2020年08月31日

猛暑(もうしょ) 熱中症(ねっちゅうしょう) 感染症(かんせんしょう)

さて、世界(せかい)で 新型(しんがた)コロナウィルスが 猛威(もうい)を 振(ふ)るいだしてから、そろそろ 半年(はんとし)が たちます。
毎日(まいにち) この報道(ほうどう)ばかり、口(くち)を つく話題(わだい)は こればかりダッシュ(走り出すさま)
いいかげん、飽(あ)きてきましたむかっ(怒り)
よしえ虫(むし)と 授業(じゅぎょう)をしている 皆(みな)さんも そろそろ ネタ切(ぎ)れでは ないでしょうか?
いえいえ、そろそろ ほかの話題(わだい)を 提供(ていきょう)してくださいパンチ
よろしく おねがいします。

梅雨明(つゆ あ)けしてから 急(きゅう)に 真夏(まなつ)が 来(き)ました晴れ
よしえ虫(むし)の 部屋(へや)には エアコンが ありません。
だから、今年(ことし)の 夏(なつ)は ちょっと 心配(しんぱい)していました。
40℃(よんじゅうど)ちかくまで 気温(きおん)が 上(あ)がるのは 毎年(まいとし)のこと。
さて、よしえ虫(むし)は そのような 夏(なつ)を 乗り切(のり き)れるのかexclamation&question

まずは 不便(ふべん)な 時代(じだい)に 戻(もど)ってみようと 思(おも)いました。
よしえ虫(むし)は 自称(じしょう) 元禄生(げんろく う)まれの 江戸人(えどじん)ですから、江戸時代(えどじだい)の 生活(せいかつ)を してみようと 思(おも)いました。
集中(しゅうちゅう)しなければならない 仕事(しごと)は 朝(あさ)のうちにして、午後(ごご)は 休(やす)みやすみできる 作業(さぎょう)などに あてました。
時間的制約(じかんてきせいやく)が ある人(ひと)を 除(のぞ)き、授業(じゅぎょう)は 昼過(ひるす)ぎまでに 集約(しゅうやく)しました。
うちの キッチンで 立(た)って 授業(じゅぎょう)を している間(あいだ)は、足(あし)の ストレッチを しながら 団扇(うちわ)で あおぐという 状態(じょうたい)です。
窓(まど)を 開(あ)けておくと 風(かぜ)が 抜(ぬ)けていき、汗(あせ)を かくことなく 快適(かいてき)に 過(す)ごせるのです。
ある日(ひ)のこと・・・
CK「よしえ虫(むし)さん 暑(あつ)くないexclamation&question
目うん、さっき 水(みず)シャワーを 浴(あ)びたから サラサラだよ〜るんるん
CK「よしえ虫(むし)さんは トカゲですねあせあせ(飛び散る汗)
と、汗(あせ)まみれの CKさんに 言(い)われました。

なぜ、汗(あせ)を かかないのか 考(かんが)えてみると、常(つね)に 団扇(うちわ)で 風(かぜ)を 送(おく)ることが できるからだと、思い当(おもい あ)たりました。
授業中(じゅぎょうちゅう)は 両手(りょうて)を ふさがないので、団扇(うちわ)が 使(つか)えます。
でも、パソコン入力(にゅうりょく)の 作業(さぎょう)を しているときは、両手(りょうて)が ふさがるので じわっと 汗(あせ)が にじんできます。
目なるほど〜モータースポーツ
ときどき 団扇(うちわ)で あおげば、問題(もんだい)ありません。

5日(いつか)は、とうとう 最高気温(さいこうきおん)が 38℃(さんじゅうはち ど)に なりました。
熱帯夜(ねったいや)も 予想(よそう)されたので、冷風扇(れいふうせん)を 出(だ)して 備(そな)えました。
こんなに 素早(すばや)く 準備(じゅんび)できたのも、おうち授業(じゅぎょう)の おかげです。
その夜(よる)からは、毎晩(まいばん) 冷風扇(れいふうせん)を 回(まわ)して 寝(ね)ています。
就寝中(しゅうしんちゅう)は、冷(つめ)たい 風(かぜ)が 止(と)まることなく 吹き抜(ふき ぬ)けます。
朝方(あさがた)の 冷気(れいき)が 室内(しつない)に 流れ込(ながれ こ)むと、冷風扇(れいふうせん)を 止(と)めます。
すると、近所(きんじょ)の 品川心中君仮名(しながわしんじゅうくん かめい)が、朝(あさ)の 定番(ていばん)にしている 『修羅囃子(しゅらばやし)』が 聞(き)こえてきます。

それから、せっせと 洗濯(せんたく)を しています。
それも、夕方(ゆうがた)に 庭(にわ)の 軒先(のきさき)に 干(ほ)すように しています。
洗濯物(せんたくもの)が 乾(かわ)くときの、気化熱(きかねつ)を 利用(りよう)した 冷気生成法(れいき せいせい ほう)です。
大判(おおばん)の タオルケットや シーツ、暖簾(のれん)や カーテンなどを 洗(あら)って 窓辺(まどべ)に つるしておくと 室内(しつない)が ひんやりします。

