生活(せいかつ)も、3ヶ月目(さんかげつめ)に 入(はい)りました。
よしえ虫(むし)の 生活(せいかつ)は 外(そと)に 出(で)ないだけで、なぁーんにも かわりません。
毎日(まいにち) 皆(みな)さんと 楽(たの)しく 授業(じゅぎょう)しているし、論文(ろんぶん)や 資料(しりょう)や 教材(きょうざい)の 添削(てんさく)も あります。
いつもどおりの 6月(ろくがつ)を 迎(むか)えています。
ただ、ちがうのは 外(そと)に 出(で)ないだけ。
出(で)かけるのは 週1回(しゅういっかい)の WQちゃん WWさんの 授業(じゅぎょう)と、買い物(かいもの)の ときです。
買い物(かいもの)は 雨の日の午後(あめの ひの ごご)と、決(き)めています。
そのときは、人(ひと)が 少(すく)なくて、なるべく 歩(ある)く 機会(きかい)を 増(ふ)やすように しているからです。

WQちゃん WWさんの 授業(じゅぎょう)の 日(ひ)に、とても 気(き)になっていた ところが あります。
いつも フェンス越(ご)しに 覗(のぞ)いていました。
目なにが 出(で)るんだろうexclamation&question揺れるハート

DSC_0006.JPG
DSC_0007.JPG
DSC_0008.JPG
DSC_0009.JPG
DSC_0010.JPG
京都新聞(きょうとしんぶん)によると、京都所司代(きょうとしょしだい)の 逆(ぎゃく)サイフォン式(しき)排水路(はいすいろ)を 備(そな)えた池(いけ)だそうです!
すごーーーい!!!
当時(とうじ)の 最新技術(さいしんぎじゅつ)を 駆使(くし)した 庭園(ていえん)ですから、建物(たてもの)も かなり 凝(こ)ったもの だったのでしょうぴかぴか(新しい)
徳川幕府(とくがわばくふ)の 京都(きょうと)での 威光(いこう)に、思(おも)いを 馳(は)せながら のぞき見(み)しています。

そして、もう ひとつ…
西三条第(にしさんじょうだい)の 発掘現場(はっくつげんば)です!
『応天門の変(おうてんもんのへん)』で 失脚(しっきゃく)した 藤原良相(ふじわらのよしみ)の 邸宅(ていたく)ですぴかぴか(新しい)
DSC_0020.JPG
DSC_0021.JPG
DSC_0025.JPG
DSC_0026.JPG
寝殿造(しんでんづくり)の 広大(こうだい)な 庭(にわ)と 池(いけ)が、発掘(はっくつ)されています。
よしえ虫(むし)は フェンスを のぞき見(み)しながら
目うわーexclamation×2すごーいexclamation×2exclamation×2
と、叫(さけ)んでいました。

さて、外(そと)での 発見(はっけん)は このくらいにして…

いつもは 日中(にっちゅう)に 出(で)かけていることが 多(おお)かったので、なかなか 気(き)づかなかったことが ありました。
梅雨入(つゆい)り 前(まえ)、昼過(ひるす)ぎになると 庭(にわ)に 太陽光(たいようこう)が さしこんできました。
すると、庭(にわ)が あまやかな 香(こう)ばしさに 包(つつ)まれるのです。
これは、以前(いぜん) 廃村八丁(はいそんはっちょう)へ 行(い)く 途中(とちゅう)の 山道(やまみち)で かいだことがある 香(かお)りです。
たとえるなら メイプルシロップの 香(かお)りです。
なんと、庭(にわ)の モミジの 落ち葉(おちば)が 太陽光(たいようこう)に 焼(や)かれて、この香(かお)りを 放(はな)っているのです!
自宅(じたく)でも あの 感動(かんどう)した 香(かお)りが 楽(たの)しめていたとは!!!
目今(いま)まで、気(き)がつかなくて ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
モミジに 謝(あやま)ってしまいました。

DSC_0005.JPG
これは 東京(とうきょう)にいる LYさんが 描(えが)きました。
ある日(ひ)、ポトリと 投函(と火)ん)されました。
この 絵葉書(えはがき)には
LY『先生(せんせい)は ときどき 狼(おおかみ)に みえます』
という メッセージが 書(か)いてありました。
目なーるほどかわいい
妙(みょう)に 納得(なっとく)してしまいました。
髪型(かみがた)も ヘヴィメタの トレードマークである ウルフカットだし…
社会的組織(しゃかいてきそしき)に 属(ぞく)さずに 活動(かつどう)しているのも 狼(おおかみ)っぽいかなるんるん

6月9日(ろくがつ ここのか)は…
ROCKの 日(ひ)exclamation×2
いつもは 聞(き)かない 時間(じかん)の ラジオから、よしえ虫(むし)を 激(はげ)しく 揺(ゆ)さぶる 音楽(おんがく)が 次々(つぎつぎ)に 流(なが)れてきました。
普段(ふだん)は 滅多(めった)に かかることのない ハードロック/ヘヴィメタルが じゃんじゃん 流(なが)れてくるのです!
10:02 Good Times Bad Times  Led Zeppelin
10:04 Beginnings  Chicago
10:09 Rock Of Ages  Def Leppard
10:19 War Pigs  Black Sabbath
10:28 Metal Guru  T.Rex
10:30 Don't BeCruel  Cheap Trick
10:35 Until It Sleeps  Metallica
10:38 Get It On  Chase
10:46 Romeo Delight  Van Halen
10:51 Free Bird  Lynyrd Skynyrd
なんと 幸(しあわ)せな 1時間(いちじかん)でしょうるんるん
10:30からは JIさんの 授業(じゅぎょう)が ありましたが、思(おも)わず ヘッドバンキングしてしまうのです揺れるハート
JI「先生(せんせい) 今日(きょう)は 楽(たの)しそうねわーい(嬉しい顔)
目うんexclamation×2exclamation×2exclamation×2

さて、先月(せんげつ)に 引き続(ひき つづ)き、命の水(いのちの みず)=ウォッカは ネット注文(ちゅうもん)しました。
すると、なんと フルーツティーの プレゼントが ついていましたぴかぴか(新しい)
DSC_0011.JPG
DSC_0012.JPG
これで ウォッカを 飲(の)むのが とーっても 楽(たの)しみ〜バー

23日(にじゅうさんにち)は いよいよ 真夏日(まなつび)に なりました。
ところが よしえ虫(むし)の おうちは 外気(がいき)より 3〜5度(ど) 低(ひく)いのです。
DSC_0015.JPG
目なるほど、だから エアコンが なくても 大丈夫(だいじょうぶ)なのかぁ〜
そして、授業(じゅぎょう)の ときには、お気に入(きに い)りの 服(ふく)を 着(き)ています。
パソコンの 向(む)こう側(がわ)の 皆(みな)さんだけが 見(み)られる『おうちファッションショー』ですブティック

外(そと)に 出(で)ないので、食事(しょくじ)の 量(りょう)も 減(へ)らしています。
必要(ひつよう)な カロリーと 栄養素(えいようそ)だけ 摂(と)ります。
でも、ときどき 好(す)きなものを 好(す)きなだけ 食(た)べることもあります。
この時期(じき)は やっぱり カツヲですねハートたち(複数ハート)
DSC_0016.JPG
大葉(おおば)と しょうがを たっぷり 盛(も)りつけて、ゆずぽんで 食(た)べました。

