2017年03月20日

春(はる)の 食卓(しょくたく)

IMG_6301.JPG
よしえ虫(むし)は 菜の花(なのはな)と カツヲタタキが 好物(こうぶつ)である。
この 時期(じき)は 両方(りょうほう) 一緒(いっしょ)に 食(た)べられる。
だから、今晩(こんばん)は カツヲナノハナに した。

作り方(つくりかた)は かんたん。

1菜の花(なのはな)を ザルに 並(なら)べて、熱湯(ねっとう)を かける。
 ひらめき茹(ゆ)でたもの より 歯(は)ごたえと 香(かお)りが いい。

2水分(すいぶん)を 絞(しぼ)って、花(はな)と 茎(くき)に 切(き)り分(わ)ける。
 ひらめき花(はな)は 最後(さいご)の 飾(かざ)り付(つ)け用(よう)。

3茎(くき)を 皿(さら)に 並(なら)べて 敷詰(しき つ)める。
DSC_0054.JPG

45o厚程度(ご みり あつ ていど)に 切(き)った カツヲタタキを 並(なら)べて 載(の)せる。
DSC_0055.JPG

5花(はな)を 飾(かざ)る。
DSC_0056.JPG

6おろした ショウガを あしらう。
 ひらめきお好(この)みで ニンニクでも 可(か)。
DSC_0057.JPG

7最後(さいご)に ゆずポン酢(ず)を かけて、いただきますレストラン

少(すこ)し苦(にが)い 菜の花(なのはな)は、濃厚(のうこう)な カツヲタタキの 味(あじ)を やわらげる。
そして、カツヲタタキが 菜の花(なのはな)を 包み込(つつみこ)み、混然一体(こんぜんいったい)となる。
見た目(みため)も 味(あじ)わいも、春(はる)に ふさわしい 一品(いっぴん)である。 
posted by よしえ虫 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2017年02月20日

湯治(とうじ)

今月(こんげつ)は なんだか 忙(いそが)しいです。
それは、いろいろな 割引(わりびき)が あるからです。

今日(きょう)は 温泉(おんせん)の 割引(わりびき)を 使(つか)う ことに しました。
IMG_6276.JPG

最近(さいきん) 肩(かた)こり も ひどいし、ちょうど よかったです。
ペア優待(ゆうたい)だったので、やはり 肩(かた)こり持(も)ち の Seiranを 誘(さそ)っていきました。

朝10時(あさ 10 じ)、開館(かいかん)と 同時(どうじ)に 入(はい)りました。
まずは ゆっくり 温泉(おんせん)に 浸(つ)かりましょういい気分(温泉)
よしえ虫(むし)の お気入(きにい)りは 炭酸風呂(たんさんぶろ)ですハートたち(複数ハート)
ゆっくり 浸(つ)かっていると 体中(からだじゅう)に 泡(あわ)が つきます。
これが、とても 気持(きも)ちいいんでするんるん

11:30
ロビーで Seiranと 待合(まちあ)わせて、昼御飯(ひるごはん)に しました。
IMG_6277.JPG
何(なに)を 食(た)べようかレストラン

1日(いちにち) 10食(じゅっしょく) 限定(げんてい)
『炉端焼定食(ろばたやきていしょく)』
IMG_6278.JPG
今日(きょう)は 鯛の兜焼き(たいの かぶとやき)でしたハートたち(複数ハート)
かわいい お魚(さかな)さんと 記念撮影(きねんさつえい)して、いただきますレストラン
頭(あたま)は 大(おお)きな骨(ほね)が たくさんあります が、それを 丁寧(ていねに)に ほぐして 食(た)べて いきます。
いちばん おいしい のは、目玉(めだま)新月
とろりと 口の中(くちのなか)に 溶(と)けて いきます。

さて、おなかも 満足(まんぞく)しましたから、読書(どくしょ)タイム本
IMG_6279.JPG
最近(さいきん)は 忙(いそが)しくて、まとめて 本(ほん)を 読(よ)む 時間(じかん)も ありませんでした。
だから、本当(ほんとう)に 貴重(きちょう)な 時間(じかん)でした。

Seiran「あれexclamation&questionWi‐Fiが 入(はい)らないなーどんっ(衝撃)
目んー、どうしてかなぁ〜
Seiran「たぶん 機械(きかい)が ダウンしてるんだろどんっ(衝撃)
目あそこ、機械(きかい)が あるねー
そうして、我々(われわれ)は 機械(きかい)の 前(まえ)で 接続(せつぞく)を 試(こころ)みました。
Seiran「ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)アカン爆弾
目フロントで 聞(き)いてみようバッド(下向き矢印)
というわけで、1階(いっかい)の フロントで 聞(き)いて みました。

目すみません、Wi‐Fiが 使(つか)えないんです けど〜
猫「検索(けんさく)したら 出(で)てきますよ」
目いいえ、出(で)てきませんどんっ(衝撃)
猫そんなことは ないです。出(で)てきます」
目セキュリティの かかってるのは 出(で)ますよバッド(下向き矢印)
猫「いいえ、セキュリティの ないのも 出(で)ます」
目爆弾ほらexclamation×2ポケットベル出(で)てないでしょ爆弾爆弾爆弾
猫「それは、お客様(きゃくさま)の 携帯(けいたい)に 問題(もんだい)が あると 思(おも)います」
目もうひとつの 携帯(けいたい)も つながりませんよ爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾
猫「そんなことは ないと 思(おも)います。お客様(きゃくさま)の ほうでー(長音記号2)
目あそexclamation×2爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾

Seiran「どうだった?」
目携帯(けいたい)の せいに された爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾
というわけで、投書(とうしょ)しました。
IMG_6280.JPG
我々(われわれ)の ほかにも、Wi‐Fiが つながらないので 機械(きかい)の 前(まえ)で 試(ため)している 方(かた)も いました。
それにしても、なんの 根拠(こんきょ)もなく 来館者(らいかんしゃ)の せいにする のは、あまりにも ひどい 態度(たいど)だと 思(おも)いました。
丁寧(ていねい)な 言葉遣(ことば づか)い でも、態度(たいど)が ぞんざい であれば 接客係(せっきゃくがかり)として 失格(しっかく)ですねパンチ

16:00
それはともかく、もう一回(いっかい) 温泉(おんせん)に 浸(つ)かりましょういい気分(温泉)
昼頃(ひるごろ)から 降り出(ふり だ)した 雨(あめ)は、だいぶ 小雨(こさめ)に なってきて いました小雨
このぶんだと、帰(かえ)る ころ には 止(や)むでしょう曇り

17:30
ちょっと 早(はや)いですが、晩御飯(ばんごはん)に しましょうビールビール
目なに 食(た)べようかな〜
IMG_6281.JPG
Seiran「任(まか)せるグッド(上向き矢印)

目じゃ、いつものようにるんるん
『トマトと豆(まめ)のサラダ タマネギ抜(ぬ)き』
IMG_6282.JPG
Seiran「なるほど、これで 枝豆(えだまめ)を 頼(たの)まなくても いいのかひらめき
目ふっふっふっ手(チョキ)

あとは ゆっくり のんびり、晩酌(ばんしゃく)タイムバーバー
締(し)めに ざるそばを 食(た)べて 帰(かえ)りましょう電車
20:45の 送迎(そうげい)バスバスに 乗(の)って 帰(かえ)り、22:00には 布団(ふとん)に 入(はい)って しまいました眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)


posted by よしえ虫 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary

2017年01月01日

元旦(がんたん)

昨夜(さくや)は 力尽(ちから つ)きて 21:00を 待(ま)たずに 床(とこ)に ついてしまった。
初(はじ)めて、除夜の鐘(じょやの かね)が うるさいと 思(おも)った。
うとうと すると、ごぉ〜〜〜〜んと 鳴(な)る。
鳴(な)りやんだのは 12:10だった。

そして、今朝(けさ)は ゆっくりと 起(お)きて、雑煮(ぞうに)を 作(つく)った。
IMG_6226.JPG
椎茸(しいたけ)を 入れ忘(いれ わす)れた。
元旦(がんたん)のみの 特別(とくべつ)な 朝食(ちょうしょく)だ。

食事(しょくじ)が すむと、身支度(みじたく)をして 初詣(はつもうで)に 出発(しゅっぱつ)した。
毎年(まいとし)同(おな)じルートだ。
今日(きょう)は ほんとうに 暖(あたた)かい。
少(すこ)し 歩(ある)くと 汗(あせ)ばんで しまうほどだ。

東大路(ひがしおおじ)に でて、まずは 熊野神社(くまのじんじゃ)に 参拝(さんぱい)した。

南(みなみ)は 新熊野神社(いまくまのじんじゃ)まで。
IMG_6228.JPG
ここで、大樟(おおくすのき)に ごあいさつを。
これは、後白河法皇(ごしらかわほうおう)が 植(う)えたと 言(い)われている。
IMG_6229.JPG 

人(ひと)の 大群(たいぐん)が 吸い込(すい こ)まれていく 八坂神社(やさかじんじゃ)を 通(とお)り すぎた。
バスも バス停(てい)に 行列(ぎょうれつ)を 作(つく)っている ほど だった。
東大路(ひがしおおじ)から すいっと 横道(よこみち)にそれて、粟田神社(あわたじんじゃ)へ 向(む)かった。
6230^33.jpg
ここは 眺(なが)めが いい。
城丹尾根(じょうたんおね)には、積雪(せきせつ)も 確認(かくにん)できた。
それにしても 暑(あつ)いたらーっ(汗)
シャツ 1枚(まい)に なっても 大丈夫(だいじょうぶ)だった。
蹴上(けあげ)で 温度(おんど)を 見(み)ると 17度(ど)だった。
そりゃ、暑(あつ)いな晴れたらーっ(汗)
日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)まで 急(きゅう)な 上り坂(のぼり ざか)を 歩(ある)くと、シャツだけでも 汗(あせ)が 流(なが)れてくる ほど だった。
ここで、若水(わかみず)を いただいて、汗(あせ)が 引(ひ)くのを 待(ま)った。

次(つぎ)は 若王子神社(にゃくおうじじんじゃ)へ 向(む)かった。
ここも 熊野信仰(くまのしんこう)の 神社(じんじゃ)なので、これで 熊野三山(くまのさんざん)を 参詣(さんけい)したことに なる。
ここからは、愛宕山(あたごさん)が 見(み)える。
IMG_6235.JPG

となりの 大豊神社(おおとよじんじゃ)、ふもとの 岡崎神社(おかざきじんじゃ)にも 参拝(さんぱい)して、最後(さいご)に 吉田神社(よしだじんじゃ)へ 行(い)った。
IMG_6238.JPG
社殿(しゃでん)の 前(まえ)に 参拝者(さんぱいしゃ)の 長(なが)い 行列(ぎょうれつ)が できていた。
生来(しょうらい) 並(なら)ぶことが 嫌(きら)いなので、ここは 遠(とお)くから ごあいさつして、大元宮(だいげんぐう)を 参拝(さんぱい)した。
休憩所(きゅうけいじょ)で、昆布茶(こぶちゃ)を いただいて、帰宅(きたく)の 途(と)に ついた。

そして、今日(きょう)も 21:00を 待(ま)たずに 床(とこ)に つく つもりだ。 
posted by よしえ虫 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫虫的看法(日記)diary