ちょっと前(まえ)から、様々(さまざま)な 写真(しゃしん)を 背景(はいけい)に していたのですが、手(て)に 持(も)っているものや、本(ほん)を 見(み)せたいときは、背景扱(はいけい あつか)いされるので、ちょっと不便(ふべん)でした。
例(たと)えば、
DSC_0005_2.jpg
こんな絵(え)を 背景(はいけい)にすると、江戸時代(えどじだい)の 町(まち)から 授業(じゅぎょう)しているように 感(かん)じられます。
そこで、ふと思(おも)って、いつも 立(た)っているところの 後(うし)ろに 暖簾(のれん)を かけてみました。
DSC_0030.JPG
このアパートに 来(き)てから、かけるところが なくなっていたのですが、オンライン授業(じゅぎょう)の 背景(はいけい)に してみました。
なかなか いい感(かん)じです。
そのうち、背景用暖簾(はいけいようのれん)を 自作(じさく)しようと 思(おも)っています。

そして、立秋(りっしゅう)を 迎(むか)えました。
庭(にわ)からは、一斉(いっせい)に カネタタキの 音(ね)が 聞(き)こえてきました。
虫(むし)は 確実(かくじつ)に 季節(きせつ)を 感じ取(かんじ と)っているのだと、改(あらた)めて 感心(かんしん)させられました。
日(ひ)を 追(お)うごとに 虫(むし)の 数(かず)は 増(ふ)え、コオロギも 加(くわ)わるようになりました。
毎晩(まいばん) 庭(にわ)で シンフォニーが 奏(かな)でられています。

さて、第二次青春時代(だいにじせいしゅんじだい) 真っ盛(まっさか)りの よしえ虫(むし)ですが、また 運命(うんめい)の 再会(さいかい)がありました。
8月16日(はちがつ じゅうろくにち) 17:00すぎ
渋谷陽一 氏(しぶやよういち し)の ラジオ番組(ばんぐみ)を 聞(き)いていました。
これも、いつもは あまり聞(き)いていなかった 番組(ばんぐみ)でした。
番組(ばんぐみ)が 始(はじ)まってすぐ・・・
渋谷氏(しぶや し)「では、ALCATRAZZの 新曲(しんきょく)を おとどけします」
目へっexclamation&questionALCATRAZZの 新曲(しんきょく)exclamation&question
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
るんるんるんるんるんるんるんるんるんるん
目やっぱり、かっこいいーーー揺れるハート
ALCATRAZZは、スティーヴ・ヴァイ氏(し)が 在籍(ざいせき)していたときに 夢中(むちゅう)になった バンドです。
番組(ばんぐみ)では 2曲(にきょく) かかって、どっちも 30数年前(さんじゅうすうねん まえ)と まったく 変(か)わらない ハードな サウンドでした。
目ヴァイ様(さま)の ギターじゃなくても、かっこいいじゃないかexclamation×2
そして、すぐさま YouTubeで 映像(えいぞう)を 見(み)てみました。
グラハム・ボネット氏(し)は よしえ虫好(むし ごの)みの おじいさんに なっていて、これまた いいじゃないですかハートたち(複数ハート)

さらに、今月(こんげつ)は もうひとつ リバイバルが ありました。
DSC_0029.JPG
1996年(せんきゅうひゃくきゅうじゅうろく ねん)に 発売(はつばい)された 人間椅子(にんげんいす)の アルバムが ボーナストラックを 収録(しゅうろく)して 再発売(さいはつばい)されました。
あのとき、よしえ虫(むし)は まだまだ 若(わか)かったので、この アルバムは ピンと きませんでした。
特(とく)に、『無限の住人(むげんの じゅうにん)』という マンガを 読(よ)んだこともないので、イメージが わかりませんでした。
今回(こんかい)、ちょっと 離(はな)れてから 聞(き)いてみると、歌詞(かし)はともかく やはり リフは かっこいいるんるん
もちろん 品川心中君仮名(しながわしんじゅうくん かめい)も 朝(あさ)から CDを かけています。
最近彼(さいきん かれ)は、『桜下音頭(おうかおんど)』を ヘビーローテーションしていて、よしえ虫(むし)は その イントロで 目覚(めざ)めることも しばしばです。
個人的(こじんてき)には、鈴木研一 氏(すずきけんいち し)の 虫(むし)への 愛(あい)が 溢(あふ)れている『晒し首(さらし くび)』が いいですね〜