ある日(ひ)の 朝(あさ)は ざるそばにしましたるんるん
DSC_0018.JPG
どうしても 食(た)べたくなったのですが、よしえ虫(むし)は 晩(ばん)ごはんで 主食(しゅしょく)を 食(た)べませんし、昼(ひる)ごはんは 一切(いっさい) 食(た)べません。
つまり、1日2食(いちにち にしょく)、主食(しゅしょく)は 朝(あさ)だけ。
だから、朝(あさ)ごはんで 食(た)べることにしました。
ざるそば、サラダ、ヨーグルト、コーヒー喫茶店
ちょっと、不思議(ふしぎ)な 組み合(くみ あ)わせですが、よしえ虫(むし)は 満足(まんぞく)なので 幸(しあわ)せです。

そして、6月(ろくがつ)は 1年(いちねん)の 折り返(おり かえ)しなので、包丁(ほうちょう)を 研(と)ぐことにしています。
DSC_0017.JPG
よく切(き)れるようになると、勝手(かって)が 違(ちが)ってしまうので、指(ゆび)に 細(こま)かい 傷(きず)を つけてしまうのですが…

それから…
DSC_0028.JPG
カワイイbabyたちが、活発(かっぱつ)に 動き回(うごき まわ)るようになりました黒ハート
踏(ふ)みつけないように、そぉ〜〜〜っと 歩(ある)くようにしています足
posted by よしえ虫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2020年05月31日

たのしい おうち せいかつ

緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)が 出(だ)されて、家(いえ)から 出(で)ない日(ひ)が 多(おお)くなりました。
世の中(よの なか)では、様々(さまざま)な 家庭内(かていない)の 問題(もんだい)や、健康問題(けんこうもんだい)が 発生(はっせい)しているようです。
でも、よしえ虫(むし)は 一日中(いちにちじゅう) 家(いえ)に こもっていても、楽(たの)しく 過(す)ごせています。
毎日(まいにち)、online授業(じゅぎょう)が あります。
みなさんと 楽(たの)しく 話(はな)しているので、全(まった)く ストレスが ありません。
買物(かいもの)は なるべく 行(い)かないように しています。
ネットで 注文(ちゅうもん)する物(もの)も 多(おお)くなりました。
例(たと)えば、これ。
今回(こんかい)は、ボトルも 更新(こうしん)すべく、まとめ買(が)い しました。
DSC_0155.JPG
最近(さいきん)、シャンプーや リンスが 品薄(しなうす)です。
いつも 使(つか)っている 『ミヨシ せっけん シリーズ』が どの 店(みせ)からも 消(き)えて しまいました。
先日(せんじつ)の 『帰(かえ)ってきた 人間椅子倶楽部(にんげんいす くらぶ)』で、和嶋氏(わじま し)が 使(つか)っていると おっしゃっていました。
『髪の毛(かみの け)が 抜(ぬ)けない』と コメントされて いたので、もしかしたら 世(よ)の 髪(かみ)の 悩(なや)みを 持(も)つ みなさんが、これに 切り替(きりか)えたのかも しれません。
それだったら、ちょっと 嬉(うれ)しいんですが…

先月(せんげつ)に 引き続(ひき つづ)き、ウォッカも まとめ買(が)い しました。
DSC_0157.JPG
今回(こんかい)は 1.8L(いっ てん はち りっとる)の ペットボトルを 発見(はっけん)し、6本入(ろっ ぽん いり)ケースで 買(か)いました。
箱(はこ)を 開(あ)けたら なんと、プレゼントも 入(はい)っていました。
DSC_0159.JPG
これは、今後(こんご)とも お世話(せわ)になる つもりです。

季節(きせつ)の 味(あじ)も 楽(たの)しんでいます。
DSC_0162.JPG
そらまめ〜

WWさんの 家(いえ)に 出張(しゅっちょう)するとき、鴨川(かもがわ)で 泳(およ)ぐ 蛇(へび)を 見(み)ました。
岸(きし)に 泳ぎ着(およぎ つ)いて、頭(あたま)を 階段(かいだん)に のせて、大(おお)あくびを していました。
目なんて かわいいんでしょうハートたち(複数ハート)
DSC_0169.JPG
ここで 一首(いっしゅ)手(パー)
次項有鴨川(かもがわ)を
  にょろにょろにょろと
   泳(およ)いでた
 ひなたぼっこの
 お目覚(めざ)め蛟(みずち)

そして…
首(くび)を 長(なが)ーーーくして 待(ま)っていたものが 届(とど)きましたexclamation×2
プレゼント佐川急便(さがわきゅうびん)でーす手(グー)あせあせ(飛び散る汗)
DSC_0164.JPG
WSさんの 授業中(じゅぎょうちゅう)なのに 早速(さっそく) 開封(かいふう)るんるん
DSC_0165.JPG
カメラ写真(しゃしん)を 撮(と)ってぴかぴか(新しい)
DSC_0166.JPG
目見(み)て これ 届(とど)いたのぉー揺れるハート
WS「何(なに)exclamation&questionポケットベル
目人間椅子(にんげんいす)の 法被(はっぴ)exclamation×2
WS「へっexclamation&question
目これから、online授業(じゅぎょう)の 衣装(いしょう)だからね〜かわいい
DSC_0167.JPG
DSC_0168.JPG
WS「それじゃ、online祭(まつ)り じゃんたらーっ(汗)
目いいでしょーいい気分(温泉)
WS「先生(せんせい)、本当(ほんとう)に 自粛生活(じしゅくせいかつ) 楽(たの)しんでるねたらーっ(汗)
目うんexclamation×2exclamation×2exclamation×2
posted by よしえ虫 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2020年04月30日

よしえ虫(むし)の 巣(す)ごもり

よしえ虫(むし)は 巣(す)に こもっています。
でも、毎日(まいにち) 楽(たの)しんでいます。
やることも いっぱい あるし、授業(じゅぎょう)もします。
皆(みな)さん の 書(か)いた、興味深(きょうみぶか)い 論文(ろんぶう)の 添削(てんさく)も 楽(たの)しいです。
一番楽(いちばん たの)しいのは、授業用資料(じゅぎょうようしりょう)の パワーポイント 作(づく)りハートたち(複数ハート)
わかりやすく、見(み)やすく、楽(たの)しく 勉強(べんきょう)できるように 工夫(くふう)しています。
ずっと 座(すわ)っていますが、kokokaの 椅子(いす)より 楽(らく)です。
ときどき 立ち上(たち あ)がって、踵上下運動(かかと じょうげ うんどう)を します。
どうしても 外出(がいしゅつ)する ときは、なるべく 歩(ある)いて いきます。

・・・と、こう 書(か)いてきたら、結局(けっきょく) よしえ虫(むし)の 生活(せいかつ)は 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の 前(まえ)と、あまり 変(か)わっていない ことに 気(き)づきました。
kokokaで 授業(じゅぎょう)していても、一日中(いちにちじゅう) 座(すわ)っているんだし、自転車(じてんしゃ)も なるべく 乗(の)らないで 一緒(いっしょ)に 歩(ある)いていましたから。
変(か)わったのは、買物(かいもの)に いく 回数(かいすう)くらいです。
でも、これも 今年(ことし)の 目標(もくひょう)の 一つ(ひとつ)だったので、あまり 苦(く)になりません。
なぁ〜んだ、全然(ぜんぜん) 問題(もんだい)なしexclamation×2心配(しんぱい)なしexclamation×2
もともと ミニマルな 生活(せいかつ)スタイル だから、様々(さまざま)な 業種(ぎょうしゅ)が 休(やす)んでいても、影響(えいきょう)は ないんです。

ただ、温泉(おんせん)や 図書館(としょかん)が 休(やす)んでいるのは 残念(ざんねん)です。
銭湯(せんとう)は お年寄(としよ)りが 多(おお)いし、脱衣所(だついじょ)は 危(あぶ)なそうだから、自粛(じしゅく)しています。

さて、じゃあ、よしえ虫(むし)の 家楽(いえたの)しみは・・・
ちょっと 出(で)かけた ときに、小鳥(ことり)たちが 蜜(みつ)を すったあとの 桜(さくら)を 拾(ひろ)いました。
植栽(しょくさい)の 葉(は)の 上(うえ)に 落(お)ちた きれいなものを 選(えら)びました。
それを しばらく 水(みず)に つけておきます。
水気(みずけ)を きってから・・・
DSC_0004.JPG
いちご に あしらったら、あら ステキぴかぴか(新しい)

DSC_0005.JPG

DSC_0088.JPG
焼魚(やきざかな)に のせてみたりレストラン

DSC_0030.JPG
さくらどうふ に さくらexclamation×2

DSC_0029.JPG
バラ茶割(ばらちゃわり)に うかべていい気分(温泉)

買物(かいもの)に 出(で)なくていいように、ネット注文(ちゅうもん)も 活用(かつよう)しています。
DSC_0145.JPG
命の水(いのち の みず)の 箱買(はこが)いパンチ

DSC_0146.JPG
しあわせ〜かわいい

あとは 動画(どうが)サイトを 楽(たの)しみましょうるんるん
2020-03-30 (1).png
posted by よしえ虫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年11月16日

只今準備中(ただいま じゅんびちゅう)

11月11日
(じゅういちがつ じゅういちにち)
はぁ〜ダッシュ(走り出すさま)
久(ひさ)しぶりに 湯治(とうじ)に 出(で)かけられた。
足(あし)の 調子(ちょうし)は、そんなに 悪(わる)くない。
でも、肩(かた)や 腰(こし)には 少(すこ)し 疲労(ひろう)が たまってきた ようだった。
11月(じゅういちがつ)に 論文提出者(ろんぶんていしゅつしゃ)が 二人(ふたり)。
それが 終(お)わって、次(つぎ)の 提出締切(ていしゅつしめきり)まで、すこし ホッとできる。
それに、相撲(すもう)も ある。
だから、エイッと 温泉(おんせん)に でかけた。
リニューアル後(ご)、初(はじ)めての 訪問(ほうもん)となる。
今日(きょう)は あまり 混(こ)んでいない ようだった。
送迎(そうげい)バスにも 空席(くうせき)が あった。

入館(にゅうかん)すると、入り口(いりぐち)に 駅(えき)の 自動改札(じどうかいさつ)のような 装置(そうち)が あった。
目なるほど〜ぴかぴか(新しい)
ICキーを タッチして、カウンターへと 向(む)かう。
脱衣(だつい)ロッカーの キーは、コインリターン式(しき)に なっていた。
ということは、館内(かんない)では 鍵(かぎ)を 二(ふた)つ 身(み)に 着(つ)けて おかねばならないのか…
ちと、面倒(めんどう)だと 思(おも)った。
しかし、ロッカーは 好(す)きな 場所(ばしょ)を 選(えら)べる。

朝(あさ)イチだった ためか、シャワーの 温度(おんど)が なかなか あがらなかった。
さっさと 体(からだ)を 洗(あら)って、温泉(おんせん)に 浸(つ)かった。
温泉(おんせん)の 湯加減(ゆかげん)も、心(こころ)なしか 低(ひく)く 感(かん)じた。
11時過(じゅういちじ す)ぎ、露天風呂(ろてんぶろ)で 空(そら)を 見上(みあ)げていたら、鋭(するど)い 閃光(せんこう)が 眼(め)を 射(い)た雷
しばらくして、バリバリと 雷鳴(らいめい)が とどろいた。
そして、今日(きょう)の カラオケでは 『雷神(らいじん)雷を 必(かなら)ず 歌(うた)おうと 決(き)めた。

今(いま)まで、台風(たいふう)や 雪(ゆき)の 日(ひ)に、この 露天風呂(ろてんぶろ)に いたことはあった。
しかし、雷(かみなり)は 初(はじ)めてだった。
なかなか できない 経験(けいけん)だ。
灰色(はいいろ)の 雲(くも)の 隙間(すきま)から、光線(こうせん)の 糸(いと)が 垂(た)らされ、遅(おく)れて 空(そら)を 引き裂(ひき さ)くような 轟音(ごうおん)が 響(ひび)く。
空気(くうき)が 振動(しんどう)し、皮膚(ひふ)を しびれさせる。
全身(ぜんしん)で 自然(しぜん)の 猛(たけ)りを 受け止(うけ と)めている ようだった。

雷鳴(らいめい)が 止(や)み、雲(くも)が 切れ切(きれ ぎ)れになると、青空(あおぞら)も 見(み)えてきた。
天気予報通(てんきよほう どお)り、今日(きょう)は 不安定(ふあんてい)な 空模様(そらもよう)だった。

午後(ごご)は カラオケと、相撲観戦(すもう かんせん)である。
家(いえ)では シャウトできないので、一人(ひとり)カラオケで 心行(こころゆ)くまで 叫(さけ)ぶのである。
発声練習(はっせいれんしゅう)でもあり、ストレス発散(はっさん)でもあり、トレーニングでもある。
それに、最近(さいきん)では ライヴの予習(よしゅう)も 兼(か)ねている。
今回(こんかい)の 予習(よしゅう)テーマは 『落語(らくご)』exclamation×2
DSC_0134.JPG
「マイ歌詞(かし)カード」持参(じさん)で、予習(よしゅう)に いそしんだ。

PV映像(えいぞう)になった 『無情(むじょう)のスキャット』に 感激(かんげき)しつつ 予習(よしゅう)るんるん
DSC_0131.JPG

たっぷり 2時間(にじかん)と 思(おも)ったが、あっという間(ま)だった。
次回(じかい)は 3時間(さんじかん) 必要(ひつよう)かも…
まぁ、一曲一曲(いっきょく いっきょく)が 長(なが)いから、歌(うた)っている 時間(じかん)は、半分(はんぶん)くらいに なるのだがダッシュ(走り出すさま)

カウンターに マイクを 返(かえ)して、新館(しんかん)へ 向(む)かう。
乱歩(らんぽ)の 『人間椅子(にんげんいす)』のような マッサージチェアに 座(すわ)って、肩(かた)、背中(せなか)、腕(うで)、脚(あし)を もみほぐす。
全身(ぜんしん)に 勢(いきお)いよく 血液(けつえき)が 回(まわ)っていくのが わかる。

今日(きょう)は 九州場所二日目(きゅうしゅうばしょ ふつかめ)である。
幕内土俵入(まくうち どひょうい)り から、ゆっくり 観戦(かんせん)できた。
DSC_0135.JPG
DSC_0136.JPG
石浦関(いしうら ぜき)と 炎鵬関(えんほう ぜき)が、そろいの 化粧(けしょう)まわし である。
横綱土俵入(よこづなどひょうい)り で、露払(つゆはら)い、太刀持(たちも)ちを それぞれ 受け持(うけも)つ ため である。
これが 見(み)たかったぁ〜揺れるハート
DSC_0138.JPG
よしえ虫(むし)に とっては、横綱(よこづな)より この 二人(ふたり)が 重要(じゅうよう)exclamation×2

それから、もう 一人(ひとり)。
阿炎関(あび ぜき)ハートたち(複数ハート)
DSC_0137.JPG

今日(きょう)は 横綱大関(よこづな おおぜき)が 総崩(そうくず)れとなる 波乱(はらん)が あった。
阿炎関(あび ぜき)が 大関(おおぜき)を 破(やぶ)り、殊勲(しゅくん)インタビューも あった。
いい日(ひ)に 観戦(かんせん)できたと 満足(まんぞく)だった。

雲(くも)の 切れ間(きれ ま)から 大(おお)きな 月(つき)も 見(み)えた。
DSC_0139.JPG
空(そら)も 土俵(どひょう)も 波乱(はらん)ずくめ であった。