よしえ虫(むし)も 虫好(むしず)きです。
基本的(きほんてき)に 虫(むし)は 殺(ころ)しません。
先日(せんじつ)、買(か)ってきた 小松菜(こまつな)に ナメクジが 2ひき くっついていました。
よしえ虫(むし)は、それを つまみ上(あ)げて、さて どうしたものか?と 思案(しあん)しました。
目アオムシなら 庭(にわ)に 出(だ)すのだが・・・
そこで 目(め)に とまったのが、麦茶(むぎちゃ)の パックでした。
使用後(しようご)の パックは、乾(かわ)かしてから 捨(す)てるので、台所(だいどころ)の 片隅(かたすみ)に おいてあります。
よしえ虫(むし)は、その上(うえ)に ナメクジを そっと のせました。
ナメクジは じっと そこに 佇(たたず)んでいました。
翌朝(よくあさ)・・・
麦茶(むぎちゃ)の パックを 見(み)ると、ナメクジは まだ そこにいました。
しかも、昨夜(さくや)の 3倍(さんばい)くらいに なっていて、色(いろ)も こんがり 麦茶色(むぎちゃいろ)に なっていました。
目おーexclamation×2熱中症予防(ねっちゅうしょうよぼう)したぞ パワーアップ ナメクジだexclamation×2exclamation×2

というわけで、よしえ虫(むし)の 熱中症対策(ねっちゅうしょう たいさく)は、麦茶(むぎちゃ)です。
毎晩(まいばん) 1リットル以上(いじょう) 飲(の)みます。
それから 梅干(うめぼ)し です。
冷奴(ひややっこ)に のせてみました。
DSC_0028.JPG

ちょっと さわやかに 呑(の)みたいときは、炭酸水割(たんさんすいわり)。
DSC_0031.JPG
最近(さいきん)は ビールを 飲(の)まなくなったので、夏(なつ)は ときどきこれ。

そして、たまには 御馳走(ごちそう)も。
DSC_0032.JPG
『ヒラメのえんがわ』で 晩酌(ばんしゃく)バー
posted by よしえ虫 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2020年07月31日

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)

目今年(ことし)の 梅雨(つゆ)は 例年(れいねん)にない 大雨(おおあめ)です。
それも、一気(いっき)に 絞り出(しぼり だ)すような 激(はげ)しい 雨(あめ)です。
ここのところ、ニュースでは『数十年(すうじゅうねん)に 一度(いちど)の 大雨(おおあめ)に 注意(ちゅうい)してください』と いうけれど、『数十年(すうじゅうねん)に 一度(いちど)』が 毎週(まいしゅう)あったら 『数十年(すうじゅうねん)に 一度(いちど)』じゃないよね〜と思(おも)って しまいます。
DSC_0031.JPG
大雨(おおあめ)の 後(あと)の 鴨川(かもがわ)は、流木(りゅうぼく)だらけ。
DSC_0032.JPG
水(みず)も なかなか ひきません。

DSC_0033.JPG

DSC_0034.JPG
カモたちも 避難(ひなん)しています。

去年(きょねん) 買(か)った 長靴(ながぐつ)は、かっこよかったけれど すぐに 穴(あな)が 開(あ)いて しまいました。
一昨年(おととし) 買(か)った 長靴(ながぐつ)も 気に入(きに い)って いたけれど、1年(いちねん)で 穴(あな)が 開(あ)きました。
だから、新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)を 買(か)いました。
目ちょっと 高(たか)くて かっこいい 長靴(ながぐつ)を 買(か)っても、すぐに 穴(あな)が 開(あ)くなら、こだわらなくても いいやバッド(下向き矢印)
DSC_0029.JPG
968円(きゅうひゃく ろくじゅう はち えん)でしたNEW
ところが この 長靴(ながぐつ)は、よしえ虫(むし)の 足(あし)に 合(あ)わせて 作(つく)ったように ぴったりなのですexclamation×2
目なーんだ、前(まえ)の 2足(に そく)の 代金(だいきん)で、8足(はっ そく)も 買(か)えたじゃんダッシュ(走り出すさま)
新(あたら)しい 長靴(ながぐつ)は、歩(ある)きやすいです。
これを はいて、さっさと 歩(ある)いて WWさん WQちゃんの 授業(じゅぎょう)に でかけています。
そして、穴(あな)が 開(あ)いた 長靴(ながぐつ)を 捨(す)てる ついでに、もう はかなくなった ブーツも 捨(す)てることに しました。
気に入(きに い)っていた けれど、かかとが 壊(こわ)れたり、カビが はえたりしていたので、思(おも)いきって 捨(す)てました。
全部(ぜんぶ)で 5足(ご そく)exclamation×2
35(さんじゅうご)リットルの ゴミ袋(ぶくろ)に 入(い)れて 持(も)ち 上(あ)げると…
目重(おも)っっっどんっ(衝撃)
腕(うで)に ずしっと 重量(じゅりょう)が かかりました。
ゴミ集積所(しゅうせきしょ)に 収集車(しゅうしゅうしゃ)が 来(き)ました。
収集人(しゅうしゅうにん)「これ、重(おも)っっっどんっ(衝撃)
目たらーっ(汗)そうだよ、重(おも)いよあせあせ(飛び散る汗)
授業準備(じゅぎょうじゅんび)を しながら つぶやいて しまいました。