いつもの 和食処(わしょくどころ)に 移動(いどう)した。
すると、なんと爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾
炉端(ろばた)メニューが なくなっている ではないかexclamation×2
ほんとうに がっかりしてしまったバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
いつも、ここで ささやかな 贅沢(ぜいたく)を するのが 楽(たの)しみだったのにダッシュ(走り出すさま)
むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)
まぁ、しかたない。
気(き)を 取り直(とり なお)して、注文(ちゅうもん)しよう。
注文(ちゅうもん)も タッチパネルに なっている ではないかexclamation×2
DSC_0142.JPG

目『玉(たま)ネギ抜(ぬ)き』は どうしたらいいのじゃーーーどんっ(衝撃)
店員(てんいん)「あっ、リニューアルしてから 初(はじ)めて でしたっけexclamation&question
目うんどんっ(衝撃)
店員(てんいん)「じゃ、まず 注文(ちゅうもん) お聞(き)きしますね」
目『グリーンサラダ 玉(たま)ネギ抜(ぬ)き』と〜〜〜
店員(てんいん)「はい、かしこまりました決定
DSC_0141.JPG
とりあえず、いつも通(どお)りの 注文(ちゅうもん)ができた。
ゆっくり、『歴史の時間(れきし のじかん)』を 読(よ)みながら、いつものように ゆっくり 食事(しょくじ)を 楽(たの)しんだ。
この 本(ほん)は 欧米(おうべい)の 研究者(けんきゅうしゃ)による 歴史学書(れきしがく しょ)である。
執筆年(しっぴつねん)は 第二次大戦後(だいにじたいせん ご)すぐ だが、非常(ひじょう)に 示唆(しさ)に 富(と)む 論述(ろんじゅつ)である。
著者(ちょしゃ)は オーラル・ヒストリーの 重要性(じゅうようせい)を 説(と)いている。
歴史(れきし)は、英雄(えいゆう)や 聖職者(せいしょくしゃ)などの 華々(はなばな)しい 記録(きろく)から、脱却(だっきゃく)しなければならない という。
市井(いちい)の 個人(こじん)の 実感(じっかん)した 社会(しゃかい)そのものが、人間世界(にんげんせかい)の 歴史(れきし)だと 強調(きょうちょう)する。 
最近(さいきん)、世界史(せかいし)を 勉強(べんきょう)する 学習者(がくしゅうしゃ)もいるので、新(あら)たな 視点(してん)からの 解説(かいせつ)も できそうである。

11月14日
(じゅういちがつ じゅうよっか)
パソコンの 前(まえ)で 待機中(たいきちゅう)exclamation×2
2019-11-14.png

11月15日
(じゅういちがつ じゅうごにち)
待(ま)ちに 待(ま)っていた チケットが 届(とど)いたexclamation×2
DSC_0149.JPG

あとは 着物(きもの)の 着付(きつ)けの 練習(れんしゅう)あるのみパンチ
こんな ふうに 美(うつく)しくは なれないけどね〜バッド(下向き矢印)ダッシュ(走り出すさま)
DSC_0117.JPG
posted by よしえ虫 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年09月23日

『ドグラ・マグラ』夢野久作(ゆめの きゅうさく)

るんるん〜 アー アアー アー アアー
さても 奇妙(きみょう)な 探偵小説(たんていしょうせつ)
誰(だれ)が 犯人(はんにん)なのか とんと 知(し)れぬ
読(よ)めば 読(よ)むほど けむに 巻(ま)かれる
古今東西(ここんとうざい) 賛否両論(さんぴりょうろん)
フランス語訳(ご やく) ありし とか〜
読(よ)めば 一度(いちど)は 精神(せいしん) 病(や)むという
著者畢生(ちょしゃ ひっせい)の 地獄外道祭文(じごくげどうさいもん)
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
ウチの 書棚(しょだな)にゃ なにが ある
横溝(よこみぞ) 乱歩(らんぽ)に 景山民夫(かげやま たみお)
チャンドラー ホックに R・B・パーカー
あらら 久作(きゅうさく) カヤの 外(そと)
なれば 書棚(しょだな)の 延長(えんちょう)へ 参(まい)りませう
書庫(しょこ)より 出(い)で 来(き)た 上下巻(じょうげ かん)
白髪紳士(はくはつ しんし)も ガン見(み)する
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

DSC_0081.JPG
るんるん〜 アー アアー アー アアー
ガン見(み)されし 表紙絵(ひょうしえ)は
故(こ) 米倉斉加年(よねくら まさかね) 氏(し)の 手(て)なる
婀娜(あだ)に 艶(なま)めく 美女(びじょ)の 姿態(したい)
表紙(ひょうし)に 惹(ひ)かれ ページを 繰(く)れども
かような 描写(びょうしゃ)なぞ ありゃしやせん
ここは 胎児(たいじ)の 出口(でぐち)なり
一ツ目小僧(ひとつめこぞう)の 閨(ねや)でなし
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
秋(あき)の 夜長(よなが)と 参(まい)りませう
とはいえ 9月(くがつ)は 夏場所(なつばしょ)ありて
幕内取り組み(まくうち とりくみ) 始(はじ)まれば
盃(さかずき) 片手(かたて)に ラジオで 相撲(すもう)
わかよ たれそ つねならむ
結びの一番(むすび の いちばん) 終(お)わりぬる
吾(わ)が 一日(いちじつ)も 終(お)わりつる
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
吾(われ)より 先(さき)に 上巻(じょうかん) 借(か)りし人(ひと)
続(つづ)けて 下巻(げかん)を 借(か)り ゆかぬのは
精神病医学博士(せいしんびょういがくはくし)の 遺書(いしょ)と
大脳生理学(だいのうせいりがく)の 学究(がっきゅう)に
ついて 行(ゆ)けぬ ためなるか
1935年(せんきゅうひゃくさんじゅうごねん)の 狂気(きょうき)は
2019年(にせんじゅうきゅうねん)の 常識(じょうしき)と なりぬ
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
M博士(はくし)の 最新(さいしん) 精神医療(せいしんいりょう) 技術(ぎじゅつ)は
狂人開放治療場(きょうじん かいほう ちりょう じょう)なり という
自由気(じゆう き)ままに 敷地(しきち)を 徘徊(はいかい)しつるは
今日(こんにち) 流行(はやり)し XXXXXの デ・ジャ・ヴ
鉄格子(てつごうし)の 中(なか)から 聞(き)こえしは
太古(たいこ)の 記憶(きおく)の 懊悩(おうのう)の 声(こえ)
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるんラアラアラアラアポンチキチ……
ブラック・サバスを BGMに
久作(きゅうさく) 読(よ)めば 人間椅子(にんげんいす)
フーコー 読(よ)めば 聖飢魔U(せいきまつ)
ポンチキポンチキポンチキチ……