重(おも)いといえば…
とうとう 新(あたら)しい 教科書(きょうかしょ)を 買(か)いました。
手(グー)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
目はーいるんるん
配達員(はいたついん)「こちらで よろしいですか?」
目はい、そうです手(パー)
配達員(はいたついん)「ありがとうございまーす」
と、わたされた 箱(はこ)が…
目重(おも)っっっどんっ(衝撃)
DSC_0030.JPG
この 図録(ずろく)が とーーーっても 重(おも)いのですexclamation×2
目うーん、これを カバンに 入(い)れて 持(も)ち 運(はこ)ぶのは 大変(たいへん)だダッシュ(走り出すさま)
オンライン・レッスンで よかったと 思(おも)いました。
もし kokokaで 授業(じゅぎょう)を するなら、また 荷物(にもつ)が 増(ふ)えていた ところです。

新(あたら)しい 教科書(きょうかしょ)を 買(か)ったので、本棚(ほんだな)の 整理(せいり)も しました。
以前(いぜん) 旅行(りょこう)したときに 買(か)った ガイドブックや 地図(ちず)を 処分(しょぶん)することに しました。
もう 情報(じょほう)も 古(ふる)くなっているので、使(つか)えないでしょう から。
すると…
DSC_0039.JPG
ガイドブックの 間(あいだ)から、SARSに 感染(かんせん)したときの 旅行計画(りょこうけいかく)が でてきましたexclamation×2
ウィルス原産地(げんさんち)を 一周(いっしゅう)したんですねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)

それから…
DSC_0038.JPG
チベット語(ご)の 教科書(きょうかしょ)も 出(で)てきたので、仏教研究(ぶっきょうけんきゅう)を している 法師(ほうし)に さしあげました。
法師(ほうし)「チベット語(ご)の 教科書(きょうかしょ) ありがとうございましたるんるん
目お役(やく)に 立(た)てて いただければ〜かわいい
法師(ほうし)「わたしは 古(ふる)い チベット語(ご)ばかり 読(よ)みますが、現代(げんだい)の チベット語(ご)は おもしろいですねるんるん
目それに、むずかしいよねたらーっ(汗)
法師(ほうし)「そうですね、名詞(めいし)が どんどん 大(おお)きな 字(じ)になって、元(もと)の 字(じ)が わからなくなりますたらーっ(汗)

本棚(ほんだな)の 整理(せいり)で、紙袋(かみぶくろ) 3つ分(みっつぶん)の ガイドブックと 地図(ちず)を 処分(しょぶん)しました。
目重(おも)っっっどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
本棚(ほんだな)は これからも 整理(せいり)していきます。
まずは、読(よ)まない本(ほん)を ヤフオクに 出品(しゅっぴん)手(グー)

暑(あつ)くなる 前(まえ)に、髪(かみ)も 切(き)りました。
今(いま)までは はさみで 切(き)っていましたが、今回(こんかい)は 便利(べんり)なものを みつけましたぴかぴか(新しい)
DSC_0059.JPG
すきカミソリexclamation×2
これを 使(つか)って 切(き)ってみた ところ、はさみを 使(つか)って 切(き)る 半分(はんぶん)の 時間(じかん)で おわりましたsoon
しかも、右(みぎ)と 左(ひだり)を そろえるのも 簡単(かんたん)だし、後(うし)ろも 楽(らく)に 切(き)れましたexclamation×2
ただ、あまりにも 楽(たの)しいので、切(き)りすぎには 注意(ちゅうい)が 必要(ひつよう)ですたらーっ(汗)

WW「先生(せんせい) ありがとうございましたかわいい
目なーに?
WW「給付金(きゅうふきん)が もらえました手(チョキ)
目おー、おめでとうぴかぴか(新しい)
WW「これ、どうぞプレゼント
目わっハートたち(複数ハート)ありがとうるんるん
DSC_0036.JPG
よしえ虫(むし)の 命の水(いのち の みず)です。

外出(がいしゅつ)を 控(ひか)えるようになって 3ヶ月(さんかげつ)が 経(た)ちました。
でも、よしえ虫(むし)は なーんにも 問題(もんだい)ありません。
授業(じゅぎょう)は 毎日(まいにち)あるし、皆(みな)さんから 添削依頼(てんさくいらい)も 送(おく)られてくるので、けっこう 忙(いそが)しく 過(す)ごしています。
一日(いちにち)が あっという間(ま)に 終(お)わってしまうと 感(かん)じています。
行く先(ゆく さき)にも 不安(ふあん)は ありません。
それは、最近(さいきん)の 夢見(ゆめみ)が いいからです。
夢(ゆめ)を 分析(ぶんせき)すると、こんな感(かん)じですバッド(下向き矢印)
次項有現在(げんざい)の 社会(しゃかい)から 乖離(かいり)しても 生(い)きていける
次項有今(いま)は 準備期間(じゅんびきかん)で 将来(しょうらい)は 明(あか)るい
次項有社会(しゃかい)と 離(はな)れて 一人(ひとり)になっても 大丈夫(だいじょうぶ)
次項有臨時収入(りんじしゅうにゅう)が ある
次項有誰(だれ)かを 支(ささ)えたり、助(たす)けたり、守(まも)ったりする
グッド(上向き矢印)ということは、このまま「おうち生活(せいかつ)」が 続(つづ)いても よしえ虫(むし)は 暮(く)らしていける ということでしょう手(チョキ)