DSC_0092.JPG
るんるん〜 アー アアー アー アアー
まんどろ 満月(まんげつ) 中秋節(ちゅうしゅうせつ)は
月(つき)の 狂気(きょうき)の 調(しら)べかな
悪魔(あくま)も 鬼(おに)も 黄泉(よみ)も 宙(そら)も
狂人開放治療(きょうじん かいほう ちりょう)で くつろぎたもう
庭(にわ)では 秋虫(あきむし)たちの
大交響詩(だい こうきょうし)が 奏(かな)でられ
ギター小僧(こぞう)は よっぴで リフ練習(れんしゅう)
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
吾(われ)も よっぴで 狂気(きょうき)の 調(しら)べと いきたいが
あいにく 早寝早起(はやねはやおき) 健康第一(けんこうだいいち)
ギター小僧(こぞう)は よっぴで 人間椅子(にんげんいす)
吾(われ)も よっぴで 人間椅子(にんげんいす)が 夢(ゆめ)を 見(み)ゆ
白河夜船(しらかわよふね)で おとずれる
『胎児の夢(たいじ の ゆめ)』は 無間地獄(むげんじごく)
『破れぬ夢の中で(やぶれぬ ゆめの なかで)』叫(さけ)ぶのみ
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
『胎児の夢(たいじ の ゆめ)』を 呼(よ)び 覚(さ)ます
唐国(からくに)わたりの 絵巻(えまき)なるもの 
京(きょう)の 六波羅(ろくはら) 西福寺(さいふくじ)に ありし
壇林皇后九想図(だんりんこうごう きゅうそうず)に 相似(あいに)たり
六道の辻(ろくどうの つじ)で 迷子(まいご)になれば
地獄絵(じごくえ) 案内(あない)を かってでる
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
鎖国時代(さこくじだい)の ことなれど
慶安4年(けいあんよねん) 家綱公(いえつな こう)の 御代(みよ)にあり
由井(ゆい)の 謀反(むほん)に 加担(かたん)し 者(もの)の
姻戚縁者(いんせき えんじゃ)の 手配(てはい)のふれ では
胎児(たいじ)も お縄(なわ)を 頂戴(ちょうだい)す
『胎児の夢(たいじ の ゆめ)』よ いずこへか
無間地獄(むげんじごく)を 断(た)ち 切(き)らん
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
よっぴで 人間椅子(にんげんいす) 奏(かな)でる ギター小僧(こぞう)よ
『あやかしの鼓(つづみ)』は 弾(ひ)くなかれ
ウチの 異次元住人(いじげんじゅうにん)たちが
狂人開放治療(きょうじん かいほう ちりょう)に 出(で)てきやる
庭(にわ)で 天井(てんじょう)で 竈(おくど)さんで
音立(おと た)て 光(ひか)り 飛(と)びまわり
時(とき)には なんぞ 壊(こわ)しやる
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……

るんるん〜 アー アアー アー アアー
コオロギは 三連符(さんれんぷ)の アルペジオ
スズムシは 早弾(はやび)き ギターソロ
カネタタキは シンバルで リズムとる
ウチの 庭(にわ)の オールナイト・ライヴ
知(し)る 由(よし)もなく
よっぴで 練習(れんしゅう)の ギター小僧(こぞう)
キミも 秋虫(あきむし)ライヴで 演奏中(えんそうちゅう) 
……スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ……
posted by よしえ虫 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年06月17日

日(ひ)は 西(にし)に 月(つき)は 東(ひがし)に

今年(ことし)は 西日本(にしにほん)の 入梅(にゅうばい)が 遅(おく)れている。
そして、今夏(こんか)の 気象(きしょう)も 危(あや)ぶまれる。
渇水(かっすい)か、大雨(おおあめ)か、冷害(れいがい)か…
心配(しんぱい)が 押し寄(おし よ)せてくる。

しかしながら、夏至近(げし ちか)い この時期(じき)は、19:00を 過(す)ぎても 空(そら)が 明(あか)るい。
長(なが)い 一日(いちにち)を、存分(ぞんぶん)に 活用(かつよう)できる。
だから、よしえ虫(むし)は ときどき 夕方(ゆうがた)から 山(やま)に 行(い)く。
授業(じゅぎょう)が 早(はや)く 終(お)わった 時(とき)などに、雨(あめ)の 心配(しんぱい)がなければ、いそいそと 山支度(やまじたく)をして 出(で)かけてゆく。
京都(きょうと)の いいところは、遠(とお)くまで 行(い)かずとも、国有林(こくゆうりん)を 擁(よう)する 山塊(さんかい)が あることだ。
しかも、歴史的遺構(れきしてき いこう)がある。
近(ちか)くの 山(やま)には、戦国時代(せんごくじだい)に 山城(やまじろ)が 築(きず)かれていた。
室町将軍(むろまちしょうぐん)が 逃げ込(にげ こ)んだ 本陣跡(ほんじんあと)もある。

DSC_0007.JPG
よしえ虫(むし)は 山(やま)に 入(はい)ると、軍師(ぐんし)に 変身(へんしん)する。
頭(あたま)は 戦国時代(せんごくじだい)に 飛(と)んでゆく。

【軍師(ぐんし)ごっこ】
城門遺構(じょうもんいこう)の 前(まえ)では、味方(みかた)に 撃(う)たれないように、合図(あいず)を 送(おく)らねばならない。
柏手(かしわで)を 打(う)つように、手(て)を たたく。
すると、門(もん)は 内側(うちがわ)から 開(あ)けられる。
DSC_0008.JPG
道(みち)の 両側(りょうがわ)に 一人(ひとり)ずつ 見張(みは)りの 足軽(あしがる)が 立(た)っている。≪と、想像(そうぞう)している≫
目見張(みは)り ご苦労(くろう)手(パー)
足軽(あしがる)は 槍(やり)を 捧(ささ)げて 敬礼(けいれい)した。
足軽(あしがる)「異常(いじょう)ござりません」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

城内(じょうない)に 進(すす)み 入(い)ると、向(む)こうから 鳥部守(とりべのかみ)が やってきた。≪と、カラスを 見(み)ながら 想像(そうぞう)している≫
目今日(きょう)は やけに にぎやかではないか。なんぞ あるのか?
鳥部守(とりべのかみ)「御館様(おやかたさま)が 連歌会(れんがのかい)を 催(もよお)されるとな」≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目なるほど、それで みな ノドの 鍛錬(たんれん)に 余念(よねん)が ないのだな演劇
鳥部守(とりべのかみ)「虫守殿(むしのかみどの)も 参(まい)られるので ござろうな」≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目いや、それがのう…
鳥部守(とりべのかみ)「なんぞ 御用(ごよう)でも?」≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目先約(せんやく)が あってのう…
鳥部守(とりべのかみ)「なんとなexclamation虫守殿(むしのかみどの)の ご自慢(じまん)が 聞(き)けぬとは 残念(ざんねん)な ことよバッド(下向き矢印)≪と、カラスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目すまぬな手(パー)

DSC_0009.JPG

尾根道(おねみち)には 数多(あまた)の 鳥(とり)が 啼き競(なき きそ)っている。
目なるほど、城中(しろじゅう)の 歌(うた)の 名手(めいしゅ)が いろめきたっておるのう演劇≪と、想像(そうぞう)している≫
特(とく)に ウグイスが 老長(ろうた)けていた。
DSC_0464.JPG

鶯守(うぐいすのかみ)「虫守殿(むしのかみどの)、いかがでござろう?」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目今宵(こよい)は 鶯守殿(うぐいすのかみどの)が 手柄一番(てがらいちばん)だな手(パー)
鶯守(うぐいすのかみ)「いやいや、虫守殿(むしのかみどの)には かないますまい」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目残念(ざんねん)だが、今宵(こよい)は ご披露仕(ひろう つかま)れぬのじゃバッド(下向き矢印)
鶯守(うぐいすのかみ)「なんとexclamationそれは、御館様(おやかたさま)も 残念(ざんねん)がるであろう」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目うむ、いたし方(かた)あるまい。御館様(おやかたさま)に 御目通(おめどお)りして 詫(わ)びるつもりじゃバッド(下向き矢印)
鶯守(うぐいすのかみ)「そうなされるがよい。後(のち)ほど 参上仕(さんじょう つかまつ)ると 御館様(おやかたさま)に 申し上(もうし あ)げてくれ」≪と、ウグイスが 言(い)っていると 想像(そうぞう)している≫
目あい、わかりもうした手(パー)

山科分岐(やましなぶんき)に さしかかった。
ここにも 見張(みは)りの 足軽(あしがる)が いる。≪と 想像(そうぞう)している≫
DSC_0010.JPG
目見張(みは)り 大儀(たいぎ)じゃ手(パー)
足軽(あしがる)は 槍(やり)を 捧(ささ)げて 敬礼(けいれい)した。
足軽(あしがる)「異常(いじょう)ござりません」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目今日(きょう)は 月夜(つきよ)ゆえ 夜襲(やしゅう)は なかろう満月
足軽(あしがる)「軍師殿(ぐんしどの)も 歌会(うたかい)へ 参(まい)られまするか?」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いや、今宵(こよい)は 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)が あるゆえ 館(やかた)に 戻(もど)らねばならん家
足軽(あしがる)「さようで ござりまするか」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目東人(あずまびと)には 東歌(あずまうた)が なつかしゅうてのう満月
足軽(あしがる)「わたくしも ふるさとが 恋(こい)しゅうなりました」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目では、見張(みは)り ぬかりなきようにな手(パー)
足軽(あしがる)「かしこまりました手(パー)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

DSC_0011.JPG
分岐(ぶんき)した 尾根(おね)を 先(さき)に 進(すす)むと、沢ノ川(さわのかわ)に 出(で)る。
ここは、水軍(すいぐん)の 兵站地(へいたんち)である。≪と 魚(さかな)を 見(み)ながら、想像(そうぞう)している≫
DSC_0012.JPG
目新兵(しんぺい)も 順調(じゅんちょう)に 仕上(しあ)がってきたようだな手(パー)
楢守(ならのかみ)「これは これは 軍師殿(ぐんしどの)手(パー)≪と ミズナラが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目楢守殿(ならのかみどの)も 歌会(うたかい)へ 参(まい)られるか?
楢守(ならのかみ)「いや、拙者(せっしゃ)は 不調法者(ぶちょうほうもの)ゆえ 失礼(しつれい)させてもらった」≪と ミズナラが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目はっはっはexclamationそれでは 今夜(こんや)の 城内見張(じょうない みは)りは 不調法者(ぶちょうほうもの)ばかりになるのうわーい(嬉しい顔)
楢守(ならのかみ)「いかにもexclamationはっはっはっはっわーい(嬉しい顔)≪と ミズナラが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

沢ノ川(さわのかわ)から 毘沙門谷(びしゃもんだに)に 入(はい)る。
ここには 仁明天皇 女御 藤原順子(にんみょうてんのう にょうご ふじわらののぶこ)の 眠(ねむ)る 後山階陵(のちの やましなの みささぎ)がある。
DSC_0013.JPG
目今日(きょう)は 尼君(あまぎみ)に 御目通(おめどお)りしてゆこうぴかぴか(新しい)
すると、上(うえ)から 突然(とつぜん) 黒い羽虫(くろい はむし)が 顔(かお)を めがけて 飛(と)んできた。
目曲者(くせもの)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)
刀(かたな)を 振り抜(ふり ぬ)いて 成敗(せいばい)した。≪と、想像(そうぞう)している≫
目尼君(あまぎみ)を 狙(ねら)うとは どこの手(て)の 者(もの)かexclamation&question
尼君(あまぎみ)「虫守殿(むしのかみどの) かたじけのうございます」≪と 尼君(あまぎみ)が 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目尼君(あまぎみ)も 歌会(うたかい)へ お出(で)ましになっては いかがかな?
尼君(あまぎみ)「いいえ、今日(きょう)は かようなことも ありましたゆえ 静(しず)かにしております」≪と 尼君(あまぎみ)が 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目それも そうですな。では、拙者(せっしゃ)は これにて手(パー)

ここからは 毘沙門谷(びしゃもんだに)を ゆるゆると 登(のぼ)ってゆく。
去年(きょねん)の 台風(たいふう)の 被害(ひがい)が どれほどだったのが、その 自然(しぜん)の 力(ちから)の 強大(きょうだい)さを 見(み)せつけられる ところである。
DSC_0467.JPG
なぎ倒(たお)された 杉(すぎ)が 折り重(おりかさ)なって 谷底(たにぞこ)へ 沈(しず)んでいくようである。
近頃(ちかごろ)は この 景色(けしき)が 毎回少(まいかい すこ)しずつ 変化(へんか)していくのを 楽(たの)しんでいる。
国有林管理官(こくゆうりんかんりかん)が 倒木(とうぼく)の 整理(せいり)を しているのである。
左右(さゆう)の 倒木(とうぼく)を 見(み)ながら 上(あ)がっていくと 南門(みなみもん)がある。
DSC_0014.JPG
ここにも 見張(みは)りの 足軽(あしがる)が いる。≪と 想像(そうぞう)している≫
目見張(みは)り 大儀(たいぎ)じゃ手(パー)
足軽(あしがる)は 槍(やり)を 捧(ささ)げて 敬礼(けいれい)した。
足軽(あしがる)「大杉守様(おおすぎのかみさま)が お待(ま)ちかねでございます」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目そうか、しかし 今日(きょう)は ゆるりと 話(はなし)は できんのだバッド(下向き矢印)ダッシュ(走り出すさま)
足軽(あしがる)「お急(いそ)ぎの ことが おありで?」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いや、今宵(こよい)は 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)が あるゆえ 館(やかた)に 戻(もど)らねばならんのだ家
DSC_0489.JPG
足軽(あしがる)「それは お楽(たの)しみで ございますね」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目まぁな手(パー)

足軽(あしがる)の 声(こえ)に 送(おく)られて、南門(みなみもん)を くぐった。
ここは 桝形(ますがた)が 設(もう)けられているので、すぐ向(む)こうに もう一(ひと)つ 門(もん)がある。
DSC_0015.JPG
ここを 抜(ぬ)けると 大杉丸(おおすぎまる)に 入(はい)る。
大杉丸(おおすぎまる)は この城(しろ)の 南(みなみ)の 守(まも)りの 最重要要塞(さいじゅうよう ようさい)である。
そのため、忍者(しのびのもの)も 多(おお)く 配置(はいち)してある。
各軍勢(かくぐんぜい)から 選(よ)りすぐった 精鋭(せいえい)で 守(まも)りを 固(かた)めた。
もちろん、軍師直属(ぐんし ちょくぞく)の 間諜(かんちょう)も 放(はな)ってある。≪と 想像(そうぞう)している≫