そして、ときどき ちいさな ごちそうを 食(た)べます。
DSC_0009.JPG
冷(ひ)やし中華(ちゅうか) はじめましたレストラン
ハモ天(てん)を のせて、ちょっと 豪華(ごうか)な 朝(あさ)ごはんるんるん

土用の丑(どよう の うし)には
DSC_0056.JPG
うまき〜るんるん
よしえ虫(むし)は 蒲焼(かばやき)の たれの 味(あじ)が 好(す)きでは ありません。
だから、ウナギは ほとんど 食(た)べません。
たまたま スーパーに 行(い)った 日(ひ)が 土用(どよう)の 前日(ぜんじつ)でした。
これも 何(なに)かの 縁(えん)と 思(おも)い、ウナギを 買(か)うことに しました。
でも、蒲焼(かばやき)は いやだから うまき〜やや欠け月
posted by よしえ虫 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2020年03月19日

PANDEMIC CARRIERS

本来(ほんらい)なら 心浮(こころ う)かれる 季節(きせつ)なのに、世界中(せかいじゅう)が 閉塞難(へいそくかん)に 包(つつ)まれている。
先行不透明(さきゆき ふとうめい)で、将来(しょうらい)が まったく 予見(よけん)できない。

感染拡大(かんせんかくだい)
疑心暗鬼(ぎしんあんき)
買占狂乱(かいしめきょうらん)
外出自粛(がいしゅつじしゅく)
学校閉鎖(がっこうへいさ)
自宅待機(じたくたいき)
自己隔離(じこかくり)
時短営業(じたんえいぎょう)
臨時休館(りんじきゅうかん)
活動中止(かつどうちゅうし)
株価暴落(かぶかぼうらく)
経済危機(けいざきき)
大量失業(たいりょうしつぎょう)
破産倒産(はさんとうさん)

何(なに)が 起(お)きても、動(どう)じずに 生(い)きていけるように、腹積(はらづ)もりを している。

大相撲三月場所(おおずもう さんがつばしょ)は、無観客(むかんきゃく)で 開催(かいさい)された。
本当(ほんとう)に、ありがたいと思(おも)った。
「NHK高校講座(こうこうこうざ)」のような 静(しず)かな 土俵(どひょう)に 初(はじ)めは 戸惑(とまど)ったが、日(ひ)を 重(かさ)ねるにつれ 生々(なまなま)しい 取り組(とり く)みの 音声(おんせい)に、感動(かんどう)すら 覚(おぼ)えるようになった。
特(とく)に、四日目(よっか め)に 土俵下(どひょうした)に 落(お)ちて けがをした 高安関(たかやす ぜき)の 苦悶(くもん)の 呻き声(うめき ごえ)に、痛(いた)ましく 辛(つら)く 涙(なみだ)が こぼれた。
そして、今場所(こんばしょ)は いつも以上(いじょう)に 気持(きも)ちを 盛り上(もりあ)げて 応援(おうえん)している。
無駄(むだ)とも 思(おも)えるけれど、叫(さけ)んで、拍手(はくしゅ)している。
こんな とき だから こそ、明(あか)るく 楽(たの)しく 過(す)ごしたい ではないか。

ライヴの 中止(ちゅうし)や 延期(えんき)も、心(こころ)を 沈(しず)めさせる。
SXSW 2020(South by Southwest 2020)の 中止(ちゅうし)で、人間椅子(にんげんいす)の 渡米(とべい)も なくなった。
それに 続(つづ)く ツアーも 中止(ちゅうし)や 延期(えんき)になった。
今回(こんかい)は、ゆかりも 深(ふか)く、3月(さんがつ)で 閉店(へいてん)する 弘前(ひろさき)Mag-Netの 公演(こうえん)が あったが、中止(ちゅうし)に なってしまった。
どんどん 落ち込(おちこ)んでいく 気分(きぶん)を、鼓舞(こぶ)したい。

昨年末(さくねんまつ)の ツアーで 買(か)った、ロングTシャツを 着(き)てみた。
DSC_0012.JPG
うん、少(すこ)し 力(ちから)が 出(で)てきた。

今月6日(こんげつ むいか)に、やっと 届(とど)いた 復刻版(ふっこくばん)トートバッグを 持(も)って 授業(じゅぎょう)に きた。
DSC_0009.JPG
ガラスに 映(うつ)して、カッコイイ〜!と 言(い)った。

もちろん、復刻版(ふっこくばん)パーカーも 着(き)てきた。
DSC_0008.JPG
やーれ やーれ どー
DSC_0005.JPG
気分(きぶん)は、弘前(ひろさき)ねぷた

今日(きょう) よしえ虫(むし)は、歩く人間椅子人間(あるく にんげんいす にんげん)だ!
posted by よしえ虫 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2020年02月18日

世間視察(せけんしさつ)

『新型(しんがた)コロナウィルス』の 感染拡大(かんせんかくだい)の 影響(えいきょう)で、いろいろな ところが 休(やす)んだり、イベントが 中止(ちゅうし)になったり、世界(せかい)の 終(お)わりのような 状況(じょうきょう)である。
そんな中(なか)、よしえ虫(むし)は 世間(せけん)が どのようになっているのか 視察(しさつ)するために、おごと温泉(おんせん)へ 出(で)かけた。
よしえ虫(むし)は ほとんど 乗り物(のりもの)で 出(で)かけないので、電車(でんしゃ)や バスが どうなっているのか あまりわからない。
バースデー招待券(しょうたいけん)も あるし、会員証(かいいんしょう)の 更新(こうしん)もあるし、思い切(おもい き)って 行(い)ってみた。
DSC_0194.JPG

本来(ほんらい)は、GRさんと『Wバースデー・パーティー』の 予定(よてい)を していたのだが、GRさんは 両親(りょうしん)の 激(はげ)しい反対(はんたい)にあい、行(い)けなくなってしまった。

いつも通(どお)りに 9:50の 送迎(そうげい)バスに 乗(の)ると、客(きゃく)が 3人(さんにん)、あとは 出勤(しゅっきん)する スタッフばかりだった。
こんな ことは、今(いま)まで なかった。
だいたい 満席(まんせき)になって、2往復(におうふく)することだって あったのに…

10:00の 開館時(かいかんじ)には、いつも 外(そと)まで 行列(ぎょうれつ)が できるのに、今日(きょう)は エントランスから はみ出(で)ている人(ひと)は いなかった。
フロントにも 並(なら)ばないで 入館手続(にゅうかんてつづき)を 済(す)ませた。

浴場(よくじょう)も ガラガラで、時間(じかん)が たっても 人(ひと)が 増(ふ)える 気配(けはい)はなかった。
よしえ虫(むし)は 露天風呂(ろてんぶろ)を ほぼ 貸し切り状態(かしきり じょうたい)で 浸(つ)かっていた。
流(なが)れる雲(くも)を 見上(みあ)げて、雪(ゆき)が 舞い降(まい お)りてくるのを 心待(こころま)ちにしていた。
しかし、下界(げかい)に 達(たっ)する前(まえ)に 溶(と)けてしまい、なかなか 降(お)りてこない。
かろうじて 霙(みぞれ)が 落(お)ちてきた 程度(ていど)だった。

マッサージチェアに 乗(の)って、体(からだ)を ほぐしてから 一人(ひとり)カラオケへ。
めずらしく、隣(となり)の 部屋(へや)でも 歌(うた)っているようで、時折(ときおり) 音(おと)が 重(かさ)なってしまい、歌(うた)いにくかった。
しかし、2時間(にじかん) 叫(さけ)んだおかげで すっきりした。

16:00 晩酌(ばんしゃく)の ために いつもの 和食処(わしょくどころ)へ。
すると、スタッフの Nさんが 復帰(ふっき)していた!
目ひさしぶり〜るんるん
N「先生(せんせい) ひさしぶり〜exclamation×2骨折(こっせつ)して 2か月(にかげつ) 休(やす)んでたふらふら
目えぇーーーたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)どんっ(衝撃)
話(はなし)によると、ここで 仕事中(しごとちゅう)に 骨折(こっせつ)したが 気(き)づかずに そのまま 1か月(いっかげつ)ほど 働(はたら)き 続(つづ)けたという。
そのうち、咳(せき)が 出(で)はじめたので、風邪(かぜ)かと 思(おも)って 内科(ないか)を 受診(じゅしん)したそうである。
しかし、一向(いっこう)に 回復(かいふく)する 気配(けはい)もない上(うえ)に、胸(むね)が 痛(いた)みだしたので レントゲンを 撮(と)ったら 骨折(こっせつ)が 見(み)つかった とのことであった。
N「でもなぁ、労災(ろうさい)が おりたから たすかったよ〜手(パー)
目それは 不幸中の幸い(ふこうちゅう の さいわい)だけどダッシュ(走り出すさま)
N「もう、なんともない手(グー)exclamation×2
目よかったぁ〜ハートたち(複数ハート)でも 気(き)をつけてねグッド(上向き矢印)

DSC_0215.JPG
いつものように、たくさん食(た)べて たくさん飲(の)んで、本(ほん)を読(よ)んで、だらだら 過(す)ごした。
けれども、お客(きゃく)さんは パラパラとしか 来訪(らいほう)しなかった。
いつもの 活気(かっき)よexclamationどこへexclamation&question 
posted by よしえ虫 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2018年10月31日

楽(たの)しむ 間(ま)もなく…

DSC_0352.JPG

今年(ことし)は 金木犀(きんもくせい)が 見事(みごと)だった。
しかし、楽(たの)しむ 間(ま)もなく 散(ち)っていった。
甘(あま)い 香(かお)りは、いつのまにか 庭(にわ)から 消(き)えた。
しかし 今(いま)は、モミジの 色(いろ)づきが 気(き)になりだしている。

posted by よしえ虫 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2017年09月20日

アクシデント

また ペンが なくなった。
ここで 何本目(なんぼんめ)に なるだろうか。
こんどは 0.3oの シャープペンシルだった。
さいきん よく 使(つか)っていたのだ。
DSC_0031.JPG
この 写真(しゃしん)に 写(うつ)っているのが、遺影(いえい)に なってしまった。
どこで なくなったかは はっきりしている。
DSC_0175.JPG
この 椅子(いす)の 上(うえ)だ。

いつ なくなったかも はっきりしている。
9月15日(くがつ じゅうごにち)の 12:00〜15:00の 間(あいだ)だ。
その間(あいだ)に ここに 滞在(たいざい)した 者(もの)が 持ち去(もち さ)ったのだ。

日本(にほん)は、ささいな 窃盗(せっとう)が 多(おお)い。
それは、しかるべき ところに 訴え出(うったえ で)る より、あきらめてしまう 被害者(ひがいしゃ)が 多(おお)い からだ。
確(たし)かに、数百円(すうひゃくえん)の 価値(かち)しかない ものだが、所有者(しょゆうしゃ)にとっては かけがえのない ものの  場合(ばあい)も あるだろう。
そんなことは、持ち去(もち さ)った人間(にんげん)には あずかり知(し)らぬこと。
ただ、運(うん)のよい 拾い物(ひろい もの)でしかない。

拾(ひろ)った ものを 活用(かつよう)してくれる なら、まだ 救(すく)われる。
しかし、この シャープペンシルは あまり一般的(いっぱんてき)ではない 0.3o芯(しん)が 必要(ひつよう)だ。
手持(ても)ちの 芯(しん)が 使(つか)えないと 知(し)った 拾い主(ひろい ぬし)は、いったい どうするのだろうか?
わざわざ 0.3o芯(しん)を 購入(こうにゅう)する だろうか?
芯(しん)が なくなったとき、この シャープペンシルも 用無(ような)しに なってしまう かもしれない。
それなら、いっそ、替え芯(かえしん)も 一緒(いっしょ)に 持ち去(もち さ)られれば よかった。

よしえ虫(むし)の 手元(てもと)には、主人(しゅじん)を なくした 替え芯(かえしん)が 所在無(しょざい な)げに 残(のこ)っている。
posted by よしえ虫 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2017年07月28日

日常(にちじょう)

DSC_0001.JPG
これは、二条城(にじょうじょう)の 堀(ほり)です。
抹茶(まっちゃ)のような 鮮(あざや)やかな 緑色(みどりいろ)で おおわれています。
しかし、これは 水質(すいしつ)が 悪化(あっか)したときに 発生(はっせい)する アオコです。
今年(ことし)は 春(はる)から 雨(あめ)が 少(すく)なくて、7月(しちがつ)に はいって すぐに 気温(きおん)が 高(たか)く なりました。
だから アオコが 繁殖(はんしょく)しています。

DSC_0011.JPG
これは、琵琶湖(びわこ)です。
ここにも アオコが 繁殖(はんしょく)しています。

DSC_0007.JPG
ある日(ひ) 突然(とつぜん) キノコが 生(は)えていました。
虫(むし)が 近(ちか)づかないので、食(た)べられない のでしょう。

DSC_0004.JPG
アオスジタテハが 羽化(うか)しました。
飛(と)べるように なるまで、羽(はね)を 広(ひろ)げて 乾(かわ)かしています。

DSC_0017.JPG
カエルの 石(いし)です。
アオモミジの 葉陰(はかげ)で、背中(せなか)に 模様(もよう)が できました。

DSC_0021.JPG
暑中見舞(しょちゅうみまい)の ハガキです。
今年(ことし)は ヒマワリの 絵柄(えがら)が なかったので、自分(じぶん)で 描(か)きました。

DSC_0029.JPG
突然(とつぜん)の 雨(あめ)でした。
傘(かさ)を 持(も)っていたので、しばし 雨宿(あまやど)り しました。
今日(きょう)は もう 何(なに)も 予定(よてい)が ありませんから、雨(あめ)が 止(や)むまで 待(ま)ちました。
帰(かえ)ったら すぐに シャワーを 浴(あ)びますから、多少(たしょう)は 濡(ぬ)れても 平気(へいき)です。
それに、今夜(こんや)は 『シベ超』を 見(み)る映画 という お楽(たの)しみも あるしるんるん
posted by よしえ虫 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2016年12月06日

今年(ことし)

はらはら 雪(ゆき) 舞(ま)う
はらはら 灰(はい) 飛(と)ぶ
はらはら 水(みず) 過(す)ぐ
はらはら 花(はな) 散(ち)る
はらはら 風(かぜ) 吹(ふ)く
はらはら 雨(あめ) 降(ふ)る
はらはら 首(くび) 病(や)む
はらはら 蝉(せみ) 鳴(な)く
はらはら 物(もの) 憂(う)く
はらはら 友(とも) 逝(ゆ)く
はらはら 皮(かわ) 剥(は)ぐ
はらはら 粒(つぶ) 落(お)つ
IMG_6210.JPG

posted by よしえ虫 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2016年07月31日

ちかごろ 凝(こ)っている こと

よしえ虫(むし)は 最近(さいきん) 折り紙(おりがみ)に はまっている。
本来(ほんらい) 2次元(にじげん)から 3次元(さんじげん)の 作品(さくひん)を 作(つく)ることが 好(す)きだ からだ。

はじめは 本(ほん)の 通(とお)りに 作(つく)っていた。
本(ほん)の なかで、いちばん 気(き)にいったのが これ。
IMG_5787.JPG
本来(ほんらい)は 三首鶴(みつくびつる)だが、頭(あたま)を 折り込(おりこ)んで
キングギドラにした。
IMG_5791.JPG
GRさん 制作(せいさく)の 箱(はこ)に 入(い)れて、ヒナが 孵(かえ)った 様子(ようす)に してみた。
頭(あたま)が 3つ(みっつ)だから、親(おや)は 3倍(さんばい) 子育(こそだ)て せねば ならない。
なんか、うるさそうたらーっ(汗)
IMG_5794.JPG
包装紙(ほうそうし)で 折(お)ってみると、また ひと味違(あじ ちが)う。

これは、ティラノサウルス。
IMG_5833.JPG
長方形(ちょうほうけい)から 作(つく)る作品(さくひん)にも 挑戦(ちょうせん)してみた。

そして、
IMG_5834.JPG
ゴジラ 対(たい) キングギドラexclamation×2

でも、だんだん 創作意欲(そうさくいよく)が わいてきた。
本(ほん)で 練習(れんしゅう)した 折り方(おりかた)を 工夫(くふう)して、作(つく)りたい形(かたち)を 折り出(おりだ)す ことにした。
IMG_5859.JPG
練習作(れんしゅうさく) いろいろぴかぴか(新しい)
この なかでは、プレシオサウルスが いい出来栄(できば)えだ。
似(に)たような 完成形(かんせいけい)でも、工程(こうてい)が 違(ちが)う。

そして、
IMG_5861.JPG
コウモリを 工夫(くふう)して 作(つく)った。
でも、まだまだ…ダッシュ(走り出すさま)

IMG_5863.JPG
三体目(さんたいめ)で やっと 納得(なっとく)のいく 形状(けいじょう)が できた。
IMG_5867.JPG
次(つぎ)は、逆(さか)さまに なるように 工夫(くふう)したい。

これはナマケモノ
IMG_5870.JPG
ぶら下(さ)がるような 構造(こうぞう)にした。
しかし、表情(ひょうじょう)を もっと工夫(くふう)したい。

まだまだ 探求(たんきゅう)は 続(つづ)きそうである。


posted by よしえ虫 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter

2016年04月04日

あれ?!

昼食(ちゅうしょく)を とろうと、レストランに 入(はい)った。
和食(わしょく)の 店(みせ)で、すしや てんぷらなど があった。
よしえ虫(むし)は ご飯(はん)を あまり食(た)べない。
だから、御造(おつく)り盛合(もりあ)わせを たのむことにした。
でも、ちょっと 足(た)りない 気(き)がしたので、すしも すこしだけ たのもう と思(おも)った。
御造(おつく)り盛合(もりあ)わせにはない ネタを 選(えら)ぶ ことにした。

注文(ちゅうもん)を 決(き)めて、店員(てんいん)さんを 呼(よ)んだ。
すぐに、若(わか)い美人(びじん)が やってきた。

店員(てんいん)「おうかがいしますわーい(嬉しい顔)
目えーと、御造(おつく)り盛合(もりあ)わせと、すしで たまごと あなごと、うなぎ、お願(ねが)いします手(パー)
店員(てんいん)「かしこまりましたわーい(嬉しい顔)exclamation×2おすしの わさびは 大丈夫(だいじょうぶ)ですか?」
目あ、ええ…exclamation&question
店員(てんいん)「少々(しょうしょう) お待(ま)ちくださいハートたち(複数ハート)

よしえ虫(むし)は ちょっと 違和感(いわかん)を 感(かん)じつつ、期待(きたい)して すしを 待(ま)った。

店員(てんいん)「お待(ま)たせいたしましたわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)ごゆっくりどうぞいい気分(温泉)

試(ため)しに たまごを 食(た)べてみた。
何(なに)も 特別(とくべつ)な ことは なかった。
もちろん、あなごも うなぎも 他店(たてん)と 変(か)わりなかった。

IMG_5690.JPG
【ここで一句(いっく)】
玉穴子 鰻に山葵 ありません
ぎょく あなご  うなぎに わさび  ありません
    御粗末(おそまつ)

posted by よしえ虫 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 牢騒(つぶやき)mutter