DSC_0016.JPG
大杉守(おおすぎのかみ)「よう こられた手(パー)≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目何(なに)か 拙者(せっしゃ)に 用(よう)が ござるのか?
大杉守(おおすぎのかみ)「尼君(あまぎみ)を 狙(ねら)った 曲者(くせもの)を 成敗(せいばい)されたと 聞(き)いておるが」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目さすが 大杉守殿(おおすぎのかみどの)の お手(て)の 者(もの)だsoon
大杉守(おおすぎのかみ)「曲者(くせもの)は どこの 手(て)の者(もの)か ご存知(ぞんじ)か?」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いや、物獲(もの と)りか 何(なに)かではないか?
大杉守(おおすぎのかみ)「それならいいが…」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目何(なに)か 気(き)がかりでも?
大杉守(おおすぎのかみ)「月(つき)の 終(お)わりあたりに 大阪(おおさか)で 何(なに)やら 集(あつ)まりがあるとか…」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目それか、拙者(せっしゃ)も 案(あん)じておったところだダッシュ(走り出すさま)
大杉守(おおすぎのかみ)「20の 大名(だいみょう)が 来(く)るというではないかexclamation×2≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いかにも、堺(さかい)の 連中(れんちゅう)も 動き出(うごき だ)しておるようだどんっ(衝撃)
大杉守(おおすぎのかみ)「曲者(くせもの)は その偵察(ていさつ)かもしれんな」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目ああ、おおいに ありうるなダッシュ(走り出すさま)
大杉守(おおすぎのかみ)「一服(いっぷく) いかがかないい気分(温泉)≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目かたじけないぴかぴか(新しい)
そう 言(い)って 腰(こし)を 下(お)ろすと、どこからか ヤマアカガエルが 飛び出(とび だ)してきた。
DSC_konohanojyo.JPG
目おお、木葉丞(このはのじょう)では ないかexclamation×2
木葉丞(このはのじょう)「お久(ひさ)しゅうございます」≪と ヤマアカガエルが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
大杉守(おおすぎのかみ)「知(し)らせてくれたのは こやつじゃ」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目なんと、そちであったのかハートたち(複数ハート)
木葉丞(このはのじょう)「はい、沢ノ川兵站地(さわのかわ へいたんち)は 城外(じょうがい)ゆえ、よからぬ輩(やから)も 入り込(はいり こ)んでいると 聞き及(きき およ)んで ございます」≪と ヤマアカガエルが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目そうか、大儀(たいぎ)であったかわいい
大杉守(おおすぎのかみ)「才(さい)あるのは 虫守殿(むしのかみどの)の お手(て)の者(もの)だな」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目いかにも、木葉丞(このはのじょう)は ようできる者(もの)ゆえ 大杉守殿(おおすぎのかみどの)に お預(あず)けしているのではないか手(パー)
大杉守(おおすぎのかみ)「そうであったなわーい(嬉しい顔)≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目さて、そろそろ 御館様(おやかたさま)の 首(くび)が 蛇(へび)に なっておろうたらーっ(汗)
大杉守(おおすぎのかみ)「それは 大事(だいじ)exclamation急(いそ)がれるがよい」≪と スギが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目すまぬ、では 木葉丞(このはのじょう) 後(あと)を 頼(たの)んだぞ手(パー)
木葉丞(このはのじょう)「しかと うけたまわりました」≪と ヤマアカガエルが 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

如意寺遺構(にょいでら いこう)を 登(のぼ)りつめていくいく。
ここは、沢沿(さわぞ)いに 踏跡(ふみあと)が ついていたのだが、やはり 台風(たいふう)の 被害(ひがい)で 倒木(とうぼく)が ふさいでしまっている。
したがって、如意寺遺構(にょいでら いこう)を 正面(しょうめん)から 登(のぼ)らねばならない。
往時(おうじ)は 参拝者(さんぱいしゃ)のために 石段(いしだん)が ついていたと 思われるが、現在(げんざい)は 崩れ去(くずれ さ)っているので かなり 登(のぼ)りにくい。
防災林道(ぼうさいりんどう)を 横切(よこぎ)って、さらに 高(たか)みへ 上(あ)がっていく。
すると、本陣(ほんじん)に 到着(とうちゃく)する。
DSC_0017.JPG
目見張(みは)り ご苦労(くろう)手(パー)
小姓(こしょう)「御館様(おやかたさま)が お待(ま)ちでござります」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目うむ手(パー)

本陣(ほんじん)に 進み出(すすみ で)て 帽子(ぼうし)をとり、ひざまずく。
目虫守(むしのかみ)ただいま これへ左斜め下
御館様(おやかたさま)「入(はい)れ」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
DSC_0018.JPG
御館様(おやかたさま)の 御前(おんまえ)に かしこまった。
御館様(おやかたさま)「今日(きょう)は そちの 歌(うた)が 聞(き)けぬというが、なぜじゃ?」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目申し訳(もうしわけ)ございませんバッド(下向き矢印)
御館様(おやかたさま)「鳥部(とりべ)が 言(い)うには 先約(せんやく)が あるとか」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目はい、今宵(こよい)は 五月(さつき)の 満月(まんげつ)ゆえ、萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)を 催(もよお)すことに なっておりまする満月
御館様(おやかたさま)「東人(あずまびと)の 宴(うたげ)かダッシュ(走り出すさま)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目来月初(らいげつ はじ)めには 東国(とうごく)より 稀人(まれびと)も 来訪(らいほう)することに なっておりまするぴかぴか(新しい)
御館様(おやかたさま)「それで 東歌(あずまうた)ばかりに 興(きょう)じておるのだな」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目東人(あずまびと)なれば、迎(むか)えずには おられませぬexclamation
御館様(おやかたさま)「まぁ、よい。次(つぎ)は よい声(こえ)を 聞(き)かせてくれ」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目はい、しかと 承(うけたまわ)りましてござる。では、お暇致(いとま いた)します手(パー)
御館様(おやかたさま)「うむ、大儀(たいぎ)であった」≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目今宵(こよい)は 鶯守(うぐいすのかみ)を お褒(ほ)めくだされ演劇
御館様(おやかたさま)「ほう、そうかexclamation&question≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

本陣(ほんじん)を 後(あと)にして 山頂(さんちょう)へと 向(む)かう。
途中(とちゅう)に 空堀(からぼり)のある土塀(どべい)が そびえている。
ここにも、見張(みは)りがいる。≪と 想像(そうぞう)している≫
足軽(あしがる)「軍師様(ぐんしさま) もう、お戻(もど)りになるのですかexclamation&question≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目今宵(こよい)は 館(やかた)で 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)を 催(もよお)すのだ満月
足軽(あしがる)「では 歌会(うたかい)を 失礼(しつれい)なさったのでexclamation&question≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目うむ、東人(あずまびと)には 雅(みやび)やかな 会(かい)は 窮屈(きゅうくつ)でならんダッシュ(走り出すさま)
足軽(あしがる)「なるほど、軍師様(ぐんしさま)らしゅうございますハートたち(複数ハート)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫
目じゃ、万事抜(ばんじ ぬ)かりなく手(パー)
足軽(あしがる)「かしこまりました手(グー)≪と 言(い)ったと、想像(そうぞう)している≫

IMG_6765.JPG
頂上(ちょうじょう)に 到着(とうちゃく)。
ここから 火床(ひどこ)まで あと10分(じゅっぷん)の 距離(きょり)である。

IMG_6763.JPG
休憩(きゅうけい)がてら 眼下(がんか)の 東山(ひがしやま)トンネルを 通過(つうか)する 新幹線(しんかんせん)を 見送(みおく)る。

IMG_6764.JPG
この 方角(ほうがく)から 満月(まんげつ)が 上(のぼ)ってくる。
しかし、これから 西斜面(にししゃめん)を 下(お)りていくので、山(やま)の 陰(かげ)になってしまう。
よしえ虫(むし)が 月(つき)を 見(み)られるのは、月の出(つき の で)の 1時間後(いち じかん ご)くらいだろうか。

この辺(あた)りから、人(ひと)が 増(ふ)える。
そのため、【軍師(ぐんし)ごっこ】は そろそろ 終(お)わる。
頭(あたま)では 戦国(せんごく)の 山城(やまじろ)を 見回(みまわ)る 軍師(ぐんし)に なっていても、傍目(はため)からみたら 独り言(ひとり ごと)を 言(い)っている 奇妙(きみょう)なヤツである。

18:50
すれ違(ちが)う人(ひと)と 『こんにちは〜』と 挨拶(あいさつ)を 交(か)わして、普通(ふつう)の 登山者(とざんしゃ)になる。

IMG_6766.JPG
火床(ひどこ)には 何組(なんくみ)かの 登山者(とざんしゃ)が いた。
三脚(さんきゃく)を 立(た)てて、夕景(ゆうけい)を 狙(ねら)っている 写真愛好家(しゃしんあいこうか)。
台湾(たいわん)からの 家族連(かぞくづ)れ。
学生(がくせい)らしき 集団(しゅうだん)。
カップル。
ビールを 飲(の)んでいる 欧米人(おうべいじん)グループ。
静(しず)かに 語り合(かたり あ)う 男性二人組(だんせいふたりぐみ)。

よしえ虫(むし)は 要(かなめ)にある 祠(ほこら)に 片膝(かたひざ)をつき 今日(きょう)の 山(やま)の 無事(ぶじ)と、楽(たの)しませてもらったことに 感謝(かんしゃ)する。
そして、愛宕山(あたごやま)を 振り返(ふり かえ)る。
IMG_6770.JPG
刻々(こくこく)と 太陽(たいよう)が 沈(しず)んでいく。
愛宕山(あたごやま)が シルエットになる。
IMG_6773.JPG
太陽(たいよう)が ダイヤモンドのような 光(ひかり)の 粒(つぶ)になる。
雲(くも)に 光(ひかり)が 反射(はんしゃ)する。
IMG_6783.JPG
空(そら)の 色(いろ)が 宇宙(うちゅう)の 色(いろ)になっていく。
地上(ちじょう)に 光(ひかり)の 海(うみ)が 広(ひろ)がっていく。
IMG_6784.JPG
雲(くも)が ばら色(いろ)に 染(そ)まる。
そろそろ 下界(げかい)に 戻(もど)ろう。

森(もり)の 中(なか)に はいると、足元(あしもと)が 見(み)えなくなった。
ヘッドライトを つけて、慎重(しんちょう)に 歩(ほ)を 運(はこ)ぶ。

19:40
山(やま)を 出(で)た。
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の 西斜面(にししゃめん)から 東(ひがし)の 空(そら)を 見上(みあ)げた。
IMG_6787.JPG
もうすぐ 月(つき)が 顔(かお)を 出(だ)しそうだった。
しかし、ここで 月待(つきま)ちを していたら 蚊(か)の 餌食(えじき)に なってしまう。
しかたなく、帰路(きろ)に ついた。
数分(すうふん)して 振(ふ)りあおぐと、月(つき)が 上(のぼ)ってきていた。
大通(おおどお)りでは 車(くるま)や 店(みせ)の 電灯(でんとう)が 明(あか)るすぎた。

金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の 参道(さんどう)に 入(はい)った。
IMG_6803.JPG
月(つき)と 木星(もくせい)の 天体(てんたい)ショー。

アメリカの 先住民(せんじゅうみん)の 間(あいだ)では、1年(いちねん)で 6回目(ろっかいめ)の 満月(まんげつ)を 『ストロベリー・ムーン』というそうだ。
ちょうど 野(の)イチゴなどの ベリー類(るい)の 収穫期(しゅうかくき)だからである。

さて、【軍師(ぐんし)ごっこ】で 登場(とうじょう)していた 萬燈籠(まんどろ)の宴(うたげ)とは…
東北地方(とうほくちほう)では 満月(まんげつ)を『まんどろ』と 呼(よ)ぶそうである。
人間椅子(にんげんいす)の 和嶋氏(わじま し)が 言(い)っていた。
DSC_0035.JPG

ここのところ、人間椅子(にんげんいす)ばかり 聞(き)いている。
それは、5月(ごがつ) 27日(にじゅうしちにち) 月曜日(げつようび)の 16:30 過(す)ぎに、運命(うんめい)の 再会(さいかい)を 果(は)たしてしまった からである。

よしえ虫(むし)の 家(いえ)では、ほぼ 1日中(いちにちじゅう) ラジオが 流(なが)れている。
いつものように α-stationが 台所(だいどころ)に 流(なが)れていた。
すると 突然(とつぜん)、重(おも)いビートの ベース・リフが 流(なが)れ、それに 重(かさ)なる 悲し気(かなし げ)な ギター・フレーズが 聞(き)こえてきた。
よしえ虫(むし)は「α-stationでは 珍(めずら)しいなぁ〜 これ 好(す)きな 音(おと)だなぁ〜」と、思(おも)って、手(て)を 止(と)めた。
ボーカルが 入(はい)ると、よしえ虫(むし)は「なんか 人間椅子(にんげんいす)っぽいなぁ〜 こんなバンドも 出(で)てきたんだ〜」と思(おも)って、聞(き)いていた。
サビに 突入(とつにゅう)し、「えっexclamation&questionこれ 人間椅子(にんげんいす)だよねexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question」と思(おも)い 始(はじ)めた。
そして、ギター・ソロが 始(はじ)まって、確信(かくしん)した。
目和嶋(わじま)さんだーーーハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
『瀆神(とくしん)』
曲(きょく)の 後(あと)、鈴木氏(すずきし)が デビュー30周年(さんじゅっしゅうねん)と ニュー・アルバム、ツアーの お話(はなし)を された。
なにもかもが、なつかしかった。
そして、もう 一曲(いっきょく)『無情(むじょう)のスキャット』が 流(なが)れた。
感動(かんどう)せずには いられなかった。

30年前(さんじゅうねんまえ)『イカすバンド天国(てんごく)』で、人間椅子(にんげんいす)を 見(み)て かなり ハマっていた。
小学6年生(しょうがくろくねんせい)のころから ハード・ロック/ヘヴィ・メタルが 好(す)きだったし、江戸川乱歩(えどがわらんぽ)も 好(す)きだった。
しかし、人生(じんせい)には 様々(さまざま)なことが 起(お)こるもので、しばらく 好(す)きな 音楽(おんがく)を 聞(き)くことから 遠(とお)ざかっていた。
それで、音楽(おんがく)は もっぱら ラジオで 流(なが)されているものばかり 聞(き)いていた。

この日(ひ)、その ラジオから よしえ虫(むし)の「中2病(ちゅうにびょう)」的(てき) サウンドが 流(なが)れ、しかも まさに 「中2病(ちゅうにびょう)」の 延長上(えんちょうじょう)に 存在(そんざい)した 人間椅子(にんげんいす)と 運命(うんめい)の 再会(さいかい)をしたのだ。

そして、不思議(ふしぎ)なことが 起(お)こった。
朝(あさ)4:30くらいから、どこからか 人間椅子(にんげんいす)が 聞(き)こえてくるのである。
よしえ虫(むし)は 冬(ふゆ)でも 窓(まど)を 開(あ)けて 寝(ね)ているので、外(そと)の 音(おと)は よく聞(き)こえる。
はじめは、よしえ虫(むし)が 人間椅子(にんげんいす)を 聞(き)きすぎて、夢(ゆめ)にも 流(なが)れているのか と思(おも)った。
ところが、ある朝(あさ) はっきりと『無情(むじょう)のスキャット』が 聞(き)こえたのである。
思(おも)わず 起(お)きて、サビを 唱和(しょうわ)してしまった。
ご近所(きんじょ)の 人間椅子(にんげんいす)好(ず)きの 方(かた)には、『京都(きょうと)ミューズ』で お会(あ)いするかもしれない。

山(やま)、自然(しぜん)、歴史(れきし)、天体(てんたい)、虫(むし)や 小動物(しょうどうぶつ)、空想(くうそう)、ハード・ロック/ヘヴィ・メタル… 中学2年生(ちゅうがく にねんせい)で 愛(あい)したことは 一生愛(いっしょう あい)し 続(つづ)けるように できているのかもしれない。
posted by よしえ虫 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2019年03月23日

啓蟄(けいちつ)

小(ちい)さな 春(はる)を みつけた。
DSC_0382.JPG
サザンカは はらはら おちて

DSC_0383.JPG
ツバキは ぷっくり ひらいて

DSC_0380.JPG
ビオラは ひらひら かぜに ゆれる

DSC_0397.JPG
コブシは そらに ミルクを こぼし

DSC_0406.JPG
スナゴケが にわを おおい

DSC_0405.JPG
ほうしたいが つんつん つきだし

DSC_0403.JPG
やわらかな わかくさが のびてくる

DSC_0409.JPG
かぜは つめたいけれど たいようは もう 春(はる)だ。
posted by よしえ虫 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary